説明が下手な事を解決する方法5つ

説明が下手
性格の悩み

説明が下手なことで悩むことはありませんか?

自分が伝えたいことが伝わらない。思っていることを言葉で伝えられないなど、説明が下手なことが原因で相手にも自分にもストレスを抱えてしまう原因にもなります。

それ以外にも仕事で支障をきたしてしまったり、人間関係でつまづいてしまったりと様々な問題を引き起こす原因となることでしょう。

 

今回はそんな説明が下手ということを解決させる方法を紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

1.説明が下手な人ほど言葉は短く簡潔に

説明が下手な人は長い説明をしてしまう人が多いのが特徴です。

理解して欲しいからこそ多くのことを伝えたいと思い長い説明をしていると思うのですが、それでは相手に伝わらないのです。

なぜ長い説明が伝わらないのか?

ではなぜ長い説明は相手に伝わりにくいのでしょうか?考えてみましょう。

その最大の理由は一番伝えたいことが薄くなってしまうからです。

どういうことかというと説明が下手な人は

 

ーでーだからーになる。だからーしてほしい

 

などと一番伝えたいであろうことに要因や何故しなくてはいけないのか?を付け足してしまいがちです。

付け足してしまうことで話が違う方向にそれてしまう可能性もありますし、説明も聞いてしまい、結局何を一番に伝えたかったのか相手はわからなくなてしまうのです。

ではどんな説明をすればいいのか?

そんな長い説明をしないようにするには伝えたいことだけを単語で伝えましょう。

ーして欲しい。

ーだ。

 

だけでいいのです。それだけで相手には伝わることでしょう。

そのときに相手がわからないことがあった時に質問をされることでしょう。

そのときに長い説明で使っていた要因や何故しなくてはいけないのか?などを使い質問に答えてあげればいいのです。

 

そうすることによって自分が一番伝えたいことをしっかりと相手に理解してもらった上でのあいての質問に答えることができるので受け答えがスムーズになることでしょう。

受け答えがスムーズになるということは説明が下手なことを改善することにつながります。

スポンサーリンク




 

2.説明が下手なら話しながら考えない

説明が下手な人は、説明しながら考えているのでどうしても会話の間に自分の感情や思っていることなどを付け足してしまいがちです。

 

伝えたいことに対して感情や自分の思っていることを付け足してしまうことによって話はややこしくなってしまい相手に伝わらないのです。

 

私は~した方がいいと思うし~と思っている。でも~なので~です。

 

こういった発言は結局この人は何を言いたんだ?と思われてしまいます。

そうならないためにも誰かに説明をするときは自分の感情や私情は一切含めないように意識しましょう。

3.説明が下手なら難しい表現は控える

説明が下手な人は難しい表現を使う人が多いです。

相手が理解できないような難しい表現を使ってしまうことによって肝心の伝えたいことが相手に伝わらずに難しい表現に意識が集中してしまうためあなたの説明を理解できなくなってしまうのです。

そうならないために説明が下手な人はなにに気をつければいいのでしょうか?紹介していきたいと思います

言葉を相手の世代に合わせる

同じ意味を持つ言葉であっても、その世代ごとによって呼び方が違ってくる言葉があります。

そんなときは相手の世代に合わせた言葉を選ぶようにしましょう。

そうすることによって説明が下手なことから抜け出すことが出来るでしょう。

専門用語を使わない

仕事でよく多いのが専門用語を使って説明してしまう人です。もしかしたらその専門用語を理解していない人もいるかもしれません。

相手に説明するということは相手に理解してもらうということです。

理解して欲しいときに専門用語を使ってしまうと相手は理解できずに終わってしまう可能性があります。んせんもん

専門用語は必ず代わりのわかりやすい言葉があるはずです。多少話が長くなったとしても専門用語を使うのは控えましょう。

スポンサーリンク




 

4.説明が下手なら頭の中でまとめる

説明が下手な人は頭の中で話すことをまとめる前にはなしてしまう特徴があります。まとめられていないので要点をしっかりとつかむことが出来ずに説明が下手になってしまうのです。

仕事や勉強にも順番がありますよね?その順番どおりにこなすからこそ覚えたり、応用などをすることが出来るのです。

 

それと同じで話し方にも順番というものがあるのです。その順番がまとめられていないとまず相手には伝わらないでしょう。

まずは自分が伝えたいことを一番先に言いましょう。

そのあとにその補足だったり、理由だったりなどを話すと相手は理解しやすいはずです。

ですのでまず頭の中で話をまとめるときは自分が本当に伝えたいことを一番先に言うように意識しましょう。

 

それだけでも説明が下手なことから抜け出すことができるでしょう。

 

5.説明が下手なら相手をしっかり理解すること

説明をすることで一番大事なことは相手にとって伝わりやすかどうかです。

ですので相手によって説明のしかたは当然変わってきます。

 

いろいろな性格の人がいる中で、人それぞれ理解しやすい説明の仕方は変わってくるのです。

 

例えば、少し物覚えの悪い人には要点をしっかり伝えて補足を少し入れてあげる。

すぐに理解してくれる人には一言で済ませる。

などを相手や状況によっ使い分ける必要があります。

 

それが出来るようになるためには相手のことをしっかりと理解していなければいけません。

そのために普段から相手を観察し、話しかけてみるなどのことが大事になってきます。

 

相手をしっかりと理解することができたならば説明が下手ということから抜け出すことが出来るのではないでしょうか?

スポンサーリンク



ページの先頭へ