会社の飲み会

仕事の疑問

会社の飲み会を楽しむ5つの方法

投稿日:

会社の飲み会といいますと若者を中心にあまりいいイメージを持っていない方も多いです。

ですがそのようなイメージを持ってしまってはせっかくの飲み会を楽しむことが出来ません。

ですので今回はそんな会社の飲み会の楽しむ方法を紹介していきたいと思います。

嫌だいやだと思わずに是非今回の記事を読んでいただき、参考にしていただければと思います。

1.まずは仲のいい人と内輪話でもいいので盛り上がる

会社の飲み会

社会人のマナーや飲み会のマナーなど若者が飲み会に行きたくなくなるような要因は様々ありますが、気にする必要はありません。

周りと楽しむことはあなたが楽しい思えてから気を遣えばいいのです。

 

そのためにはまずは仲のいい仕事仲間と内輪話でもいいので盛り上がりましょう。楽しい雰囲気というのは周りも自然とつられてくるものです。

会社の飲み会といえど、そこは会社ではありません。堅苦しい思いをして、会費を払って、いきたくない二次会にいったのではただの時間とお金の無駄遣いでしかありません。

 

せっかくの飲み会なのです、あなたが楽しいと思えなければ意味がありません。

内輪話をしていたとしても、必ず理解はしていないけれども笑ってうなずいてくれる人はいるはずです。

そういった人をどんどん巻き込んでいきましょう。

 

巻き込み方としては

 

「いやー○○さんきいてくださいよ!さっき話してたことなんですけどかくかくしかじかで…」

 

というのが一番無難でしょう。飲み会なのでゆるい敬語で大丈夫です。そこまでかしこまる必要はまったくありません。

スポンサーリンク



 

2.めんどくさい人に対してのスルースキルを磨く

会社の飲み会ならずとも、酒が入るとめんどくさくなる人というのは存在します、

それが理由で会社の飲み会に行きたくたいというかたも多いのではないでしょうか?

仮にその人をうまくスルーすることが出来たのなら会社の飲み会は楽しいものになるはずです。

そんなめんどくさい人に対してどのようにスルーをすればいいのかというと流れとしては

  1. 話し相手にはなるが、相槌のみに集中する
  2. 話の途中でもいいのでトイレに行く
  3. トイレから戻ったら違う席に着く

これが一番簡単に避けることが出来る方法だと思います。

そのほかにも

  1. にこにこ笑いながらも違う人と話す
  2. 料理を味わうことに集中する
  3. 誰かに目で合図をする
  4. お品書きを見て話を変える

などの方法もあります。

めんどくさいといっても種類は様々で同じ事を何度もいう人、愚痴をこぼす人、泣く人、などの方になら上記の方法は使えますが

説教をしてくる人には違う方法をとるほうがいいでしょう。このタイプの人に上記のようなことをしてしまうと怒りを買ってしまう可能性があるためです。

 

そんな人に対してのスルーの仕方としては話をそらすことだけに集中しましょう。どうせ酔っているので適当に褒めておけば上機嫌になります。話の途中でもいいので

「そういえば○○さん。あれやったってききましたよ。すごいですね。かっこいいです」

なんでもいいので適当に褒めちぎれば満足して怒りを忘れてニコニコになるものです。

ニコニコになったのを見計らってトイレに行きましょう。あとは戻るときに違う席につけば問題なしです。

 

3.飲めない人は食事に来たと思おう

飲み会を楽しむことはなにもお酒を飲むことやみんなでワイワイと盛り上がることだけではなく、食事にも楽しみがあります。

お酒を飲む人からしたら、料理はお酒を飲むためのものなのでそこまで量は必要としていません。

自然と料理は残る傾向にあります。

 

そこでお酒が飲めない人は食事を楽しみましょう。

会社の人とご飯を食べに来たという感覚で行くのとそうでないのでは楽しいという観点で見たときに大きく差が出ます。

飲めないからこそおいしい料理をたくさん食べることが出来ると思えばきっと楽しみが増えるはずですよ。

スポンサーリンク



4.会社の飲み会を楽しむためには断ることが一番大事

 

これは飲み会自体を断ることではありません。

付き合いでビール一本などはよくある話ですが、飲まないと決めた日、飲めない人は絶対に断りましょう。

 

どうしても飲み会だとお酒を勧めてくる人がいますが、ここははっきりと断るべきです。

楽しむことに必ずしも酒は必要ではないのです。

 

二次会の誘いも、参加できないのであればはっきりと伝えましょう。タイミングとしては飲み会に誘われた段階で伝えておくのが一番いいでしょう。

 

一軒目が終わったときに

「今日はいけません」

というよりも

誘われた段階で

「時間的に二次会は無理なんですけど飲み会は行きたいので参加します」

といったほうが相手に印象が良く思われます。

 

最初に断っておけば、もし二次会に行きたいと思ったときに二次会の予約さえしていなければ

「もう二次会行くしかないですね!!」

などといえば周りから

「おぉー!来てくれるのか!」

と喜ばれることもあります。

 

ですので二次会の参加不参加は誘われた時点で伝えておきましょう。

 

5.まじめな仕事の話は極力しない

 

せっかくの飲み会なのに会社のまじめな話をしてしまったのでは楽しむことが出来ません。

飲み会は飲み会なのであって、会社の延長ではないということを理解しましょう。

笑えるような話だったらいいのですが、生産性が…予算が…作業のやり方が…などと話していても楽しめない方は多いですし、そういった方は放っておきましょう。

プライベートで会えているんですから、会社にいるときではあまり話すことのない話題で盛り上がりましょう

芸能の話でもいいですし、スマホのアプリの話でもいいですし、趣味の話でもいいですし、なんでも構いません。

内容も深く考える必要はなく、楽しそうに話すことが大事です。

その楽しそうな雰囲気につられて気づくと大勢で笑い合えるような飲み会になっているはずですよ

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.