仕事で怒られてばかりいる時にできる効果抜群の3つの脱出術

怒られてばかりのときの脱出術
仕事上での心の悩み

仕事で怒られてばかりいますとやる気もなくなりますし、なぜ働いているんだろうかと疑問に感じてしまうときがあります。

 

ではなぜ怒られてばかりいるのでしょうか?今回は怒られてばかりいることから抜け出す方法を紹介したいと思います。

 

まずは何故怒られるのかを自己分析する

怒られてばかりのとき

会社で仕事を行なう場合、その仕事に対して責任を持ち正しく仕事を遂行することが求められます。

 

しかし自分ではきちんと仕事を行なっていると思っているのにもかかわらず、会社で怒られてばかりいる人というのも少なからずいるでしょう。

 

そういった人の場合、自分が何故怒られているのかということがよくわかっていないと言うケースも多く、ミスなどをしていた場合でもそれに気づいていないということも多いためそれによりまた怒られると言うことを繰り返してしまうことになります。

 

会社で毎日のように起こられてしまう人の場合、そこには必ず怒られる原因がありますので、それを自己分析することが必要となってきます。

 

例えば仕事を行なう際に内容をきちんと確認しないまま仕事を始めてミスをして怒られるとか、仕事でわからないことが合った場合でもそれを分からないままにして仕事を続けるといった場合、それは自分自身で怒られる原因を作り出していることになります。

 

その為どうして自分ばかり怒られるんだと考える前に、まずは自分の行動が正しいかどうかをきちんと判断できるようにならなくてはいけません。

 

頻繁に怒られるということは必ず原因があるわけですから、それをそのままにしておけば何時までたっても怒られなくなることはまず無いといえるでしょう。

 

そのような状態が続くとストレスにもなりますし、会社内での信用もなくなる可能性があります。そのためまずは自己分析を行うことから始めましょう。

スポンサーリンク



 

報告・連絡・相談が出来ているかを確認する

頻繁に会社で怒られる人の場合、仕事の上での基本である報告・連絡・相談の「ホウレンソウ」が出来ていない場合が非常に多く見受けられます。

 

報告・連絡・相談というものは仕事を行なう上での基本中の基本で、これが出来ていない場合には必ず仕事でのトラブルを引き起こす原因となります。

 

例えば仕事に関することの報告を怠ればそこから仕事が進まなくなりますのでトラブルとなり怒られますし、何か重要な連絡ごとを忘れていればそれも怒られる原因となります。

 

わからないことを聞かないのは重大問題

 

さらに仕事に関することで分からないことや判断に困る場合に上司などに相談をせず自分だけで勝手に判断してしまうと、それが原因で仕事が頓挫する可能性もあります。

 

この場合も相談していれば問題なく仕事を遂行できた可能性が高いわけですから、相談しないことでミスを犯せば言うまでも無く怒られる原因となってしまいます。

 

このように報告・連絡・相談が出来ていない人は、根本的にホウレンソウの重要性をわかっていないと言えますし、社会人としての基本が出来ていないと考える必要があります。

 

自分ではホウレンソウが出来ていると思っている人に限って、全くホウレンソウが出来ていない場合も多いといえますので、自分自信できちんと上司に仕事の報告、重要事項などの連絡、仕事に関する相談が出来ているのかどうかを再確認する必要があるでしょう。

 

そのためにはコミュニケーションをしっかりとることも重要ですので、挨拶などもきちんと行い社内でのコミュニケーションにも気を配るようにしましょう。

スポンサーリンク



 

関連記事→「仕事がわからない」と聞けない悩みを解決する考え方

 

関連記事→内向的な人が社交的な人になるための3つの方法

 

忘れないようにメモを必ずとりましょう

仕事で怒られてばかり

会社で頻繁に上司などに怒られる人の場合、話の内容などをメモに全く取らないという人が非常に多いと言えます。

 

メモなんか取らなくても聞いた話は頭に入っているから大丈夫と考えている人もいると思いますが、人間は聞いた話を100覚えておくということはまず不可能です。

 

その話の中に重要なポイントがあったとしてもそれを頭の中でスルーしている可能性もあります。

 

自分では頭の中に全て聞いた話がインプットされていると勝手に思い込んで仕事を行なうわけですから、もし重要なポイントをスルーして忘れてしまっていた場合には、そのことが仕事での大きな失敗に繋がる恐れがあります。

 

もし最初からメモをきちんと取って仕事を行なっていた場合には、重要なポイントもメモに残っているわけですからメモを見返せば失敗を刷るということはまずありません。

 

メモを取ると言うことはそれだけではなく、ただ聞いただけで頭にインプットするよりも自分自身でメモを取るという行為自体が重要になります。

 

言われたことを忘れなくするためにメモを取るという行為は、自分で反復しながらメモを取ることになるため、記憶としても残りやすく実際に文字としても残ってくれることになります。

 

そのため怒られないようにするためはどのような場合でも必ずメモを取ると言う癖をつけることが重要です。

 

仕事の上でもそのメモを何度も確認しながら仕事を行なうことで、失敗やミスを未然に防ぐことになり怒られなくなることに繋がるでしょう。

 

いかがだったでしょうか?今回は怒られてばかりの方が脱出するための3つの方法を紹介しました。

 

今のままですとストレスをためてしまい、うつになってしまう可能性もあります。今回の記事を是非参考にしていただけたらなと思います。

スポンサーリンク



ページの先頭へ