職場で嫌われる人

仕事の疑問

職場で嫌われる人の3つの特徴 もしかしたらあなたも…?

投稿日:

どこの職場にも一人は嫌われている人がいることでしょう。人生の大切な時間を使って働くのですから出来るなら人には嫌われたくないですよね?

 

今回はそうならないためにも職場で嫌われる人の大きな3つの特徴について紹介したいと思います。

 

1.時間を守らない人は信用されない

 

最近では会社での人間関係がうまくいかずにストレスを溜めてしまう人も多くいます。

会社には色々な性格の人が働いているのですから、自分と相性が良い人もいれば悪い人もいます。

 

しかし他人から好かれなくてもせめて嫌われない様にしたいものです。

会社で嫌われる人の特徴で最も大きいのが、「時間を守らない人」です。

 

 

会社は組織として動き、業績を上げる為に社員が協力していかなければなりません。その為には社会人として最低のルールである時間を守ることは必須なのです。

何度も会社に遅刻してくる人はどんなに優秀であっても最終的に評価されないものです。

 

それだけではなく、会議の時間に遅れたり、締切を守らない人は周囲の人から社会人としての自覚が足りないとして嫌われてしまいます。

得意先との打ち合わせの時間に遅れる人は、会社の立場が悪くなることから仕事を外されてしまいます。

 

時間を守る為にはマイペースを良いことばかりではないと心得ておくべきです。

マイペースな人はトラブルがあっても慌てずに冷静に判断ができるので、一見して好かれそうな人物です。

 

しかしそれが度を過ぎると期限が迫っているのに一生懸命仕事をせずに休憩を取ったり、平気で有給を取ったりして、最終的には誰かが手伝ったりフォローしなくてはならないのです。
職場は協調性が大切となり、自分の都合だけで行動していては全員の士気が下がる原因にもなります。

時間を守らずマイペースを貫く人は職場で嫌われることになるので注意しましょう。

スポンサーリンク



 

関連記事→仕事が早い人遅い人の違いと遅い人のための2つの改善策

 

2.愚痴や文句をいう人はNG!噂話など口は災いの元

会社で仕事をしていて、不平や不満を感じないという人はまずいないと言って良いでしょう。

皆何かしらのストレスを抱えながら仕事をしているのですが、だからと言っていちいちそれを口に出して言わずに我慢をしているのです。

 

会社では大勢の人がそれぞれの自覚や責任を持って仕事をしています。

その組織は複雑であり、不平や不満を愚痴ってもそれですぐに全て解決できる訳でありません。

 

自分が我慢をすれば職場の雰囲気が丸く収まり、仕事をスムーズに進めることができると思っているからです。

 

職場で嫌われる人の特徴として、口ばかり動かして肝心の手が動いていない人という点があります。

仕事に対していつも愚痴や不満を言ってばかりという人は、聞いている相手にもストレスを与えます。

 

自分は不満があっても我慢してやるべきことをしているのに、傍で文句ばかり言っている人がいるとその人に対して嫌悪感を持ってしまいます。

そして愚痴ばかりを言う人はネガティブな気持ちになっているので、その気持ちから思わぬミスをする様になってしまうものです。

 

仕事に対する愚痴ばかりではなく、人の噂話や悪口を言う人は必ず嫌われます。

女性に多いのですが、噂話というのは面白くてやめられないもので、集団でいると必ずと言って良い程社内の人の話題になります。

 

 

しかしただの噂話で済まずに尾ひれをつけて話したり、悪口や批判をする様になると、その場で盛り上がっていたとしても後で「あの人が悪口を言いふらしていた」と言われて嫌われてしまいます。

 

 

口は災いの元であり、職場で孤立してしまう可能性がありますので注意しましょう。

スポンサーリンク



 

3.感情に左右され易い人は人が離れてゆく

社には男女関係なく「何となく好き」というタイプの人もいれば、「どうも苦手」というタイプの人もいます。

 

同じ内容の話をしていても、自分が好きなタイプの人に向かってはつい愛想良くしてしまい、苦手な人に対しては表情が硬くなってしまうものです。

 

しかしそこは社会人として最低限のマナーを守り、仕事に必要な話はきちんとしようと努力しなければなりません。

ところが職場には上司や先輩には媚びて、後輩には態度が大きくなるという人がいます。

 

 

中には異性に対しては優しく同性には冷たいという非常に分かり易い態度を取る人もいるのです。

職場で嫌われる人の特徴として、相手の役職や見た目などで態度を変えることが挙げられます。

 

 

職場は仕事をするところですから、勤めて同じ態度を取らなければなりません。

 

そして職場で相手への態度だけではなく、つい感情的になってしまう人も嫌われます。

確かに情熱的な方が仕事に対するやる気を感じさせるものですが、感情的になるのとは全く別の問題です。

 

 

自分の思い通りにならないと怒ったり、他人の失敗をしつこくなじったりする人は自己管理ができていない人とみなされます。

職場でみだりに大きな声を出したり荒々しい態度を取る人は、精神的に不安定であり誰もが関わり合いたくないと思う様になってしまいます。

 

もしも仕事に失敗したとしてもそれで自分の人格を否定されたことにはならないのですから、思い通りにならなかったとしても冷静に受け止める心構えを持ちましょう。

 

いかがだったでしょうか?自分でも気づかないうちに嫌われるようなことをしていたという可能性があるかもしれません。

 

今回紹介した3つの特徴に当てはまらないように意識して社会生活を楽しんでください!

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.