休職と退職の境界線

仕事の疑問

会社を休職するか退職するかの境界線を教えます

投稿日:

会社に勤務していて休職するか退職するか悩むというケースも多々見受けられます。

 

その場合の休職と退職の境界線はどのように線引きすれば良いかきになりますよね?

 

今回はそんな退職か?休職か?の境界線についての記事を書いていきたいと思います。

休職したほうが良い場合のケース

休職したほうがいい場合

まず休職することになるケースとしては病気やケガによる休職、妊娠・出産を伴う休職が考えられます。

 

基本的に休職すると言う場合には、休職後に仕事に復帰するという気持ちがある場合に休職を選択すべきですし、ケガなどが治った場合に仕事に復帰する意欲がある場合には退職ではなく休職を選択しておかないと復帰すらできなくなってしまいます。

 

ケガなどで休職した場合には傷病手当などの手当金の支給も受けられますし、傷病手当に関しては1年6ヶ月間は支給して貰えますので、1年6ヶ月以内に会社に復帰できる場合には休職してしっかりと病気やケガを治すほうが選択としては良い選択となります。

 

妊娠・出産での休職に関しても、子育てがひと段落ついたら会社に復帰するつもりであれば、休職して出産や子育てに専念するほうが復帰しやすい環境を維持したまま休むことが出来ます。

 

なので退職するよりも圧倒的に気持ちが楽になります。

 

妊娠・出産の場合も手当金の支給がありますし、育児休業給付金に関しては1年6ヶ月まで支給してもらえますので、それを考えた場合には退職よりも休職を選択しておくほうが、先々の復帰先も確保したまま休めますので今後のことが心配な場合には休職を選択するほうが無難で安全であると言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



 

退職したほうが良い場合のケース

 

会社を休職するか退職するかで悩んでいる場合、何年も復帰のめどが立たないというケースでは退職を考える必要もあるでしょう。

 

このようなケースの場合、精神的な病や大病を患ってしまったというケースや、結婚して家庭に入り子育てに専念したいといった場合が当てはまります。

 

精神的な病や大病を患った場合、会社に復帰できるのが何年も先になるということも考えられますし、精神的な病の場合、仕事に復帰できない状態になる可能性もあります。

 

関連記事→眠れないし仕事に行きたくない もしかしてうつ病かも

 

関連記事→すぐにでも退職したいと思ったら絶対にやるべき3つの準備

 

 

そのようなケースの場合は復帰することが難しくなるため退職して自宅療養などを考える必要も出てきます。

 

子育てに専念したいと言うケースも、旦那の収入があるので仕事をする必要が亡くなった場合や、仕事よりも家庭を大事にして子育てを行ないたいというケースが当てはまります。

 

このようなケースの場合は仕事復帰する必要が無く、本人にも仕事に復帰する気持ちが無いわけですから、休職を続けているよりも退職するほうが良いでしょう。

 

何故なら休職中は雇用保険などの支払いは継続していますので、休職している間の社会保険料や雇用保険料の支払いも発生することになるため負担が増えてしまうからです。

 

復帰する気が無いのであれば無駄に社会保険料などを支払う必要もありまませんので、速やかに退職をするほうが家計にとっても無駄を省くことに繋がるでしょう。

 

ただしすぐに退職するのではなく、休職との兼ね合いを考えて退職する時期を決めることが重要となります。

スポンサーリンク



3.退職する前にはまず休職を選択しましょう

最初は休職を選択しましょう

 

会社を退職するか休職するかを迷っている場合には、まずは休職してからその先のことを考えるほうが良いでしょう。

 

何故ならいきなり退職してしまうと翌日からの生活に必要な収入が一切途絶えてしまうことになりますし、退職後に貰える失業給付金も自己都合での退職の場合は3ヶ月間は支給して貰うことが出来ません。

 

その為仕事を続けることが困難であってもまずは休職をしてから退職までのことを考えるほうが良いといえます。

 

特に病気や妊娠で止む負えず退職を考えている場合、一旦休職することで休職中に必要となる手当金を支給して貰うことが可能になります。

 

この手当金は一度支給手続きを行なえば会社を退職した後でもその支給が継続されますが、退職後には手当金の支給手続きを行うことが出来ないため、必ず会社に籍がある状態で支給手続きを行う必要があります。

 

その為いきなり退職するのではなく、まずは休職して手当金の支給手続きを行ない、その後やはり復帰がむずかしいのであれば退職する選択をすると退職後も手当金は支給され続けますので生活に困ることは無いでしょう。

 

退職と休職の境界線は非常に難しいといえますが、仕事に対して意欲があるのであれば休職を選択し復帰を目指すほうがよいですし、仕事に復帰する意欲が沸かない、仕事が自分に合わずストレスになるというようなケースの場合は、復帰しても仕事が円滑に行えることはまずないと言えます。

 

ですので休職した後ある程度の期間を空けて退職するほうが自分にとっても負担軽減になるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.