努力できない

性格の悩み

努力できない人の特徴と抜け出し方7つ

投稿日:

努力できないことで悩んでしまう時はありませんか?

あのとき努力していればと後悔しても。時間は戻ってくることはありません。

そんな後悔してもしきれない思いをしないように今回は努力できない人の特徴と抜け出す方法を紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

1.努力のできない人は努力しても報われないと思っている

努力のできない人ほど努力することを意味のないことと思いがちです。

確かに努力しただけでは必ずしも報われるということはないでしょう。

 

ですがそれは間違った方法で努力したときであって正しい努力は必ず報われます。

努力できないと思ったときは、自分の今行っていることは正しいのか間違っているのかを考えてみましょう。

 

間違ったことをいつまでも続けていてもますます悪い方向に行ってしまいます。努力できないと思っているのなら同努力することが正しいのか?を考えることによってかならず努力は報われることでしょう。

 

2.努力ができない人は何をするにしてもやる気がない

努力ができない人はどんなことにもやる気がない、乗り気ではないので、どうしても努力するということが億劫に感じてしまうのです。

 

そんなときは自分の好きなことを見つけてみましょう。自分の好きなことならば努力しているという意識を持たなくても自然と努力することができます。

 

自分の好きなことを見つけるにはどんなことにも挑戦してみることが一番の近道です。挑戦することが億劫だとは思いますが、挑戦しない限りは前進はありません。一度重い腰をあげてなんでもいいので挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




 

3.努力ができない人は危機感を持っていない

努力ができない人は危機感を持っていない人とも言えます。

今の世の中は仕事で考えると、定年も長くなってきていますし、昇給もかならず約束されているとは限りません。非正規社員も増えてきていますし、将来に対する危機感は昔よりもグッと高まっています。

年金も私たちが年をとった時にもらえるか?と考えると難しいですよね?

 

そんな将来訪れるだろうことに対して危機感を持っていないということは非常に危険なことです。

 

先のことだからと努力をしないでいると、あとから大きなしっぺ返しを受けることになってしまうかもしれません。

ぜひとも、先のことと思わずにこれから自分に起こりうる危機を想像してください。危機を身近に感じたのならいやでも今努力をしないとマズイと思うはずです。

 

努力の方向性は人それぞれ違いますが、上記で書いたように正しい知識で努力したことは裏切ることはないですし、報われる瞬間はかならず起こることでしょう。

 

後からではなく、「今」から努力してください。どんな努力をしようかと考えることも努力のうちに入ります。

4.努力ができない人は飽きっぽい

努力できない人は飽きっぽいという特徴があります。

飽きっぽいというのは性格なので変えるのは難しいです。

ですがその性格を変えない限りは努力とは無縁の人生を歩んでしまうことでしょう。

そうならないためにはつきやめたくなった時にここまでは頑張ると小さな目標でもいいので立ててみてください。

 

そんな小さな目標をいくつも作ることで目標を達成できた喜びから自然と長続きさせることができるのではないでしょうか?

5.努力ができない人は将来の自分が見えていない

自分の将来が見えていない人ほど努力ができないという特徴があります。

自分が将来こうなりたいと強く思うことがあれば自然とそうなるために努力をするはずです。

 

もし、自分の将来が見えていないのだとしたら、まずは自分は何をしたいのか?将来どう有りたいのか?をしっかり考え、自分と向き合う時間をとることをおすすめします。

 

考えても見えてこなかった場合は上記で書いたとおりにいろいろなことに挑戦することをおすすめします。

挑戦の過程で自分の将来をイメージすることができたのなら、それだけでも努力ができる道筋がdけいたといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク


6.努力ができない人は不必要なことに時間を割いている

努力ができない人は不必要なことに時間を割いている可能性があります。

  • 意味のない残業
  • 寝る前のスマホ
  • 何もするわけでもないのにパソコンを開く

などなど、不必要な時間を過ごしていませんか?

努力するための時間を暇つぶしの時間で潰してしまうことは非常にもったいないことです。

特に努力することが決まっていなかったとしても、これらの時間をなくすことでできることがあるはずです。

まずはそういった暇つぶしの時間をなくすようにしてみましょう。

そのなかで自分が必要だと思っている時間にいままで暇つぶしで使っていた時間を活用すれば、それは自然と努力という形に変わってくるのではないでしょうか?

 

7.努力ができない人は否定的な意見が多い

努力ができない人は否定的な発言が多い人が多いです。

  • どうせ
  • もう
  • でも

などの発言を自然と言っていませんか?

その発言によって自分ができることを狭めてしまっているのです。

そういった発言をしないでやってみればできたこと多々あるはずです。

後ろ向きな、否定的な発言はあまりしないように意識するだけでも自分が努力できるチャンスはやってきます。

自分で努力をすることができる機会をなくしてしまうことだけは絶対にしてはいけません。

徐々にでいいのですこしづつなくしていきましょう。

 

まとめ

今回、努力できない人の特徴と抜け出し方を紹介しました。

努力をしないことでのデメリットは非常に大きいです。今は努力しなくてもあまり変化は感じないと思いますが、かならず何年、何十年後に大きな変化として感じることとなるでしょう。

その時に後悔しても、その何年、何十年の努力を取り返そうとおもったときはそれ以上の月日がかかってしまうのです。

 

今回の記事をぜひとも参考にしていただき、努力できることやきっかけを掴めるように頑張ってください

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.