仕事上での心の悩み

仕事中に気を使いすぎると悩む方に知ってもらいたい3つの解決策

投稿日:

仕事中にどうしても気を使いすぎてしまい普段しないミスをしてしまったり、怒られなくてもいい場面で怒られてしまったりと気を使いすぎて余計な惨事を招いてしまうことに悩んでいる方がいます。

 

今回はそんな気を使いすぎる悩みを解決に導く解決法を3つ紹介します

 

判断が要求される場面こそ楽に考えること

まず会社にいると必ず直面するのが、ここ一番という見せ場であったり判断力が要求される様な場面です。

 

こういう時にとっさの冷静な判断が出来る人間は出世していきますし、こういう時に力を発揮できない人はあまり期待されません。

 

理由としては、普段頼りになってもいざという時に頼りにならないということはイコール役に立たないと見られてしまうからです。

 

警察官のケースで例えると、普段威張っていても事件に出くわした時に逃げたり、警察官の判断のせいで自分に危害が加わったりすると信用しないと思うのです。

 

それは誰しもがそう思うことになるでしょう。

 

しかし、その反面自分が危機に直面した時にフォローしてくれたり、解決した場合にはその人をずっと慕っていくはずです。

 

要はそういう時に冷静に的確な判断が出来る人材こそが、上司にも頼られて部下にも慕われるという人間関係が出来上がるのです。

 

では、その場合、どうやって力を発揮すればよいのでしょうか?

 

それは考え方の問題で、全て自分で背負わなければならないと勝手に受け取っているからプレッシャーに感じてしまうのです。

 

冷酷なようですが、要は自分のことだと思わなければ良いのです。

 

というのも自分のミスによって困るのは上司であり、自分の責任を取るために上司は自分の上司なのです。

 

ミスをしたら全て当事者になすりつけようとする人を多く見かけますが、人の上に立って給料をいただいているというのは、ただ威張るためだけではなく責任を取るためにその地位にいるのですから何ら遠慮することはないのです。

スポンサーリンク



必要以上に上司に媚びない

仕事中気を使いすぎる

会社に在籍していると、必要以上に上司に媚びている人を見かけます。

 

もちろんこういう人達は出世も早いのかもしれません。

 

上司に媚びを売り続けた場合のメリットとしては、他の人に比べて上司が身近になることでしょう。

 

プライベートでも一緒に行動を共にするわけですから、何かしら有利なはからいをもたらすことも多いでしょう。

 

しかしデメリットも多く存在します。

 

まずは必要以上にストレスが溜まってしまうことです。

 

上司といえど他人であることに違いはないので、四六時中媚び続けていたら精神的な疲労は計り知れません。

 

もちろんそれが合っている人もいるかもしれませんが、知らないところでストレスは蓄積されています。

 

もう一つのデメリットが、もしも上司が交代した場合です。

 

この時に媚びを売られるのが嫌いなタイプだった場合には、もうその人はどうすることも出来ません。

 

特にスキルもない人がそういう方法で上り詰めようとした場合には、転落も激しいのです。

 

その反面媚びを売らずにひたすらスキルのみを磨き続けている人は、大きな躍進もない代わりにストレスも感じなくて良いのです。

 

それにポイントを押さえて付き合いをしていく程度にしておけば、過度にストレスが溜まることもなく上司からも注目してもらえるでしょう。

 

むしろそういった付き合いの時に、一気に熱い感情を上司にぶつけた方が一目置かれる存在になるのではないでしょうか。

 

職場で良い方向にはからってもらうためには付き合いも大事です。

 

しかしほどほどにしておかないと、身を滅ぼしますし周りからもよくは思われません

スポンサーリンク



 

一度の失敗をいつまでも気にしない

失敗を反省してか、ずっと気にしてしまって仕事が手につかない人も多く存在します。

 

はっきり言ってそちらの方が周りに迷惑をかけてしまっているのです。

 

失敗しただけでも周りが迷惑しているのに、落ち込んでいる時間まで迷惑をかけられてしまうと周りもうんざりです。

 

そうならないためにも、失敗は失敗と割り切ることが大切です。

 

もちろん割り切れないから落ち込んでいるのでしょうから、考え方を変えてみましょう。

 

失敗をしてしまったことは反省するべきでしょう。

 

当然繰り返すようではいけませんし、もしそれが2度目以降の失敗ならそこまで落ち込むのも致し方がありません。

 

しかし基本的には1度やってしまったことは、次回に繰り返さないようにしましょう。

 

ただその心構えだけで十分です。

 

それ以上は恐らく誰も望んでいませんし、反省しても結果は返ってきません。

 

それなら次に繋げた方が賢明ということなのです。

 

サッカーが好きな方なら、一度ゴールを許してしまったキーパーが自分のせいだと反省してゴール前に突っ立っていたら腹が立つと思います。

 

周りもその程度にしか思っていないのです。

 

失敗続きだったとしても、次からは失敗がないようにすれば良いだけなのです。

 

むしろ同じような失敗を、同僚や部下がしてしまわないかを考えてフォローしてあげた方がよっぽど失敗した甲斐があるし次へと活かせているのではないでしょうか?

 

とにかくいつまでもメソメソせずに気持ちをきっぱりと切り替えて、次のことに集中するようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回仕事中に気を使いすぎる方の解決法を3つ紹介しました。気を使うことが出来るということはもちろん社会人としては素晴しいことですが、そのことが原因で自分を追い込んでしまっては意味がありません。

 

是非今回の解決法を参考にしてみてください

 

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.