仕事がめんどくさいと思ったときの解決法4つ

仕事がめんどくさい
仕事上での心の悩み

仕事をしていてめんどくさいなと思うときは誰にでもあると思います。

仕事というのは面倒なことが多く、そんなことから抜け出したいと思っている方も少なからずいるのではないでしょうか?

今回はそんな仕事がめんどくさいと思っていることを解決する方法を4つほど紹介したいと思います。是非参考にしてみてください。

 

1.休憩をしっかりとる

仕事がめんどくさい

仕事がめんどくさいと思うということはその仕事に対してマンネリを感じていたり、モチベーションが下がってきていることが原因と考えられます。

それらが原因の場合は気持ちを切り替える必要があります。

そのためには気分転換をすることが大事になってきます。

 

具体的には、休憩をとることをおすすめします。

休憩をすぐにはとれないという仕事もあるとは思いますが、そんなときはその休憩時間になるまでは我慢しましょう。

おすすめの休憩の取り方としては外に出ることです。外に出て背伸びをするともやもやした気分は晴れるものです

ポイントとして仕事のことは一切考えないことです。

 

仕事が終わったときも仕事のことは一斉考えずに自分が楽しいと思えることだけをしましょう。

仕事のことを考えるのはめんどくさいと思わなくなったときに考えても遅くありません。

今は少しの間仕事のことは仕事の時間以外は忘れて気分をリフレッシュすることに集中しましょう。

 

関連記事→明日から実践できる仕事のモチベーションのあげ方3選

 

2.めんどくさいと思ったときこそ本気で取り組んでみる

仕事がめんどくさい

次に紹介するのはめんどくさいと思ったときこそ本気で仕事に取り組んでみることです。

やはり仕事はちゃんとするものといっても100パーセントの力で仕事に取り組む人というのはあまりいません。

集中するところとそうでないところでうまく力をセーブして一日を乗り切るという人は非常に多いのではないでしょうか?

 

今回私が紹介することはめんどくさいと思ったときに一日でいいので常に100パーセントの力で仕事に取り組むということです。

普段よりも集中できますし、同じ仕事をしていても、100%の力で取り組むのとそうでないのとでは見える景色も変わってきます。

本気で取り組むことで仕事がいつもと違うものに感じてくるのではないでしょうか?

 

めんどくさい、だるいとおもったときは刺激がたりなくマンネリ気味になっている可能性があります。

それを解決するために100%の力で仕事に取り組むことはいい意味での刺激になるのではないのでしょうか?

 

本気で取り組むことには仕事が終わったあとにいつもよりも疲れてしまうというデメリットがありますがそれ以上にメリットは大きいです。

 

  1. 集中しているので時間が早く過ぎる
  2. 集中しているのでミスが少なくなる
  3. 効率のいい作業を発見できる可能性がある
  4. 周りの評価があがる

 

などなど…どれも仕事をする上では重要な事柄なので、この方法はとてもメリットが大きいと言い切れるでしょう。

 
スポンサーリンク



3.優先順位をつけ確実に処理する

仕事量が多かったりなど、内容が漠然としすぎていることが原因でめんどくさいと思うこともあります。

 

そんなときは深呼吸をして、まずはこれから行う作業の優先順位を決めましょう。

優先順位を決めることで、自分がなにから仕事に着手していけばいいのかがはっきりします。

それらを1つ1つ確実にこなしていけば作業を始めるころにはめんどくさいという気持ちは緩和されているでしょう。

 

優先順位を決める方法として、一度自分の身の回りを片付けることも1つの手でしょう。

片付けることによって、気持ちの整理も出来ます。

気持ちの整理が出来ていないと物事の優先順位を決めるときにさらに悩むことになってしまいかねません。

遠回りだ!と思われる方もいるともいますが、実はこの方法が一番の近道という可能性もあります。

 

まずは落ち着いて、自分の気持ちを整理してから、ゆっくりと周りを見回しましょう。

確実に1つ1つ終わらせていけば必ずゴールはあります。

 

スポンサーリンク



4.めんどくさいと思ったときは作業のやり方を変えてみる

日々の仕事をこなしていると1つや2つはめんどくさい作業というものが少なからず存在します。

周りの人もそう思っている、誰もやりたがらないのであれば改善が必要です。

その場合はどのように作業すればめんどくさくなくなるかを話し合ってみてはいかがでしょうか?

 

もしも解決の糸口があるのであれば、それはその仕事をしている人にとっては吉報ですし、作業を効率化したとして周りからの評価も得ることができるでしょう。

もしも効率の良い作業をするにあたってお金が必要ならば上司に掛け合ってみるのも手です。

 

これで今までめんどくさいと思われていた内容の仕事が改善されるのではないでしょうか?

嫌なこと、めんどくさいことは避けるのではなく、無くすように工夫をすることが働く上でとても大事になってきます。

 

めんどくさいと思うだけで終わらせずに、どうしたらめんどくさくなくなるのだろうか?と考えましょう。

その考えは自分の悩みが解決するだけでなく社会人としていろいろな方面で役に立つことでしょう。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ