面接で質問はありますか?と聞かれた時に差をつける3つの面接術

面接で質問はありますか?といわれたとき
就職の悩み

面接官は、必ず面接の途中か最後に何か質問はありますか?と聞いてくると思います。

 

これはもちろん自分の会社に対する不安や疑問を払拭して欲しいという思いもあると思いますが、応募者の志望度を確認したいという意味合いもあります。

 

ということは質問はありますか?と聞かれたときにどう答えるかというのが非常に重要になってくるということです。

 

今回はそんな面接官に「質問はありますか?」と聞かれた際のベストな答え方を3つほど紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 

①質問がない場合はこう答えましょう

 

面接に限らず、人は興味がある事に関して、色々と知りたくなって色々と調べたり、質問をしますよね?

 

 

面接官もそれと同様に応募者が、本当に自分の会社の事を知りたがっているのか、入社したいのか、という部分を引き出すためにもこの質問をしているのです。

 

ですから、”特に質問はありません。” や “面接の中で色々と理解できましたので、質問はありません。”という回答はできるだけ避けたほうが良いと思われます。

 

仮に自分が質問しようと思っていた事が面接の中で解消されてしまったなら

 

“仕事内容の事を質問しようと思っていましたが、面接の中で丁寧にご説明頂き、自分の経験にマッチしていると感じました。他に質問はございませんので、何卒、よろしくお願いします。”

 

といったように、せめて、自分の聞きたかった具体的な内容をアピールしておく事が大事だと思います。

 

しかし、これは、自分の質問が面接の途中で解決されてしまった場合の退避策なので、そうならない為にも最低3個程度は、質問内容を用意しておく必要があると思います。

面接官は、応募者の志望度・本気度を見たいと思っている事は理解した上で面接に臨んで欲しいと思います

 

②質問の個数は、面接の形態に応じて変化させて下さい

質問をするにあたって、何を聞けば良いのか?

 

とお思いの方がおられると思いますが、中には、質問ならいくらでもあるという方もおられると思います。

 

質問は必ず準備しておいては欲しいのですが、

 

  • 個人面接
  • 集団面接
  • 一次面接
  • 最終面接

面接といってもさまざまな種類があります

 

そのほかにも自身の面接の後に他の応募者の面接が予定されているか ?等々によって、質問数はコントロールしたほうが良いと思われます。

 

もちろん、面接時は緊張しているのでそんな余裕はないかもしれませんが、面接官は、他人への気配りができる人間かという側面も見ています。

 

特に集団面接なら

 

  • 他の応募者にも気を配っているか?
  • 他の人の話に耳を傾けているか ?

 

という面に重きを置いているはずですので自分をPRする事も大切ですが、質問数は控えたほうがよいと思われます。

 

逆に最終の個人面接で、あなただけを最終的に見極めされているような場においては、たくさん質問をして、志望度の高さや本気度を大いに見せたほうが良いでしょう。

 

もちろん、ただやみくもにたくさん質問すればいいというわけでなく、自分のやりたい事に絡めて質問をしたり、自分の長所と絡めて質問するなど工夫もして頂きたいと思います。

 

企業は、皆さんもご存じの通り、たくさんの人間が働いている組織です。

 

個の能力は、とても大切な要素ですが、その中で上手くコミュニケーションを取れるような人材を求めています。

 

面接を通じて、個を見極めていく中で他人への気遣いといった部分も必ず見られていますので、質問の個数一つを取っても臨機応変に対応して欲しいと思います。

スポンサーリンク



 

③何でも質問するようにし、そこに本気度をちりばめましょう

 

今の時代、企業側が頭を悩まされているのは、採用難と早期離職の問題です。

 

アベノミクスの影響もあり、大企業を中心に求人数が大幅に増え、そこに少子高齢化が絡んで、特に中小企業を中心に人材を確保できないという状況が続いています。

 

新卒の方や転職希望者にとっては、空前絶後の良い状況にあるのは間違いないと思います。

 

ですので、この機会を逃さず、より良い企業への就職を実現するには、やはり、応募企業を良く知る事が大切になってきます。

 

より色々な事を知るためには、会社説明会や筆記試験、そして、面接で訪問した際にそこで働く人をしっかりと観察したり、色んな機会で質問して、それを自分なりに噛み砕きながら、企業の取捨選択を行なってください。

 

内定を多く得たいという気持ちも充分理解できますが、そこで働くのは自分自身です。

 

いくら世間的にその企業が良いと思われていても、自分自身が違和感を抱くのであれば、結局は早期離職に繋がりますので、そこは冷静に慎重に判断して貰いたいと思います。

 

このように今は、あなた自身が企業を吟味できる環境にあります。

 

従って、面接の際は、自分に合った企業を見つけるためにもどんな事でも質問したほうが良いにきまっています。

 

条件面等の質問をしたら、心証を悪くしないか?と思う方もおられますが、面接官もバカではないですから、応募者が求めているものと企業が提示できるものを判断して、尚且つ、入社後のトラブルや早期離職に繋げたくない思いから、正直に回答をしてくれると思います。

 

勿論、そこにこの企業で働きたいので質問させて頂くというエッセンスは加える必要はありますが。

 

最後に面接は、自分自身の疑問や質問を解消し、自分に合った企業かを見極めるあなた自身が企業を面接する場でもありますので、大いに活用するようにして下さい。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ