会社で怒られやすい人の特徴を詳しくまとめてみた

仕事で怒られやすい人の特徴
仕事の疑問

会社でなにかしらのミスや態度をとって怒られている人は会社に一人はいるものです。

 

ですがもしかしたらあなたも怒られやすい特徴をもっているかもしれません。そうならないためにも怒られやすい人の特徴を理解しておくことが大事になってきます

 

今回はそんな会社で怒られやすい人の特徴と直し方を紹介していきます。

 

自分の意見がはっきり言えない、挨拶できない人

仕事で怒られる人

社会人となった場合には与えられた仕事に対して全力で取り組む必要がありますし、その仕事に対して自分の考えや意見を言う必要も出てきます。

 

しかし中には自分の意見をはっきりと言えない、仕事に対して自信が無いような素振りを見せる人と見受けられ、そういった態度の人は会社内で怒られやすいといえます。

 

自分の意見を言えない、仕事に対して自信が無いと言った人に対して、会社側も大事な仕事は任せることが出来ませんし仕事に対する意見が言えないと言う場合は、与えられた仕事しか出来ない人間だと判断されても仕方がないと言えます。

 

その為与えられた仕事しか出来ないため仕事の生産性も悪くなり、それが原因で更に怒られると言った悪循環に陥る場合もあります。

 

自分の意見が言えないような人の場合、社内での挨拶もきちんとできていない場合が多く、上司などに挨拶を出来ないためそれに対しても注意されやすくなります。

 

取引先などでも挨拶出来なければ取引先に対して失礼に当たるため更に怒られる原因を自分で作ってしまうことになります。

 

挨拶できないということは声を発することが出来ない、言い換えれば自分の仕事に対する自信の無さが挨拶出来ないと言うことに現れているとも言いかえることが出来ます。

 

怒られないためにもまずは挨拶をきちんと出来るようになると、自然と自分の意見もはっきりと言えるようになり仕事に対しても自信を持てるようになるのではないでしょうか?

 

意見がいえないというかたはコチラの記事をご覧ください「仕事がわからない」と聞けない悩みを解決する考え方

スポンサーリンク



 

自分のミスを認めない人

仕事で怒られやすい人の特徴としては、自分のミスを認めない、他人に自分のミスを責任転換する人が非常に多いと言えます。

 

関連記事→仕事の失敗を人のせいにしないための3つの対策

 

 

仕事を行う上でミスは本来あってはならないことですが、やはり人間ですのでミスを犯す場合もあります。

 

その場合に素直に自分のミスを認めて謝罪し、ミスを取り返すようにすれば、怒られはしますがその後の自分の成長にも繋がりますし、同じミスを二度としないという教訓にもなります。

関連記事→ストレスを少なくするための仕事のミスでの謝り方紹介

 

 

しかし自分が犯したミスを認めない場合、ミスを認めていないわけですからまた同じようなミスを犯す可能性が高くなりますし、ミスを認めないというその態度自体が上司の怒りをかう原因となります。

 

ミスを認めない人は何度ミスをしてもその度にミスを認めないでしょうし、時には自分のミスを他人に責任転換する場合もあります。

 

責任転換するということは、自分が犯したミスを求めていないばかりか他人に失敗をなすりつける行為ですので、上司から怒られるだけでなく失敗をなすりつけられた同僚からの怒りもかってしまうことになります。

 

こういったケースの場合、自分自身の仕事に対する考えやスタンスを変えていかないと、何時までたっても怒られ続けることになります。

 

ミスがあるたびに責任転換していれば何れ仕事自体回してもらえなくなる社内ニートと呼ばれる状態に陥る場合もあります。

 

社内ニートになってしまうと怒られることすらなくなりますので、怒られている間はまだ良いほうだと感じてしまうようになるでしょう。

 

怒られると言うことは自分に非がある場合もありますので、真摯に受け止め自分のミスを認めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク



関連記事→社内ニートになり易い人の特徴と2つの脱出方法

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

 

時間が守れない人は怒られやすい

仕事で怒られる人

会社で働くと言うことは時間をきちんと守ることが最低限のビジネスマナーだと言えます。

 

会社には出勤時間や休憩の時間といった決まり事がありますので、それを守れない時間にルーズな人は怒られやすい人だと言うことになります。

 

仕事では時間が非常に重要な意味をもちます。

 

他社との取引などに関しては決められた時間通りに取引を行う必要もあります。

 

その為時間にルーズで取引時間を厳守できない場合には取引自体が中止になる恐れもあり、それは会社にとって甚大なマイナスとなる可能性もあります。

 

そうなってしまうと怒られるだけでは済まない状況に陥ることも考えられますので、時間にルーズな人は怒られやすい人だと言うことにあります。

 

例えば毎日遅刻するような人の場合は毎朝上司に遅刻に関して怒られることになりますし、それは自分の給与にも大きな影響を与えることになり、毎朝怒られるだけでなく給与も減ってしまうと言う2重の不利益を被ることになります。

 

そうならないためには社会人として時間を厳守するということをしっかりと理解することと、自分自身の行動も時間を守れるような行動が出来るように常に気を引き締めることが重要となります。

 

時間を厳守できる人は社会人としての信用も得られますし、時間に正確に行動できる人は仕事の無駄も無くなるため生産性も上がり信頼される社員として重宝されることにも追儺がります。

 

時間を守るということをしっかりと自分で出来るようになれば、怒られることも減っていくでしょう。

 

関連記事→仕事でサボり癖がつくことのデメリットと2つの直し方

 

今回3つの仕事で怒られやすい人の特徴を紹介しました。

 

当てはまる部分はあったでしょうか?もし当てはまる部分があったならば今回の記事を参考にして改善をしたほうが今後の社会人生活はよりよいものになるはずですよ!

スポンサーリンク



ページの先頭へ