人の話を聞かない人の特徴と対処法7つ

人の話を聞かない
性格の悩み

人の話を聞かない人があなたの周りにいませんか?

いくら説明しても説明した通りにできない。それどころか説明の内容を忘れている。やってはいけないことをやってしまうなどなど。

説明しても、話を聞かないので頭を悩ませてしまうものです。

ではそんな人の話を聞かない人に対してどのように接すればいいのでしょうか?

今回はそんな人の話を聞かない人の特徴と対処法を紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

1.人の話を聞かない人は落ち着きがない

人の話を聞かない人の特徴として落ち着きがないという特徴があります。

相手の話を聞きながらも別のことを考えソワソワしているので、相手の話を聞く余裕がないのです。

落ち着きがないということはせっかちともとれます。

対処法

そんなときの対処法として、相手をリラックスさせることをおすすめします。

作業の途中などに話しかけることはせずに一旦区切りがついたときに話かけましょう。

相手の話を聞くだけの時間を作ってあげることで人の話を聞かない人でもしっかりとあなたの話を聞いてくれることでしょう。

 

2.人の話を聞かない人は余裕がない

人の話を聞かない人は余裕がないという特徴があります。

余裕がないために話を聞く余裕がなく、人の話を聞かない人だと思われてしまいがちなのです。

対処法

対処法としては、相手の余裕を作ってあげることです。

相談に乗ってあげたり、なにか手伝ってあげるだけでも相手に余裕が出来るものです。

ですので話をする前に相手が困っていることがあるのなら手伝ってから話をしてみましょう。

 

余裕のある状態であればきっと話をしっかり聞いてくれることでしょう。

スポンサーリンク




3.人の話を聞かない人は忘れっぽい

人の話を聞かない人は忘れっぽいという特徴があります。

決して話を聞いていないわけではなく、話の内容を忘れてしまうため人の話を聞かない人だと思われてしまうのです。

本人もそのことい悩んでいる場合が非常に多いです。ですので人の話を聞かない人と決め付けるのではなく、フォローしてあげることが大事になってきます。

対処法

忘れっぽい人の対処法としては、話を簡潔にすませることをおすすめします。

話が長くなってしまうとどうしてもその中で忘れてしまう部分があるので伝えたいことだけを話し、そのつど相手の質問に答えてあげましょう。

そうすることで話を理解することが出来ますし、今後同じことを聞いてくることも無くなるのではないでしょうか?

4.人の話を聞かない人は人を見下しやすい

人の話を聞かない人は相手のことを見下すということが原因ということがあります。

簡単に言うと話をしてくる人のことを自分よりも下だと思っているということです

相手のことをそう思っている以上なにを言っても話を聞くことはないですし、言うことも聞きません。

対処法

人を見下すことが原因で話を聞かない人に対しては相手よりも確実に上に立てることを身に着けましょう。

そういった方の特徴として自分より上、あるいは同等と感じている人の話はしっかりと聞くものです。

ですので相手よりも上に立てることを身につけることによって話を聞いてくれる可能性が非常に高いです。

 

もしもそれが会社ないで起きていることだとしたら、上司に報告しましょう。そうすることによって人の話を聞かない人を変えることが出来ます。

 

5.人の話を聞かない人は納得していない

人の話を利かない人の特徴として、説明をしたり話した内容に対して納得がいっていないということが考えられます。

納得はいっていないものの意見は言えないので、その気持ちを話を聞かないという態度で表すのです。

対処法

対処法としては話している側が相手が納得するまで話をしてみるか、相手の気持ちを尊重するかのどちらかです。

もしかしたら、あなたの考えが間違っているのかもしれません。

納得するまで話をすれば話をきっと聞いてくれるでしょうし、間違いを認め謝罪をすれば今後しっかり話を聞いてくれることでしょう。

 

話を聞かない人がいるということが決してその人だけが悪いとは決まっていないので、あなた自身もなぜ話を聞かないのかを考える必要があるのです。

スポンサーリンク



6.人の話を聞かない人は根本的な部分が理解できてない

人の話をきかない人の特徴として話の根本的な部分が理解できていないということがあります。

そのためいくら説明しても理解が出来ず、周りから人の話を聞かない人だと思われてしまうのです。

対処法

対処法としては話をするときは内容を掘り下げて話すことをおすすめします。

そうすることによって話を理解することが出来ます。始めは手間に感じてしまうと思いますが、一度理解できたなのならこれまでのように話しても理解できるので話を聞かないということは無くなるでしょう

7.人の話を聞かない人は質問が出来ない

人の話を聞かない人は質問が出来ない人が多いです。

忘れてしまったことや確認しておきたいことなどを聞けないために、聞かないまま行動に移してしまいミスがおきてしまうのです。

そうなるとさっき話したのにあいつは人の話を聞かないやつだと思われてしまうのです。

対処法

そんな質問が出来ないことで人の話が聞けないと思われている人に対しての対処法は自分から理解できたかどうかの確認を頻繁に行うことです。

そのときに理解していなかった場合

「わからないことや確認したいことは言ったことでもいつでも質問してくれて構わない」

と伝えましょう。

 

そうすることによって質問をしやすい人間関係を築くことが出来るので、人の話を聞かないやつだと思うことは無くなるのではないでしょうか?

 

ただ注意して欲しいことがあって、以前話したことを質問したときに絶対に怒っているようなそぶりを見せてはいけません。

そんなそぶりを見せてしまうと相手が自己嫌悪に陥ってしまい、今後あなたに質問をすることは無くなってしまうかもしれません。

そうなると意味が無くなってしまうので絶対に起こるようなそぶりはやめてください

 

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ