人間関係のストレス

仕事上での心の悩み

仕事の人間関係のストレスを軽減させる4つの思考

投稿日:

仕事をする上で一番ストレスが大きい部分というのは人間関係ではないでしょうか?

 

どんなに苦手な人とも連絡を取り合わなければいけませんし、今まで避けていたようなタイプの人間が職場にいたのならそれはとてもストレスに感じることでしょう。

 

ではそんな人間関係で悩まないようにするにはどう行動していけばいいのでしょうか?

 

今回はそんな人間関係でのストレスを軽減する4つの考え方を紹介したいと思います

 

自分は自分と考える

人間関係のストレス

職場には様々な人がいます。会社は1つの組織として働くのである程度合わせるといったことは大事ですが、周りに流されて自分を見失ってしまってはいけません。

 

仕事が出来る人、出来ない人、うるさい人、静かな人、それぞれまったく考え方や価値観は違うということを理解しましょう。

 

そこで自分は自分だと思うことがとても重要になってきます。

 

そう考えることによって相手の発言によって自分の気持ちがぶれてしまうことを避けることが出来ます。

 

いろいろな意見がある中ですべてに耳を傾けてしまうと自分という個性がどんどんと失われてしまいます。

 

自分で自分がわからないといった状態になってしまうととても強いストレスを感じる原因となってしまいますので、自分をしっかりもつことで人間関係によるストレスを軽減することができるでしょう

スポンサーリンク



 

NOと言える勇気を持つ

 

どうしても断れない人というのはいるものです。本当は行きたくないやりたくないのに付き合いだから人間関係を円滑にしたいなどと思い毎回断らないでいたのでは、ストレスがたまってしまう一方です。

 

そんなときは自分の中で○回に1回は断ると強く心に決めましょう。

 

断れない人はいい人に見える一方で、使いやすい人と軽く見られる可能性もあります。

 

そう思われてしまうと

 

「この人だから大丈夫だろう」

 

と思われ、理不尽な仕事を頼まれたり、飲み会は最後まで強制参加などなど…相手の要求がエスカレートしていく可能性もあります。

 

断れないままでいると、その期間が長ければ長いほど、自分を苦しめるものになっていきます

 

そうならないためにもしっかりと断ることも大事なんだと理解してください。

 

付き合いも人間関係も適度な断りは円滑にさせるための潤滑油になりえます。引き受けるだけが必ずしも正解とは限らないのです。

スポンサーリンク




自分が我慢できる範囲を考える

人間関係のストレス

仕事とはどんな辛いことも我慢しなければいけないというイメージを持っている方は多いと思いますが、そんなことはありません。特に人間関係で我慢をする場面は数多くあるかと思います。

 

あるていどなら我慢する、笑って済ませることは必要不可欠です。

 

ですが我慢というのはためることは出来ますが、それには必ず限界があります。

 

限界が来たときに吐き出してしまうと豹変したように怒りはじめたり、我を忘れてやってはいけないことをしてしまったりと、デメリットしかないのです。

 

逆に限界が来ても吐き出せない人はうつ病になってしまったりと、そちらにもデメリットしかありません。

 

なので自分が我慢できる範囲を決めましょう。

 

ここまで言われるのは我慢できるがこれ以上は我慢できないというのを決めて

 

その我慢の範囲を超えたときは怒るのではなくてはっきりと自分の「意見」を相手に伝えましょう

 

大事なポイントとしては「意見」を言う相手を選ばないということです。

 

同じことを言われても自分の下の人にしか意見を言わないのでは周りの評価も悪くなりますのでまた別の人間関係の悩みを抱えることに繋がってしまいます。

 

相手に深入りしない

人間関係のストレス

職場である程度仲が良い人が出来たとしても、深入りはしないほうが良いでしょう。会社で働く以上、相手との仲は自分のモチベーションに直結するといっても過言ではありません。

 

もし深入りして、仲が悪くなってしまった場合、一緒に仕事をするだけでストレスに感じてしまいます。仲が良いことは悪いことではないのですが、深入りするのは本当に心を許した親友だけにしましょう。

 

仲良くしながらも仕事中はある程度の壁を作って接することで仕事も円滑に進めることが出来ます。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?今回は仕事の人間関係のストレスを軽減する4つの考え方を紹介しました。

 

ストレスというのは適度なストレスならやる気やモチベーションに繋がりますが、ストレスが大きすぎるとデメリットしかありません。

 

考え方を少し変えれば人間関係でのストレスは軽減することが可能ですのでぜひ今回紹介したことを参考にしてみてください

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.