仕事のストレスで眠れない

仕事上での心の悩み

仕事のストレスで眠れないときの3つの対処方法

投稿日:

仕事のストレスを抱えたまま帰宅することは、社会人であれば必ず経験することです。それが原因で眠れないという方も多いことでしょう。

 

ストレスによる不眠が続くと、精神的にも体力的にも大きなダメージにつながります。そのような状態では仕事がうまくいかなくなりますし、最悪うつ病になってしまう可能性もあります。

そうならないためにも仕事のストレスで眠れないときの3つの対処方法を今回は紹介したいと思います。

 

寝る前にいろいろ考えないようにする

一番良い方法は、仕事のストレスは会社を出ると同時に忘れて気分を切り替えることです。

 

ストレスには二種類あり、仕事で失敗してしまったことによって起こられて受けたストレスは、結果がすでに出ているため、いくら考えたところで結果は変わりません。

 

この種類のストレスは、会社を出たら忘れる努力をしたほうがいいでしょう。ただ、まだ完了していな仕事に関する悩みや人間関係からくるストレスは、継続的なストレスのため切り替えがうまくできないものです。

 

後者のストレスが眠れない原因となることはあります。

 

ストレスで眠れない原因は、眠るよりも考えてしまうことに頭を使っているため、頭がどんどんさえてしまい眠れないのです。

 

眠れない状態は、翌日の仕事にも影響がでます。意図的に何も考えない努力をして眠る必要があります。

 

意図的に何も考えないことは簡単なようで難しいように感じるかもしれません。

 

眠るときに何も考えないコツは、布団の中で横たわりながら単純作業を行うことです。

 

「自分で自分の脚をトントンと一定のリズムで軽くたたく」または「片方の脚だけを曲げたり伸ばしたりする動作をゆっくりと繰り返す」などです。

 

単純な動作をするため、頭は完全に休むわけではないのですが体を動かさなければならないため余計なことを深く考えなくなります。

 

ストレスは寝不足によって増幅されることが多々あります。ストレスは考えたところで解決はしないのです。

スポンサーリンク





 

自分の気持ちを日記に書いてみる

仕事のストレスで眠れない

人間は、会社だけでなく学校でも嫌なことがあると誰かに愚痴をこぼしたくなります。

 

愚痴をこぼすことで何も解決はしないのですが、ひとしきり話を聞いてもらうと気分が落ち着くことはよくあります。

 

とくに女性は、自分が愚痴をこぼしながら、自分の中で解決の糸口をつかんでいるものです。

 

会社のストレスは、会社の事情をよく知る同期の同僚に話を聞いてもらうことが一番ストレスが発散できます。

 

ただ、会社員は毎日飲みに行って愚痴を聞いてもらうわけにはいきません。誰にも話を聞いてもらえずストレスを抱えたまま帰宅し布団に入っても、悶々とした気持ちがあふれ出るだけで、寝付けない夜もあるかもしれません。

 

もしくは、会社に愚痴を言えるような同僚がいない人も多いでしょう。

 

そんな人にオススメな対処法が日記です。

 

日記は誰に見せるわけでもありません。一日の出来事を書くのではなく、一日の自分の気持ちや愚痴をひたすた書くのです。

 

書く作業は話すことと同じくらいストレス発散になります。

 

また、書くことで自分の気持ちを整理することができるのです。ストレスで眠れないときは、意外と自分の気持ちの整理がつかずに、なんとなく悶々としている状態のときです。

 

日記に書くことで、自分の気持ちに整理がつき、ストレスを日記にはきだすことができるのです。

 

書いた日記は誰かに見せる必要はありません。書くことでストレスには十分効果を示してるはずなので、保管する必要もありません。

 

ストレスは、書くことでも話すことでもいいからはきだすことが大切なのです。日記を書いてから眠ることを習慣にすると、日記が入眠行動になり、さらにスムーズな眠りを導くことができます

スポンサーリンク





 

眠れない夜が続くときは思い切って受診する

仕事のストレスで眠れない

ストレスが原因で眠れないとき、考えないようにするだけで眠れたとしたら大きな心配はいりません。

 

気持ちの切り替えも上手にできている状態です。また、日記を書くことで気分が楽になり眠れるようであれば、それはそれで解決できたと考えていいでしょう。

 

ストレスを全く感じずに生きていかれる人はいないため、ストレスを上手にやり過ごすことができていれば、多少のストレスは問題ないのです。

 

ただ、ストレスが過剰であったりストレスをコントロールできない状態が続くと、眠れない状況が続くことになってしまいます。

 

眠れない状態は、体と心に大きな負担を与えます。不眠が続き、食欲もない状態が数週間続いた場合は自分だけで解決することは困難です。

 

そんなときは心療内科を受診してみてもいいのかもしれません。

 

心療内科を受診することに抵抗がある人もいますが、体と同じように心も風邪をひくことがあるのです。

 

風邪も初期ならすぐに治りますが、悪化すれば重症化して長引きます。心も同じことです。

 

早めの受診が早い回復に直結しています。ストレスの原因はさまざまですが、自分で解決できない問題が原因の場合はストレスによる不眠が長期化する傾向があります。

 

不眠状態のまま状況が好転することはあまりありません。

 

不眠は注意力を低下させ、思わぬ事故にあう可能性もあります。会社はなかなか休めず、仕事に影響も出てはいけないと思い、眠れない程度であれば我慢してしまうかもしれませんが、眠れない状態が二週間以上続いた場合は受診をおすすめします。

 

心療内科に抵抗がある人は、睡眠外来を受診してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.