仕事に疲れた時は転職や休んでもいい事を勧める3つの理由

今の仕事に疲れた
仕事上での心の悩み

今の仕事に疲れてしまって、休みたいと思うときはありませんか?

 

誰からも責められる事無く楽して仕事をしたいと夢のような事を願う方もいるかも知れません。

 

残念ながら社会ではそのような甘えは通じず必死で毎日を生き抜いているのが今日の日本社会の現状です。

 

そんなときは転職してもいいし、もちろん仕事を休んでもいいんです。今回はなぜそれでもいいのかの理由などをお話ししたいと思います。

 

休むことでいい変化を生むこともある

 
毎朝決まった時間に起床して勤務後帰宅して入浴、夕食を済ませまた次の日も同じ事の繰り返し、たまにこんな事が理不尽に思えたり一体何ために過酷な毎日を過ごしているのだろうと路頭に迷う方も多いのではないでしょうか?

 
ブルーマンデーとも呼ばれる禁断の月曜日は特に顕著に体が拒否反応を起こし強烈に仕事に行きたくない、休みたいと感じる事はある一種のサインの兆候と捉えて下さい。

 

関連記事→誰もが悩む「月曜の朝」 辛い気持ちを解消するおすすめ方法3選

 
また出勤してもどうせ怒られてばかりで仕事の役に立てていない、自分なんかいない方が作業効率が増すと被害妄想を受け出勤するのを強く嫌う症状が多く見られています。

 

関連記事→仕事で怒られるのが怖いと悩んだときの3つの対処法

 

 

関連記事→仕事の効率をよくしたいと思う人が持つべき意識の3つのポイント

 

そのような時の解決策としては無理せずに休めばいいのです。

 

休むと会社に迷惑が掛かる、次回出勤する時に周りからの目があって出勤しずらいなど先入観を持って物事を捉えがちですが、1日だけでも休日を取る事で体の疲労はもちろん心をゆっくりと落ち着かせる時間が必要です。

 

ストレス解消やリラックスできる休日に充てる事が求められるのです。

 
日々の繰り返しのパターン化された何の面白みも無いサイクルが一体自分のため、会社のために役に立っているのかと疑問に思われた方はまず無理をしない事と1日くらい休んで心身共に落ち着かせる事が大事です。

スポンサーリンク



 

無理しすぎた結果が最悪の結末にならないためにも休むことが大事

 

近年雇用環境で言われている問題に労働基準法を完全に無視したブラック企業や超過労働などが取り立たされていますが、過酷な勤務を強要されたうえ精神状態がおかしくなり欝を発症したり過労死や自殺にまで追い込まれた残念なケースも事実として多く発生しているのが現状です。

 
一番の原因は仕事におけるストレスで目には見えないストレスだからこそ日々蓄積され様々な目に見える症状として現れてきます。

 

体のだるさや動悸などが心因性のストレスの症状で症状が悪化すると息が苦しくなったり胸に痛みを覚えたりと仕事はおろか日常生活にまで支障を来す結果となってしまうのです。

 
やりがいがあり日々の仕事の中で達成感を得られるためには第一に健康な心身が資本となりますのでストレスの溜め込みすぎは注意が必要になります。

 
やはり対処法としましては休みの日などはストレス解消に徹する事が求められ時間を忘れて没頭できる趣味を1つ見つけてみたり、カラオケや食事、買い物などでストレスを発散させてあげる事が明日、来週、来月とつながっていくのです。

 

また適度な運動を毎日の生活に取り入れる事も効果があり通勤や帰宅時にウォーキングを実践したり休憩中でも軽いストレッチを行う事でリフレッシュできる効果があるのです。

 
ストレスを貯めておける許容範囲やストレスだと感じる言動に個人差はありますが意識してストレス解消が計れる時間を作り心身共にリフレッシュした状態で仕事に向き合う事が大事なのです。

スポンサーリンク



今の仕事が全てではない。転職も視野に自分に何ができるのか見つめなおしてみよう

 

どのような分野、職種においてでもプロフェッショナルと呼ばれる天職で仕事をしている方も多くいる一方、作業ミスが多くこの仕事は自分に合っていないのではないかと考える方も多くいらっしゃる事でしょう。

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

所謂適正と言われる職種に誰もがすんなりと就けるわけではなくやりたくないけど生活のために妥協して勤務されている方も多くいらっしゃる事でしょう。

 
世の中にはありとあらゆる職種がありますので今やっている仕事が全てではありません。

 

会社を休みたい、辞めたいと頻繁に考える方は転職も視野に今一度ライフワークを振り返ってみることが大切です。

 
職場環境や作業内容、人間関係を一新する事で違った発見があるかも知れませんし仕事に対する向き合い方や考え方の仕事観にも変化が出て来るかもしれません。

 
新卒や第2新卒で入社し定年まで一度も転職する事無く勤務する事も大事ですが、転職を機に成功を納めた方も多くいる事を忘れてはいけません。

 
あれほど仕事に行きたくないと感じた前の会社と比べ転職した事で仕事に対して打ち込めるようになったり一日の勤務を終えた時のやりがいや達成感を感じるようになれたりと転職には様々なメリットを含んでいます。

 
またスキルアップを計ったり希望する職種に転職したい方でしたら資格や免許を取得して転職に活かす事も成功への近道と言えるのではないでしょうか?

 
今の自分に迷った時は一度ゆっくり休んでライフワークを見つめ直し、ストレス解消に努め、転職も考えてみる、この3つが解決へのポイントとなるのです。

 

関連記事→天職の見つけ方とその前に理解しておいて損はないこと

スポンサーリンク



ページの先頭へ