就活にやる気が出ない時の脱出方法3つ

就活のやる気が出ない
就職の悩み

就活は自分の将来を決めるための大事な活動の一環ですが、中にはなかなか就活に対してやる気が出ないという人も多いのではないでしょうか?

 

そのようなやる気の出ない人の場合の多くが、もうすぐ大学を卒業するから就活する、卒業した後に職が無いと困るから就活すると言ったように、明確な意思を持って就活に臨んでいなう場合がほとんどだと言えます。

 

ではどうすれば就活に対してやる気が出ない悩みを解決することが出来るのでしょうか?今回はその脱出方法を3つ紹介していきたいと思います
スポンサーリンク



1.自分が何になりたいのかを明確に決める

退職理由の例

就活に対してやる気が出ない状態でいくら就活を行ったとしても、元々やりたい仕事やなりたい職業が決まっていないためやる気が出ないと言う状態になっても仕方がないといえます。

 

いうなれば出口のない就活と言う道を歩いているわけですので、出口が見える就活と比べた場合には確実にやる気が削がれてしまいます。

 

そうならないためにはまず自分が何故就活を行っているのか。どんな仕事をやりたいのかを決めた後に、就活をスタートさせたほうが良いのではないでしょうか?

 

目標を持たないままの就活はどこまで行ってもゴールは見えませんが、目標が決まった就活はその目標に向けて全力で走り抜けるだけですので、やる気も出てきますし目標を達成するために必死で努力をするでしょう。

 

ただ何となく就活をしていた場合何となく決めた企業に何となく就職してしまうため、早期退職してしまうケースも多くなります。

 

そうなってしまうと結果的に就活したこと自体無駄だったことになりますので、そうならないためにも目標を見つけて就活を行なえばやる気も付いてくるでしょう

スポンサーリンク



 

関連記事→自分に向いている仕事がわからない人がするべき3つの事

 

2.自分より就活意識の高い人のなかに飛び込む

 

就活を行う際に全くやる気が出ない場合、自分が置かれている環境を一度変えてみると言うのもやる気を出すための手段としては効果的な手段となります。

 

就活にやる気が出ない人の場合、周りの環境が生温い場合も考えられますし、同じように就活にやる気が出ない人が集まってしまっている可能性があります。

 

そうなってしまうと周りにも影響されていつまでたってもやる気が起きない状況が続いてしまうことになり、気が付いた時には就職先が見つからないまま卒業を迎えてしまったと言うことも十分に考えられます。

 

そうなってからでは遅いですので、そうなる前にまず自分の置かれている環境を変化させるために、就活に本気で取り組んでいる人たちの中に飛び込んでみると良いでしょう。

 

例えばインターンシップなどに申し込み、自分よりもスキルの高い人たちの中で揉まれることで自分がいかに甘い考えで就活を行っていたのかを再認識することが出来ますし、そういった環境に身を置くことで就活とは何かを再度確認することも出来ます。

 

一度就活に対しての気持ちが再確認できた場合には、自分のなりたい職業に向けて就活を頑張ると言う意識も芽生えるでしょうし、周りのレベルが高ければそれに置いて行かれない様努力しますので自ずと自分のスキルも向上していくことになります。

 

やる気が出ないと言うのは甘え以外の何物でもありませんから、その甘えを払拭できる環境に身を投じると確実にやる気も生まれてくるでしょう。

 

3.就活を行う日を決めて就活する

営業が辛い

就活を行う際にどうしてもやる気が出ないと言う場合、就活を行う日を予め決めて就活を行うのもやる気を復活させるためには必要なことだと言えます。

 

通常就活を行う場合、毎日毎日同じことの繰り返しとなってしまうため、就活を続けているうちに気持ちに緩みも出てきますし、その気持ちの緩みがやる気が出ないことにも繋がってしまうことになります。

 

これは同じような就活作業を繰り返すことでマンネリ化してしまうためで、それを払拭するためには就活を行う日と完全に就活を休む日を決めて就活を行うようにすると良いでしょう。

 

就活を休むという選択肢はおそらくほとんどの就活生には考えられないことだと言えますが、毎日何かに追われるように就活を行っていた場合、気持ち的にも余裕が無くなってきますし、それが焦りを生みだすことにもなります。

 

この場合も気持ちが緩んでしまったのと同様に、いくら頑張っても就活が上手くいかないと感じやる気が出なくなる恐れがあります。

 

その為就活を行なわない日をあえて設けることで、心と体をリセットできる時間を持つことが重要になります。

 

週の内1日だけでもそういった休息日を設けると、就活で溜まったストレスの解消にもなりますし、休日を利用して就活を見直すきっかけにもなります。

 

やはり就活を行う場合でも会社で働くのと同様に休日が無いとどうしても無理が生じてしまいますので、あえて休みを設けるという選択をすることも、就活に対してやる気を復活させるために必要なことだと言えるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?今回就活でやる気がでないことから抜け出す3つの脱出術を紹介しました。

 

学生の間は準備期間のようなもので本番は働き始めてからです、妥協した結果ブラック企業だったではそれまでの準備期間が水の泡となってしまいます。

 

関連記事→入社しちゃだめ!ブラック企業の見分け方の2つポイント

 

大変だとは思いますが思い腰をあげ、今回の記事を参考にして行動に移してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ