会社の飲み会でセクハラに遭った場合にとるべき対処法

職場のみ会でのセクハラ
働く女性の悩み

セクハラというものはなにも職場だけで起こることとは限りません。

 

今回は職場の飲み会というシチュエーションでセクハラをされたときの対処法を紹介したいと思います。

 

会社外の催し事でもセクハラとして立件できる事を理解しよう

職場の飲み会でのセクハラ

 

送別会や新入社員歓迎会など親睦を深める目的で多くの企業で様々な催しが開催されていますが、ハラスメントの問題は企業内において起こる事だけではなく飲み会やカラオケなどの場でも起こりうる事をまずは理解しておく事が大事です。

 

ハラスメントの定義として人に嫌がらせをする事とありますが中でも最も知名度が高く性的な言動を伴うハラスメントの事をセクシャルハラスメント、通称セクハラと呼びます。

 

特に飲み会の際はお酒が入る事で気分も高揚し普段言えない事やボディタッチを行うなどセクハラの事例が多く発生する場であります。

 

またセクハラ同様に無理にアルコールを勧めるアルハラやデュエット曲をいっしょに歌おうと強要するカラハラが多く発生する機会も多くあります。

 

セクハラを受けた女性側からすれば折角の飲み会なので嫌な顔すると場の空気も悪くなりますし退出やすぐ帰宅しても周りから白い目で見られ付き合い悪いなと陰で囁かれる不安もある事でしょう。

 

ただ飲み会の席とは言えセクハラとして当然立件できる要素ばかりで当日は言えなくても後日セクハラの被害を訴えたりする事も出来るのです。

 

お酒に酔っていたのでセクハラをした事実は無いと言い張る男性もいるかとは思いますが職場外とは言え立派なハラスメント行為に該当しますので然るべき措置を受ける必要があります。

 

ただ申告する事には相当な勇気と覚悟が必要となりますのでまずは仲のいい同僚や所属する役職のある方に相談してみる事をお勧めします。

スポンサーリンク



 

企業としてどのようなハラスメント対策をとりセクハラを受けた時にどう対処すべきか

職場の飲み会でのセクハラ

 

セクハラやパワハラなどハラスメントの問題は多くの企業で独自の対策を整備し心理カウンセラーを常駐させたり匿名の投書箱を設置、セクハラがあった場合には当事者2人から個別に相談を受けるなどの対策が取られています。

 

ただセクハラの問題は一向に0には成らず表に出ない水面下での被害は多く被害を申告したくても会社にいれなくなる不安や風あたりが強くなる事を気にしてなかなか言い出せないで一人で悩んでいる女性も大勢いらっしゃる事でしょう

 

やはり1人の力には限界がありできる事は限られてきますのでセクハラに関する様々なサポートを積極的に受け入れる事が大事で無料電話相談や市町村の支援センターなどに相談する事が求められます。

 

そして最終的にはセクハラ専門の弁護士の力を借りてセクハラ加害者とセクハラ対策が十分ではなかった企業を相手取り慰謝料や損害賠償請求で決着を付けることが望まれます。

 

飲み会などのたびにセクハラ被害を受けるような企業ではストレスや恐怖心などから精神にも異常を来す事が懸念され欝などの症状を発症する危険性も秘めているのです。

 

セミナーや講座など男性向けにこういった事例がセクハラ行為に該当するなどの勉強会や全社員を対象に匿名でのハラスメント意識についてアンケートを実施するなどの対策は取られていますがまだまだ周知徹底には至ってはいない現状があります。

 

企業はセクハラ被害を受けた女性の心の事を考えハラスメントのない職場環境作りにもっと取り組むべきです。

スポンサーリンク



 

休職、退職も視野に検討してみることが大事

職場の飲み会でのセクハラ

 

3月の年度末や新入社員が入社する時期は送別会、歓迎会などの親睦会が多く居酒屋やカラオケなどお酒を飲む飲み会も多く開催されます。

 

ただお酒の席とは言え性的な言動をされたりアルハラ、カラハラなどを強要された時は立派なハラスメント行為となりますのでまずは上司に事実を報告し改善を求める事が大事です。

 

加害者が事実確認を認め飲み会でのセクハラがなくなれば良いですが、何の改善もなく今後もセクハラ行為が続くようであれば産前、産後、育休と同じようにセクハラを理由に休職する事なども当然行使できる事を忘れないで下さい。

 

セクハラが原因で体調を崩し入院しても休職手当もありますし心身共にフレッシュして現場に復帰できれば1番良いのですが、残念な事に不当に解雇されたりする事例もあるのが現状です。

 

解雇や退職してからが反撃開始となり裁判を起こし状況証拠を揃えるためにも事実確認やセクハラと認定できる証拠写真などを押さえ慰謝料や損害賠償請求を起こす事でセクハラ被害がいかに女性にとって屈辱的で苦しいものなのかを証明するべきなのです。

 

お酒が入る飲み会の席では多くのハラスメント行為が発生する可能性がありますので、男性はどういった行為がセクハラ行為に該当するかを理解し就業時間以外とは言えセクハラで訴えられる事があると認識する事が求められるのです。

 

多くの企業でハラスメント対策はまだまだ周知徹底とはいきませんが就業規則に盛り込み1人でもセクハラ被害に遭う女性を減らす事ができる職場環境整備に努力すべきなのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ