仕事のマンネリ化を解決する2つの考え方

仕事のマンネリ化の解決法
仕事の疑問

どんなにやりがいを感じている仕事でも一度は仕事のマンネリ化で悩む事もあります。

 

自己成長意欲が高ければ高いほど、マンネリ化した場合に悩む事が多いものです。

 

この仕事のマンネリ化に対する対処の考え方と、解消法を考える前に、まずそもそもマンネリ化がなぜ起こるのかを考えてみましょう。

 

そもそも仕事はなぜマンネリ化するのか?

仕事のマンネリ
入社後しばらくの間や、新たな仕事に付いた時には、すべてが新鮮で、自分にこなせるだろうか?と心配したりもします。

 

しかし、仕事の内容にもよりますが、1年から3年もすると、最初は心配していた仕事も当然の様に処理する事ができ場合によってはマンネリ化している事に、このままで良いのだろうかと考えるようになったりするものです。
こうした仕事に対するマンネリ感は、与えられた仕事に習熟し、新鮮さや新たな挑戦要素が少ない事で感じるものです。

 

従って、これを解消する考え方には2つしかありません。
1つ目の考え方や対処法は、今の仕事で次のステップが見通せない時です。

 

こうした場合には、マンネリ化の中にもやりがいを自ら求めて、仕事でも一定のやりがいを持ちつつ、自己成長や人生の楽しみを仕事以外の所に求める方法です。
2つ目の考え方や対処法は、今はマンネリ化感があるけれど、その会社や職場でスキルアップする機会が見通せる場合です。

 

この場合には、新たなスキルを身に付ける機会を社内で自ら切り開いて行き、マンネリ化を打破していく方法です。
第1の方法が良いのか、第2の方法が良いのかは、あなたが置かれている会社での仕事の位置づけと、あなたの人生における仕事観に掛かっており、いずれが良いと断言する事はできません。
事項から、この2つの仕事のマンネリ化に対する対処方法と考え方に付いて少し詳しく考えてみましょう。

スポンサーリンク



 

1.マンネリ化の中にやりがいを見出し、それを受け入れる

 

第1の対処法は、あなたの会社や職場で習熟した仕事以外に取り組むチャンスが全くない場合です。

 

1人の管理職の下に多くの部下が居て、その部下が皆同じ定型化された所謂ルーチン業務をこなすような職場の場合です。

 

そんな職場においては、管理職に昇進しない限り、十年一日のごとく、毎日同じ仕事の繰り返しとなり、あなたが管理職になるチャンスがないと思われると、マンネリを打破する事は環境的には少し難しいと言わざるを得ません。

 

あなたが常にスキルアップやキャリアアップを求めるタイプなら、こうした職場でその不満や悩みを解消する事は困難かも知れません。

 

そんな時の対処方法は、転職してキャリアアップに挑戦し続けられる職場に変わるか、もう1つはその環境を受け入れて自己成長や人生の楽しみを仕事以外に見出すかいずれかと言う事になります。

 

人の仕事観は色々で、そこそこの給料をもらえて、マンネリ化の中にも多少のやりがいがあれば、仕事としてはそれで良く、ライフバランスの中で、趣味やスポーツで自己実現の機会があれば、それで良しとする人もおられます。

 

そんな考え方の人なら、ルーチン業務であっても、処理能力を高める事や、お客さん相手の仕事ならお客さんにより良い満足感を与える接客対応などに仕事のやりがいと日々のちょっとした成長に満足し、大きな自己成長のチャレンジは趣味やスポーツで発揮すると、その状況を受け入れる事でマンネリ化の悩みを解消する方法もあります。

 

 

しかし、そんなレベルでは満足できず、やはり仕事においてもっと成長する機会や新たな仕事への挑戦を求めたいと思い、それが先述べた様な職場環境で、努力しても満たされる可能性が皆無なら、転職を考えざるを得に場合もあるでしょう。

 

これは、あなた自身の考え方に掛かっており、どちらが正解とは言えません。現状を受け入れてやり過ごすか、転職を決断するかは穴自身の考え方次第なのです。
スポンサーリンク



 

関連記事→天職の見つけ方とその前に理解しておいて損はないこと

 

関連記事→仕事が理想と遠く将来の夢が見つからない人に知ってもらいたい事

 

関連記事→仕事だけの人生でやる気が湧かなくなってきた時の対処法

 

2.積極的に新たな仕事に挑戦するチャンスを自ら獲得する

仕事のマンネリ解決法

大きな2つ目のマンネリ化に対する解消法としては、自ら積極的に新たな仕事に挑戦するチャンスを獲得する努力をする事です。

 

今の会社や職場でも、今あなたがこなしていてマンネリ化感を持っている仕事以外に先輩たちが行っている多くの仕事や、昇進すれば多くのスキルアップの機会があるような職場なら、自ら新たな挑戦すべき仕事をもらい、スキルアップやキャリアアップと言う自己成長の機会を切り開く努力をする事がベストの解消方法です。

 

多くのメンバーによって仕事を行っている会社では、一定の量のルーチン業務も誰かがこなす必要があり、多くの職場ではこうした仕事はまず新人が受け持ち、かつては新人であった先輩たちは、そのルーチン業務の比率を下げ、新たな創造性の必要な仕事のウエートを経験年数に応じてアップさせ、組織全体としてその組織が行うべき仕事を分担してこなしているのです。

 

新人であるあなたは、そんな仕事の中で経験が少なくてもできるルーチン業務から担当を始めているのです。

 

あなたの後輩に当たる新たな新人が入ってこなくても、あなたが当初与えられた仕事をマンネリ感が出るほど習熟したのであれば、全体の仕事の一部でも、少し新たなスキルを磨く必要のある仕事を与えるのが一般的な人材育成の考え方です。

 

人材育成の観点から、こうした考え方を持つ会社は多いもので、上司や先輩に現在の仕事は残業をしてでもこなすので、新たな仕事に対するチャンスを与えてもらうよう、素直に訴えてみる事です。

 

もちろん、すべての現在の仕事を止めて、新たな仕事をもらう事ではなく、100の仕事の内、10でも新たなスキルアップの仕事をもらえるように訴える事です。

 

上司や先輩は、すぐに反応して少し新たな仕事への挑戦機会を与えてくれる場合もあれば、まだ早いと拒絶する場合もあるでしょう。

 

 

まだ早いと拒絶された場合でも、それは永久にあなたを今の仕事に縛り付けると言っているのではなく、まだ早いけれどいずれはチャンスを与えると言っているのです。

 

そんな場合には、腐る事無く、現在の仕事に精進し、上司や先輩が一刻も早くそのチャンスをくれるように努力し続ける事です。

 

これが第2の仕事のマンネリ化を打破する方法です。

スポンサーリンク



いかがだったでしょうか?どうしてもマンネリというのは一定の時期になると陥ってしまうもの

 

今回の記事を参考にして自分なりのマンネリ脱出をしてみましょう

ページの先頭へ