デリカシーがない人に共通する特徴と特徴別の対処法

デリカシーのない人
性格の悩み

あなたの周りにはデリカシーのない人はいませんか?

悪意のない暴言になやんでしまったり、いってはいけないようなことをはっきりいわれて戸惑ってしまったりとデリカシーのない人に悩まれている方は多いです。

ですが、デリカシーのない人はそのことに気づけないのです。悪意がない迷惑な行動ほど手に負えないものはありません。

今回はそんなデリカシーのない人の特徴とその対処法を特徴別に5つほど紹介していきたいと思います。是非参考にしてみてください。

デリカシーがない人の特徴と特徴別の対処法

1.言ってはいけないようなことを平気で言う

いくら思っていたとしても言ってはいけないようなことは多いですよね?

  • 最近太った?
  • そういえば○○さんに振られたんでしょ?
  • ここのごはんおいしくないね
  • 帰りたい…

などなど。デリカシーのない人はこういった発言を悪意もなしに発言しがちです。

いい意味で素直といえるのですが、その素直さも度が過ぎると相手を傷つけてしまう凶器になります。

 

相手を嫌な気持ちにさせようと狙っていっているわけではないのが対処の難しいところです。

対処法

そんなときは言われた本人ではなく話を聞いていた取り巻きがしっかりと1から説明してあげましょう。

普通そういうことをいうか?

といわれてもデリカシーがない人は理解できません。

自分の中での普通がデリカシーのない発言に繋がっているのですから。

そんなときはなぜ言ってはいけないのか?ということをしっかりと説明してあげましょう。

悪意はないのでその説明をしっかりと理解することが出来れば素直に謝ってくれますし、今後同じ事を繰り返すことはなくなるはずです。

スポンサーリンク



2.決め付けが多い

デリカシーがない人は決め付けた言い方をするという特徴があります。

自分の中のルールにのっとった発言をするので

~はこうであるべき

~はこうでなければならない

などといった発言をしがちなものです。

そう考えると自己中心的な考えを持っている人ともいえます。

対処法

自分の中で勝手に決め付けてしまうような言い方をするデリカシーがない人の対処法としては、

意見は聞きながらも、相手にはしないということが一番手っ取り早いです。

考えが固執してしまうことはデメリットが大きいことです。

あまり話を聞きすぎるとこっちが参ってしまいますしその考えに流されてしまったら確実に後悔することでしょう。

一応話は聞いてあげて、その考えは取り入れないことが大事になって来るでしょう。

 

デリカシーのない人にとってはその考えで今まで生きているので

それを直すことは自分で気づかない限りは難しいものです。

ですので無理になぜだめなのかを説明をする必要はないでしょう。

 

いろいろな考え方があるのだな。

と割り切り、私の考えは~で~のようなメリットがあるのでこちらでやらせてもらいます。

とはっきりと伝えることが大事です

3.ありがた迷惑がデリカシーのなさにつながっている

デリカシーがない人は同じことをするにもタイミングや相手の感情によってはありがた迷惑になりうるということを理解していない人が多いです。

デリカシーのない人にとっては良かれと思ってやったことだとしても、なんでこのタイミングで?と困ってしまったり、むかついてしまう方もいると思います。

ですがデリカシーがない人にとってはしてやったのにその態度はなんだ!

となってしまうのでデリカシーのない発言がポンポンポンポン出てきます。

対処法

そんなときはとりあえずお礼を言いましょう。ありがた迷惑だったとしてもプラスな事ではないだけでマイナスにはならないはずです。

素直にお礼をいえない気持ちはわかりますが、あなたのことを思ってやったことなのでお礼を言いましょう。

4.言葉のチョイスが最悪

デリカシーのない人は言葉のチョイスが最悪です。

同じ意味を持つ言葉でも言い方しだいでは失礼になります。

これだけある言葉の選択肢からなぜこの言葉を選んだ?

と疑問に思うような言葉のチョイスをデリカシーがない人は平然といってきます

例えば彼女とご飯を食べているときおいしいことを伝えようとして

この料理お母さんの料理と味が似てる!

などといった

  • すごくおいしいよ
  • 味付けが絶妙!
  • やっぱり君が作ったのは最高だね

などなど様々な選択肢のある言葉の中でも相手が引いてしまったり

嫌な気持ちになる言葉をチョイスしてしまうのです。

自分の中では料理を褒めたつもりでもこれでは相手は引いてしまいますよね?

それどころかいらいらさせてしまったり嫌悪感を抱かせてしまう可能性だってあります

 

デリカシーのない人は視野が狭い人ともいえます。

一般常識というものにも疎いため、自分の中の常識でしか物事を判断できない、発言が出来ない人が多いのです。

対処法

そんな人の対処法としてははっきりと注意しましょう。たとえ上司でも、目上の人だとしてもはっきりいいましょう。

ただそれはおかしい!

と頭ごなしに言うのではなく、~で~だと思うのでそれはやめたほうがいいのではないか?

という風にしっかりと理由も付け足していいましょう。

視野が狭い、一般的な常識を身につけられなかったのなら自分たちが教えてあげればいいのです。

そうしてあげることによって、デリカシーがない人のためにもなりますし

今後のデリカシーがない発言で傷つくはずだった人を救う事になるのですから。

スポンサーリンク



5.デリカシーがない人は異常に鈍感

デリカシーがない人はどうしても嫌われてしまう傾向があります。

ですがデリカシーがない故になぜ周りから避けられているのかもわからないのです

下手をしたら避けられていることにすら気づいてないのかもしれません。

このように異常に鈍感な人はデリカシーがない人になりやすい傾向があります

対処法

だからといって必要以上に避けたり、

相手にしないといったことはしてはいけません。

なぜかというとデリカシーがない人は自分が嫌われている理由がわからないので変な勘違いしてしまったり、

落ち込んでしまったりしてしまうからです。

 

悪意のない発言や行動ほどタチの悪いことはないですが

わかってもらえることが出来たならば必ず解決することなのです。

そのためには周りが時に厳しく

時にやさしく対処をしながら見守ってあげることが必要不可欠です。

 

デリカシーがないからといって毛嫌いし避けてしまったりなどをするとさらに暴走して周りの人を不快な気分にさせてしまうことも十分に考えられることです。

デリカシーのない人にはだめ!というだけではなくなぜだめなのかを周りがしっかりと説明してあげましょう

 

まとめ

今回はデリカシーがない人の特徴とその特徴別の対処法を紹介しました。

まとめるとデリカシーがない人は

  1. 言ってはいけないようなことを平気で言ってしまう
  2. 決めつけが多い
  3. ありがた迷惑が多い
  4. 言葉のチョイスが最悪
  5. 異常に鈍感

という5つの特徴があることがわかりましたね。

これらの特徴別の対処法も記載しましたのでこの特徴にあてはまる

自体に陥った時はこの記事を思い出し、上手に対処しましょう。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ