余計な一言をいう人の特徴と改善法5つ

お世辞
性格の悩み

余計な一言を言ってしまい、相手との関係が悪くなってしまったことはありませんか?

自分では意識していないのに余計なことを言ってしまうことに悩んでいる人は多いと思います。

ですので今回はそんな余計な一言を言ってしまうことに悩んでいる方のための改善方法を紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

1.話の終わりに余計なことを言う

余計な一言を言ってしまうタイミングは話の終わり際に多いかと思います。

いわなくてもいいことを最後に行ってしまうことで相手との関係が悪くなってしまった経験はありませんか?

そんなときは話が終わり際に差し掛かったら、あいてが伝えたいこと自分が伝えたいことだけに集中しましょう。

 

会話の終わり際にそのことを強く意識することによって余計な一言を言わなくてすむはずです。

スポンサーリンク



2.口が軽い

余計な一言を言ってしまいやすい人の特長として口が軽いことが挙げられます。

口が軽いためついつい秘密事を話してしまい、それが余計な一言になるのです。

 

改善方法としては秘密事というのはあなたを信頼して話してくれたことだと理解することです。

その秘密事を話してしまう行為は相手とあなたとの信頼関係を崩すことになりますし、メリットは1つもありません。

そのためには

  • ここだけの話なんだけど
  • これは言っちゃいけないことなんだけど

などの発言は絶対にしないように意識しましょう。

話した相手が口が堅い人ならば、自体はそこで収まりますが、そうでなかった場合はあなたを信頼して話をしてくれた人を傷つけることになります。

 

口が軽いことを続けていると、いつしかあなたの周りに誰も寄り付かなくなってしまうことでしょう。

誰からも信頼されないので、友人関係も築くことは難しくなります。そうなってしまってからはもう遅いので上記で説明したことをしっかりと意識するようにしましょう。

3.憎まれ口が多い

余計な一言を言いやすい人の特長として憎まれ口をたたく人が多いということがあげられます。

自分が機嫌の悪いときや口論をしているときに話の終わりに憎まれ口をたたくことで状況がさらに悪化してしまうのです。

憎まれ口とは?

★負け惜しみであったり生意気であったりして、人の気分を害するような言葉のことです。

憎まれ口を言わないようにする方法

憎まれ口を言わないようにする方法としては、自分の中で区切りをつけることが非常に大事になってきます。

自分の中で納得できないことがあり、その気持ちを相手に理解して欲しいからこそ憎まれ口をたたいてしまうのです。

 

普通の人ならば気持ちを切り替える場面でも憎まれ口を叩く人は気持ちを切り替えることができないという人が多いのです。

なのでもし自分が納得のいかないようなことであっても事態が収まっているのであれば気持ちの区切りをつけましょう。

スポンサーリンク



4.同調しきれず自分を押し付ける

余計な一言を言う人の特長として同調しきれないということが挙げられます。

例えば

「みんなで決めたのならそれでいいんじゃないかな。おれはこっちのほうがいいと思うけど

赤にした部分が余計な一言になります。

周りに合わせず自分の意見を貫き通すことも生きていくうえでは必要になってきますが、周りにある程度合わせてあげることも同じく必要なことです。

このような発言を繰り返していたら必ず嫌われてしまいます。

時には周りと同調することも大事なのではないでしょうか?

同調することを意識すればきっと余計な一言は言わなくなることでしょう。

 

5.せっかち

余計な一言が多い人はせっかちな人が多い印象があります。

せっかちゆえに言っていい事とだめなことを判断する時間を省いて発言するので、その発言が余計な一言と取られてしまうのです。

一度焦ってしまうとその感情は怒りに変わり、憎まれ口なども叩く人が多いです。

そうならないためにはどんなときも一呼吸置いて行動に移すことが大事になってきます。

 

せっかちなことで物事をスピーディにこなすことが出来ますが、そのために誰かを嫌な気持ちにさせていたのでは意味がありません。

自分がせっかちなことで周りに与える被害をしっかりと考えることで自然と余計な一言を言うことが無くなるのではないでしょうか?

 

一言が多い人にはどういった対処をとればいいの?

もし一言多い人に出会い、その発言に嫌な思いや怒りの感情が芽生えたのなら、はっきりと指摘してあげましょう。

怒る口調で言ってしまうと相手は悪意がないので理解が出来ず

「何で怒られているんだ!」

とヒートアップしてしまう可能性があるので怒らずに冷静に説明してあげましょう。

「その発言は言う必要はなかったんじゃないかな?」

といってからその理由を説明してあげれば相手はハッ!と気づくことでしょう。

 

そのつどそのつど指摘していれば次第に余計な一言は無くなるはずです。

 




ページの先頭へ