職場の人間関係

仕事上での心の悩み

職場の人間関係でうつにならないために取るべき3つの対策

投稿日:

どこの職場でもそうですが人間関係の理由が離職や退職の原因になるなどのことが問題になっています。

 

上司や気に入らない先輩からのいじめなどを繰り返し受け過度のストレス蓄積してしまうとうつというれっきとした病気を発症してしまう事が最も危険です。
特に女性が多く働く医療や介護、保育施設などで上手く人間関係を構築する事は容易ではなく過酷な雇用環境も後押しして離職率の増加から来る人手不足が深刻な問題にもなっています。

 

今回はそんな職場の人間関係でうつにならないための3つの対策を紹介します。

スポンサーリンク



1.味方が一人いれば良いという心構えを持とう

会社の中には性別、年齢、役職、生まれ育った環境まで違った様々な考えや個性が飛び交っており逆にその中に身をおいて馴染もうとする事事態が難題と言えるのではないでしょうか?
例えば

 

100人の社員がいる会社では100人全員から好かれよう

 

私はこんな性格を持った人間です

 

とアピールする必要は全くありません。

 

10分の1の10人程度腹を割って話せる同僚がいればもう大満足という考えを持って人間関係の構築にあたる事が望まれるのです。

 

休憩中やお昼休みでも1人の気の合う仲間に10倍の接し方で望めば相手も自ずと心を開いてくれますしいざという時も味方になってくれる存在と成ってくれるはずです。
時には上司の愚痴なども言い合いう事でストレスも発散することができ同じ考えの人が1人いるだけでも欝の対策には十分効果を発揮するこにもつながってきます。
1つ目の対策のまとめとしましては人間関係は非常に難しい問題ではありますがまずは気の合う同僚を1人見つける事から始める事が大事です。

スポンサーリンク



 

2.周りからのサポートや専門の窓口の力を活用しよう

うつの対策として企業では投書箱や相談窓口など設置してある企業もありますが数もそれほど多くなくうつの症状が現れる方もまだまだ多いと言うのが現状です。
うつと言う病気は殴られてアザができ周囲から見てもケガしたと分かるような外面的な病ではなく、まさかあの人がうつだったと驚かれるような内面的な心の病となります。

 

なのでなかなか表面上に現れにくく発見が遅れがちになる事が懸念されます。
症状が進行すると仕事どころか日常生活にまで支障を来すようになり長期の入院を強いられることになりますので初期症状が見られた段階で早期に対策を講じる必要があります。

 

過度の時間外労働や職場内でのハラスメントなど誰しもがうつになる危険性を秘めており最終的には自ら命を絶つような事があっては絶対にいけません。

 

関連記事→メンタルが弱い人が仕事で成功する為の3つの改善策
課長に相談しても甘ったれた事を言うなと一喝される職場もあるとは思います。

 

ですがまず普段に比べて体調の変化や月曜日の朝に多く見られる仕事行きたくない症候群の症状が出た場合は医療機関を受診して診察を受け場合によっては診断書を提出し休職などの措置を取る必要があります。
また無料で相談できる心の相談窓口や心理カウンセラーなど専門的な知識を有する方のアドバイスや相談も積極的に受けて見る事が大事で親身になって相談に応じ最善の解決策を導き出してくれます。
2番目のうつに成らない為の対策は職場内を離れ第三者の意見に相談や家族に悩みを打ち明ける事で周りからのサポートの心の扉を開こうという事をお勧めします。

 

2.人間関係に疲れ果てたら転職も視野に検討してみよう

 

正社員、派遣や請負、パートなど雇用形態も様々で新卒や第2新卒など勤務年数も人それぞれで一つとして人間関係の悩みが無い会社などは存在せずどこ規模数や社員数問わずどこの会社にもあるものです。
失業保険の観点から人間関係が上手く作れなかったという理由で退職してしまいますと自己都合退職と認定され支給に大きなデメリットを受ける事になります。

 

そこが人間関係の怖さでもありどんなにコミュニケーション能力に長けた方でも一筋縄ではいきません。
人間関係が上手くいかないのに無理して出勤し辛いと感じながら作業を続ける事は大きなストレスを生み出す事になりうつを発症する危険性が高くなってしまうのです。
そんな職場にどうしても耐え切れない時は転職も視野に検討してみる事が大事でなにも無理に出勤する必要はないのです。

 

関連記事→仕事をしていて「涙が出るくらい辛い」と感じた時の対処法3選

 

関連記事→必ず知っておきたい転職準備のノウハウ3つ
欝になってしまう前に取れる賢明な対策でいくら周りから責められたり非難の目を浴びせられてもうつになってしまっては元も子もありません。

 

転職後心機一転あたらしい職場環境に身をおいて0から人間関係を構築する事は決して間違った選択ではなく自分を変えたい勇気ある選択として賞賛すべきに値するのです。
職種や分野、適正など向き不向きがあったり免許や資格を必要とする専門的な職種など転職は未知数の可能性を秘めており人間関係も新しい職場で変える事ができる事ができるのです。
最後の3つ目のうつにならない為の対策には転職も視野に新たな職場で人間関係の構築を試みてみる事をお勧めします。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.