女性社員の扱い方

仕事の疑問

女性社員の能力を最大限活かせる扱い方とNGな扱い方

投稿日:

女性の社会進出によりどの分野、職種においても多くの女性が活躍しており女性ならではの柔軟は発想や視点などから多くの企業で勤務されていますが、男性と女性の違いは単に骨格的なものだけではなく仕事においての扱い方にも注意する必要があります。

ですので今回は女性社員の能力を最大限に生かせる扱い方とNGな扱い方を紹介します。

女性社員の能力を活かすためにやるべき扱い方とは?

女性社員の扱い方

一般的に男性は結果が全てだと途中のプロセスは垣間見ず結果論を重視する傾向がありますが、逆に女性は結果だけだけに捉われる事無く物事のプロセスを重視する傾向が高く根本的な違いがあるという事をまずは理解しておかなくてはいけません。

 

例えば自分が上司だった場合にとる女性の扱い方の言動一つで女性の作業効率を上げることにもなれば下げる事にもなるほど扱い方には創意、工夫が求められるのです。

 

ただ腫れ物に触るような感じで女性社員の機嫌だけを気にして行動する事とは違い配属グループの一員としてどうすればしっかりと歯車の一部になれるかを考えて接する事が求められるのです。

 

つまり女性社員の能力を開花させてやる事ができるかできないかは職場環境にありよきリーダーが1人いて団結力を持って仕事に打ち込むことが出来るかが重要なのです。

 

実績評価が上がれば褒め称え上層部に連絡する、またミスを犯したときは注意、指導の下全責任は上司の私にあるから気にするなと一声掛けてあげるくらいの心の広さが上に立つ者には求められます。

 
女性の扱い方一つで経営にまで影響が出るほどの重要な課題でどこの企業にも存在する避けては通れない課題と言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



女性社員の能力を損ねるNGとされる扱い方とは?

女性社員の扱い方

次に女性社員の扱い方でこのような言動はNGとされる例を幾つか見ていきましょう。

 

まず基本的な接し方として男性、女性とも嫌な言動は双方が疎遠し女性社員だけに嫌われる事ではなく同僚や部下も同じように嫌な気持ちにさせる事を理解しておく必要があります。

 

特に女性社員の扱い方で難しいのが言葉遣いで何気に放った一言が女性にとっては大きく心に響き作業効率を大きく損ねてしまう事にも繋がりかねませんので注意が必要です。

 

頭ごなしにおい、これやって、とにかく何時までに仕上げてなどを言われると女性としては当然いい思いをする事は無く仕事とはいえ罵倒するような言動はNGになります。

 

また毎日のように注意、叱責を浴びやりがいを感じる事ができない、この仕事は向いていないなどと悲観するようになれば欠勤も増え時には体調を崩し休職や退職に追い込まれる事態も予想されます。

 

女性の扱い方で大切な事はまず少しの変化も見逃さない気配りができる事と親身になって話や相談事などを聞いてあげる事が求められます。

 

男性も女性も受け入れる事ができるストレスの許容範囲は限られており連日のように頭ごなしにこき使われ泣く泣く仕事をしている環境では作業効率も上がらず結果経営自体にも影響を及ぼしかねません。

 

人間関係の構築、コミュニケーションの計り方などは容易にできる事ではありませんが男性と女性の違いにもあてはまることでありNGとされる言動は避け女性と接する事が望まれるのです。

スポンサーリンク




 

セクハラの問題や結婚、出産、育児と女性の権利について

女性社員の扱い方

多くの女性が社会に進出し幅広い分野で活躍している現代社会において企業内のセクハラやパワハラなど女性の被害者が多数を占めるハラスメントの問題についても考える必要があります。

 

男性が女性と接する時はどういった言動がハラスメント行為にあたるかを理解し性的な言動や権力を行使して女性に嫌がらせを加える事が合ってはいけません。

 

また女性の人権についても同じ事があてはまり結婚、出産、育児などから現場へ復帰したときに不遇な対応や配属転換を言い渡されたり女性差別にもつながるような言動は絶対にあってはいけません。

 

まさに女性社員の上手な扱い方、NGな扱い方に通ずるものがあり女性だからという理由だけで物事の取り決めを行う事は男女雇用機会均等法という法律に違反している事になります。

 

職種の中には大多数が女性の医療機関や介護施設、保育所など女性が女性を扱う機会が多い職場も多く、人間関係、女性特有の連帯感など時間外労働や夜勤などの過酷な雇用環境とは別に女性が多い職場だからこその扱い方にも相当な注意が必要で早期離職や人手不足の問題も顕著に現れている事実も避けては通れない課題の一つです。

 

多くの企業では女性ならではの視点から企画、立案、運営、管理と柔軟に対応できるニュアンスを重視しどの企業にもなくてはならないほど女性の活躍が期待されていますが、接し方や扱い方一つで好転、暗転のどちらにも転びますので男尊女卑の古い考えは捨て対等な立場に立って接する事が大事なのです。

 
スポンサーリンク




 

仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.