怒られるのが怖いことから抜け出す方法3つ

怒られるのが怖い
性格の悩み

怒られるのが怖いと感じている人は多いと思います。

どうしても怒られることによって落ち込んでしまったり、ふさぎこんでしまう人は少なくありません。

ではどうすればそんな怒られるのが怖いという思考から抜け出すことが出来るのでしょうか?

今回はそんな怒られるのが怖いことから抜け出す対処法を紹介していきたいと思います。是非参考にしてみてください。

1.怒られることは成長できるきっかけになる

怒られるということにマイナスなイメージを抱きがちな方は多いと思います。

ですが考え方を変えてみると自分が成長できるきっかけになるのではないでしょうか?

 

怒られるということはあなたの間違いだったり、勘違いしたことを指摘しているということです。

真意に受け止めてその問題を解決することが出来たならば、それは成長に繋がるものではないでしょうか?

 

  • 落ちこむ
  • 悲しい
  • 辛い

といった感情はまずは置いておいて、指摘されたことを解決することを先に考えましょう。

怒られた内容を自分の頭の中で簡潔にまとめ、それを解決するためには今自分はどう行動していかなければいけないのか?を考えましょう。

スポンサーリンク



解決に導こうと努力する姿は評価にも繋がる

怒られたことを真意に受け止め、必死に解決しようと励む姿勢は必ず周りの評価に繋がります。

出来なかったり、間違えたことが出来るようになる以外にも周りの評価にも繋がる。そのことはあなたを成長させる大事なことなのではないでしょうか?

落ち込んでもいいことはない

仮に落ち込んだり、ふさぎこんでしまったとすると、自信をなくしてしまい、なにをするにも億劫になってしまいます。

怒られるのが怖いと思うことによって人の目が気になり行動が出来なくなることは非常にもったいないことです。

マイナスな感情はマイナスな出来事を引き寄せてしまうものです。

今まで落ち込んでいた心を問題解決の努力に変換すれば次第と怒られることが怖いと感じなくなるはずです。

2.時には聞き流すことも必須

どうしても世の中には怒りやすい人というのはいるものです。

そんな普段から怒りやすい人に対して恐怖を感じ、おびえた毎日を過ごしてしまうのは非常にもったいないことです。

 

そういった方は性格なので今後直ることは見込めないでしょう。大事なことは私たちがいかに聞き流すことが出来るのかです。

毎日怒っているような人に対して言葉をいちいち真意に受け取ってしまっていたら身がもちません。

周りの人たちはうまく聞き流しているからこそ平気なのです。

どうすれば聞き流せる?

怒りやすい人というのはちょっとのことでも怒ってくるでしょう。

そんなときに聞き流すコツとして相手が怒っている部分の会話だけを聞き、ただ相槌をつくということです。

怒られているときは頭の中では違うことを考えましょう。

  • うるさいなぁ
  • 今日のお昼なにたべようか
  • この人変な声してるなぁ
  • なんでこんなにおこってるんだろ

などなど。何でもかまいません。相手の話に集中してしまうと落ち込んでしまったり辛い思いをしてしまいます。

聞き流すことによって怒られることに対しての耐性がつきますので怒られるのが怖いとおい感情も薄れていくことでしょう。

スポンサーリンク



 

3.最低限の怒られないような行動は大事

怒られるのが怖いという気持ちはわかりますが、怒られることで気づくことも多いでしょう。

怒られるということはそのことに対して相手が我慢の限界と感じたために怒られてしまうのです。

 

思ったことをすぐに怒りの感情で攻め立ててくる人は相手にする必要はありませんが、上記のように我慢の限界の結果怒るという人の指摘はしっかりと受け止めましょう。

怒るのを我慢しているのかもしれないと思ったら怒られる前に工夫や対策を練ったりなどが出来るはずです。

 

仮にあなたが相手の我慢の限界に気づかずに明らかに間違ったことをしていて怒られたとします。

ですがそれはあなたのことを思って怒ったわけです。それを怖いと思うことは相手に対して失礼なのです。

 

そういった方は辛い思いや落ち込ませようとして怒っているわけではないのです。

怒る気持ちの根本として直して欲しい、わかって欲しいという感情があるのです。

 

ですので怒られるのが怖いという人ほど最低限の常識をしっかりもって行動することが大事になります。

 

非常識なことを指摘して落ち込まれてしまったら周りも扱いに困ってしまいます。そのことをしっかりと理解し、常識をもって行動することが出来れば起こられるのが怖いと思うことは改善されるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回紹介した3つのことをしっかりと理解し意識すれば起こられるのが怖いと思わなくなることでしょう。

怒られてしまう場面が一度もないという人はいないと思いますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク



ページの先頭へ