短気を直す4つの方法

短気
性格の悩み

短気な性格というものはどのような場面でも損をしてしまうものです。

人間関係がこじれたり、仕事に支障をきたしたりと短気なことが原因でトラブルを抱えてしまうこともしばしばです。

今回はそんな短気な性格を直す方法を照会していきたいと思います。是非参考にしてみてください。

1.短気は損気であることを常に意識する

短気は損気とよく言われていますが、まったく持ってその通りです。

短気であることにメリットはありません。煙草と同じく百害あって一利なしなのです。

 

仮に自分が今までついかっとなってしまった場面で怒らなければ自体は丸く収まったり、穏便に事を運ぶことが出来たのではないでしょうか?

短気を直すためには短気は損気であるということを常に意識していなければいけません。

 

あとから怒ったことで後悔したことはないでしょうか?

 

  • なぜ怒ってしまったんだろう
  • なぜあのタイミングで…
  • なぜすぐにカッとしてしまうのだろう

悩んでも時間は巻き戻せないので、今後後悔しないためにも短気は損気ということをしっかりと理解する必要があります。

 

ポイントとしてはついカッとなりそうなときに心の中で何度も短期は損気と繰り返してください。

そして同時に怒ってしまったことで発生したデメリットを思い出してください。

 

怒ることが我慢できたなら自分を褒めてあげてください。怒るのを我慢できたときはなにか自分にご褒美を与えるのも1つの手です。

スポンサーリンク



 

2.怒りはさらなる怒りにしか発展しない

怒ることによって自分でも理解していないうちにストレスの発散を行っている方もいます。

ですが良く考えて欲しいのが怒ったことによって気分はすっきりしたのか?ということです。

 

一度声を出して相手を怒ってしまうと、相手の様々な悪い部分が見えてきてさらに怒りが増すものです。

ということは声を出して怒ってしまうということは自分をますますヒートアップさせてしまうことになるのです。

 

怒るということと伝えるということは似ていますがまったく違うものです。

 

怒りながら伝えると相手は怒られているということに意識が集中してしまうので内容をしっかりと受け止めることが出来ません。

さらに怒ることで上記で説明したようにヒートアップしてしまうので相手はますます内容を理解することが出来ません。

 

そんなときは怒るではなく伝えましょう。たんたんとどうしてもらいたいのかをひとつのポイントに絞って伝えることをおすすめします。

そうすることによって相手に内容がしっかりと伝わります。

 

怒ることで相手に逆恨みされたり、ふてくされてしまったりとデメリットがとても多いのです。

言い方や態度を変えるだけで自分がカッとなってしまう場面が減ると考えると怒りたい気持ちをぐっと我慢できるのではないでしょうか?

 

3.自分が勝手に怒っているだけだと理解する

自分が勝手に怒っているだけだと理解するということが短気を直す方法として非常に大事になってきます。

 

短気で怒りやすい人は周りが自分を怒らせていると勘違いしがちです

 

  • 相手のミス
  • ニュース
  • 出来事
  • うまくいかない

などなど。そういうことをするから私は怒るんだ!と思っているあなたは短気を直すためにしっかりと理解すべきでしょう。

 

それらは周りがあなたを怒らせているのではなくただあなたが勝手に怒っているだけなのです。

自分が怒っている原因を相手のせいにしてはいけません。

相手のせいだからと思うからこそすぐにカッとなってしまうことはありませんか?

 

自分が勝手にカッとなっているだけだと理解できれば、相手に対して怒ることは出来なくなります。

怒らなくなることで怒りの感情というのは次第に薄くなっていくのではないでしょうか?

 

短気を直すためにはまずは声を出して怒らず、心の中で収めておくことが一番の近道になります。

スポンサーリンク



 

4.どうでもいいという意識を持つ

どうでもいいという言葉はマイナスナイメージを持っている方が多いと思いますが、短気を直すためにどうでもいいと考えることはとても有利に働きます。

 

短気な方というのは完璧主義なかたやプライドが高い方が多いです。

 

関連記事→仕事での完璧主義は損?損をしないための4つの治し方

 

その性格がゆえに他人が自分と違うことに怒りを覚えるのです。

ですが良く考えてください、上記で短気であることにメリットはないと紹介しました。

 

怒ることによって何も解決もせずただ自分のプライドを守るような方と一緒にいたいと思いますか?

自分の感情をコントロールできないかたについていこうと思いますか?

 

だれもはいと言う方はいないはずです。

短気であるということは少なからず周りから嫌な人として見られてしまうものです。

そうならないためにもどうでもいいと考えることをおすすめします。

どうでもいいと思うことでどうでもいいことで怒ることが馬鹿臭くなります

 

そう思っていると、今までいかにどうでもいいことで怒っていたのかがわかるはずです。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ