定時で帰りたいことは悪いことではない理由と定時で帰る方法

定時で帰りたい
仕事上での心の悩み

定時で帰りたいなー…と思うことは良くあるかと思います。

ですが定時で帰りたいと思うことは周りにやる気がないと思われそう

だとか

評価を落とされそうと悩み

なかなかストレートにいえないものです。

そのほかにも自分が変えることでその穴埋めをしなくてはいけない人が居るといった状況ですと

相手に迷惑がかかるかも知れないと考えただけで

定時で帰りたいと言い出しづらくなってしまうということもしばしばありますよね。

ですが定時で帰りたいと思うこと、言うことは悪いことではまったくないのです。

今回はなぜ私が定時で帰ることが悪くないことなのか?の理由と定時で帰るための方法などを紹介していきたいと思います

スポンサーリンク



定時で帰りたいと思うことは悪いことではない理由

定時で帰りたいけど帰れない状況に問題があるから

残業で帰れない

社会人になると毎日の仕事を

頑張って帰宅するというサイクルが出来上がりますが、

通常であれば就業規則で決められた定時で

仕事を終えることは何ら問題のあることではありません。

就業規則で決められている以上、それが当たり前の権利だと言えます。

しかし現代社会ではなかなか定時で帰れない、

定時で帰ることに後ろめたさを感じてしまいやることが無いのに仕方なく会社で残業を行うという人も少なくありません。

これはこのような状況を作り出している職場にも大きな問題があると言えます。

定時で帰ることに後ろめたさを感じてしまうと言うケースの場合

自分だけ与えられた仕事が時間内に終わっており

周りの社員は時間内に仕事が終わらなかったということですので、

むしろ自分は時間内に仕事を終えているわけですから

会社から見れば生産性が高く仕事の効率が良いと言うことになります。

 

その為周りの社員に気を使う必要は一切ありませんし、

むしろやることが無いのに残業を行う場合、

会社の経費も大幅に増えることを考えれば定時で仕事を終えて帰宅するほうが

会社にとってもプラスになる要素が多いと言えます。

 

その為自分のやるべき仕事が終わった場合には

胸を張って帰宅すればよいわけですし

なんら後ろめたさを感じる必要も無いと言えます。

 

もちろんやるべき仕事が終わっていないのであれば

残業を行う必要がある場合もあるでしょうが

やはり仕事の効率を考えた場合にはきちんと

定時で仕事を終えて続きは翌日に終わらせるほうが良いでしょう。

大事なことは仕事以外にもあるから

毎日残業残業となっては何のために生きているのかわからなくなりますよね?

仕事が好きでやっているというかたも中にはいますが

大抵の人はお金が必要だから働いているのだと思います。

そしてそのお金を使うことで人生を有意義に過ごせるのです。

 

そんなあなたの有意義な人生を残業で塗りつぶされていいのか?

人生を有意義にするための仕事で人生を費やすのは間違っていると思いませんか?

そんな仕事終わりの大事な時間を大切にしたいと思うことは当たり前なのではないかと思います。

 

だからこそ、定時で帰りたいと思うことはまったく悪いことではなく

普通のことなのです

定時で帰ることで楽しいことが増えるから

毎日定時で帰ることができることが絶対のことだったら…

ワクワクしませんか?

仕事終わりに

  • 帰り道で気になっていたお店に寄ったり
  • バッティングセンターでストレス解消をしたり
  • 彼女とのデートを楽しんだり
  • ゆったりと湯船に浸かったり
  • 何もせずダラダラしてみたり

などなど…

しかし残業をするとこういった

楽しいことをする時間が最悪なくなってしまうのです。

残業すると閉店してしまうお店だってありますし

予定だってもちろんたてられません。

そればかりか時間がないから早く寝ないとという気持ちになってしまい

何もすることができなくなってしまうのです。

帰ったらご飯を食べてお風呂に入って次の日も早いから寝る

なんて生活楽しいわけがありません。

 

そんな楽しい時間がまっているからこそ

定時で帰りたいのです

それは悪いことでしょうか?全く悪いことではありません。

基本的に仕事はしたくないものだから

素直に単純に考えてみましょう。

仕事好きですか?

きっとほとんどの人はNOということでしょう。

お金がないと生きていけないから働いているという人がほとんどです。

そう考えると

定時で帰りたい

と思うことは当然ですよね?

だって極力仕事はしたくないんですから

ただそれを素直に思っているだけのことで

全く悪いとこではないですし間違ってないのです。

  • 仕事にはやりがいを感じなければいけない
  • 仕事は無理をするべき
  • 仕事は理不尽でも我慢するべし
  • 仕事を嫌いとはいってはいけない

というようななんとなく社会人になると強要されるような上記のことのほうが

よっぽど間違ったことのように思えます。

こういった仕事における不思議な強要が

定時で帰りたい

という当たり前の気持ちに蓋をしているのです。

スポンサーリンク



定時で帰るための方法

NOといえるように自己改革を

定時で仕事を終えて帰りたいと思うことは決して悪いことではありません。

そのため本来であれば誰に遠慮することなく定時で仕事を終わらせて帰っても良いわけですが、

定時で帰れない理由の中には帰る前に仕事を押し付けられてしまうと言うケースもあります。

 

関連記事→仕事を押し付けられる人必見!うまくかわす3つの対処法

 

 

この場合、多くの人がNOと言えずに仕事を引き受けてしまい

それがやりたくない残業に繋がることになるわけです。

残業をすれば残業代も出るからいいやと考える人も中にはいると思いますが

問題は一度でも妥協して仕事を引き受けてしまうと

それが何度も続くことになる可能性が高く

常に定時では帰れないような状況を生み出してしまうことにあります。

 

そもそも定時で帰るということは悪いことではありませんから

定時で帰りたい場合は無理な要求にはNOとはっきり言えるようになることが重要になります。

一度でもNOといってしまえば次からは無理な要求や仕事の押し付けは行わなくなりますし、

本来そういった要求に対してはNOと言わなければいけないでしょう。

 

もしあまりにもそういった行為が続くのであれば労働基準法的にも問題となる可能性がありますし

それによって会社に不利益となることのほうが多くなる可能性もあるのです。

 

出来ない場合は出来ないとはっきりと伝える強い気持ちを持つことが

定時で仕事を切り上げて帰宅するためには必要なことだといえるでしょう。

もちろん自分に関係のある今日中にやらなければいけない仕事の場合は

率先して引き受け早めに終わらせるようにすることも必要です。

 

 

 

残業によってもたらされるデメリットを考えてみてください

定時で帰りたい

定時で帰りたいとはっきり言えない人の場合

周りに同調して残業を繰り返し定時で帰れないという日々を送っている場合も多いのではないでしょうか?

その場合定時で帰れないということが大きなストレスとなっている場合も多く

自分でも知らず知らずの内に精神的な負担が大きくなっている可能性があります。

 

残業をするということは時には必要なことだと思いますが

残業時間が延びれば延びるほど仕事の効率は悪くなり生産性も大きく低下することが分かっています。

 

しかも長時間にわたる残業の場合精神的ストレスの度合いも非常に高くなりますので

定時で帰らないということは仕事にも体にも悪影響となることのほうが多いと言えるでしょう。

 

そのため毎日の仕事をストレスなく行なうためにも

 

  1. 定時で帰れるように仕事を時間内に終わらせることが出来るスキルを身に付ける
  2. 周りに文句を言われないような状況を作り上げる

 

ということが非常に大事になってきます。

そうなれば定時に帰宅しても何ら文句を言われることはなくなるでしょう。

もしチームで仕事をしている場合には、

チームの仲間と相談して定時で帰れるような仕組みを作るのも有効な手段です。

 

今日はここまでといったようにきちんと仕事とプライベートの

メリハリを付け定時で帰れる形の予定を組むと言うことも重要なことだと言えます。

 

最も大事なのは職場自体が定時で帰ることができる雰囲気であることが大事ですので

職場全体で取り組みを行うことも必要になってくるでしょう。

 

関連記事→土日は休み。違うのかい?休日出勤の上手な断り方

スポンサーリンク



残業のないところに転職してしまうのも1つの手段

一番手っ取り早い方法が残業のないところに転職してしまうことです。

今の仕事を続けていても残業を断るなどをしている限りは会社からはあまり評価されることはないでしょう。

それならば定時で帰っても何も思われずしっかり評価されるところへ転職してしまうのも1つの手ではないでしょうか?

DODAという転職サイトがあるのですが

そちらでは直接サイトさんのほうに相談やカウンセリングを受けることができます。

そしてあなたが提示した条件にマッチした求人を探してくれます。

 

そこであなたが定時で帰りたいんだという希望を言えばその希望に沿った求人を探してくれます。

残業のない職場に出会うことができれば定時で帰りたいと悩むことはなくなりますし

上記で紹介したような残業によるデメリットは発生しません。

なので試しにでも重い腰を上げてみて転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

 

この記事ではそんな

  • 相談に乗ってくれて
  • カウンセリングもあり
  • 非公開求人などの様々な求人が多い

サイトを紹介させていただきたいと思います。

 

上記で説明した転職サイトがこちらなのでぜひ定時で帰りたいと思っている方は参考にしてみてください


ページの先頭へ