内向的な人が社交的な人になるための3つの方法

社交的になる方法
仕事上での心の悩み

内向的な人は社交的な人が羨ましいと思うものです。

しかし内向的人程周囲の空気を読む力があるので、相手の気持ちを考えながら行動すれば社交的な人になれる可能性が高いのです。

 

今回はそんな内向的な人が社交的な人になるための方法を3つ紹介したいと思います

 

1.自分から相手へ歩み寄る気持ちを持つ

社交的になる方法

社交的な人になるための方法は、自分から相手へ歩み寄る気持ちを持つことです。

内向的な人は初対面の人と話す時に会話が続かずに、気まずいと思うこともあるでしょう。

社交的な人は相手の話を聞きながら常に自分との共通点を探しています。

 

現在勤めている会社の場所が近かったり、相手が住んでいる場所に何度か行ったことがあれば、そこから話題を広げていけます。

趣味が同じならばより話も盛り上がりますが、お見合いではないのでいきなり「趣味は?」と質問はしにくいものです。

 

どうしても共通点が見つからない場合には「お一人でお住まいですか?」から始まり、休日の行動などを話題にすることで自然に趣味の話題に持っていくのがお勧めです。

 

相槌を打つ際に大切なのは、「いいですね」「素敵ですね」と相手を褒めることです。

自分が答えたことに対して褒められれば相手も良い気分になり話がし易くなります。

社交的な人は自分から喋りまくるのではなく、聞き上手となって相手から話を引き出していきます。

 

ただしやたらと褒めまくると相手から「薄っぺらな人」と思われてしまいますので注意しましょう。

褒める時には決して大袈裟な態度ではなく、さりげなく関心する様に褒めた方がより自然な雰囲気になります。

楽しく話題が盛り上がってきたら、周囲の人にも話を振ってより大勢で会話をする様にしましょう。

 

スポンサーリンク



関連記事→仕事におけるコミュ症を克服する3つの方法

 

2.自分が相手に対して興味を持つこと

社交的な人になりたいと思ったら、相手から話しかけられるのを待っていてはいけません。

 

社交的な人になる為の方法として大切なのは、自分から相手に対して興味を持って話しかけることです。

 

相手に話しかける際には「この人はどんな人なんだろう?」と考えながら声をかけましょう。

 

 

相手の人となりを知る為には質問をしていくのが一番ですが、次々と質問攻めにするのは相手に対して失礼にあたります。

 

 

会話はキャッチボールですので、一つの質問に相手が答えたらそれに対して何かしらの「オチ」がついてから次の質問をする様にしましょう。

例えば「今日はどこから来ましたか?」と質問をすると相手は「○○からです」と答えるでしょう。

 

すると次には「どれくらいかかりましたか?」と質問したいところですが、社交的になりたかったらまず「○○ですか、最近新しい駅ビルができたんですよね!」とワンクッション入れると相手の緊張感が解けるのが早くなります。

 

 

社交的な人になる為には表情も大切です。

相手に質問する時にはしっかりと目を見て「是非教えて下さい」という気持ちになりましょう。

 

 

取るに足らない話題や質問でも「さも面白い」という様に生き生きとした表情で話すことで、相手にとってワクワクする内容になるものです。

声ははっきりとやや大き目に出した方が聞き取り易く、会話をスムーズに進めることができます。

 

 

アクションをつける必要はありませんが、時折手を使って表現をすれば、相手が人見知りであった時に視線のやりどころに困りません。
スポンサーリンク



関連記事→会話が苦手な方必見!仕事での会話が苦手な人のためのタイプ別改善策

 

3.飲み会や付き合いも大切にすること

飲み会に参加する

社交的な人になる方法として一番大切なのは、自ら行動するということです。

内向的な人にとっては飲み会やコンパなどは苦手なものですが、思い切って参加しましょう。

 

社交的になる為にはとにかく新しい人と知り合う機会を増やすことが大切です。

大勢の人とコミュニケーションを取ることでどんどん社交性が培われていきますので、この際自分磨きと思いましょう。

 

最初は面倒だと思っても、段々と皆の顔や名前、性格を覚えてくると会話もスムーズに進められる様になります。

 

 

どの場面でも大切なのが笑顔でいる、ということです。

何も話していなくても笑顔でいるだけで相手に安心感を与えます。

普段からニヤニヤしていなくて構わないので、目が合ったら口元で表情を作りましょう。

話しかけられたらにこりとすることで、より相手も話をし易くなります。

 

笑う時には気持ちよく声を出して笑った方が気さくな人というイメージになります。

鏡の前で笑顔を作ってみると、意外と自分が思っていたのと違う笑顔になっていることが多くあります。

ちゃんと口を開けて笑える様に、歯のお手入れをしておくことも大切です。

 

最後に、どうしても最初のきっかけ作りができないという人は、社交的な友人と仲良くなっておくと良いでしょう。

側にいて話のきっかけを作って貰ったり、友人を紹介して貰うことで交友関係を広げることができます。

友人の社交術を学びながら次に自分で試していけば、いつしか一人でも知らない人と会話ができる様になっていくでしょう。

 

関連記事→仕事の飲み会でぼっちにならないようにする3つの確実な対処法

スポンサーリンク



ページの先頭へ