退職理由の例

仕事の疑問

嘘でもいいのが退職理由。その無難な理由の例を紹介します

投稿日:

仕事を辞める際、社内での話し合いや面接で最も考え悩むのが退職理由。

 

面接はもちろん、社内の上司を説得させるのもそうですが、退職日までは社内で会う人がみな、辞める理由を聞いてきます。

 

ですので、円満に辞められるように前もって考えておきたいところです。しかし、なんと答えるのが無難なのでしょうか?

 

円満退職には嘘も必要です

 
まず、退職理由の前提として、ストレートに本当のことを話すか、嘘をつくかというポイントがあります。

 

嘘をつくことが倫理的に良いか悪いかは、ここでは考えません。

 
たとえば、会社に仕事上や人間関係上の不満や問題があって辞めようと思った場合、その辞める会社にこれまでたまった不満をぶちまけたところで、何一つ自分にも会社にも良いことはありません。

 

ここでは、怒りや本心は抑えて、キャリアアップなどの適当な理由を言うべきです。

 

また、自分が思っていることや、これまで感じてきたことを正直に話すと上司に引きとめられてしまいそうな場合や、怒りを買ってしまいそうな場合も同様で、やはり、適当な理由を言うに越したことはありません。

 
履歴書でも職務経歴書でも、その後の企業との面接でも本来であれば、退職理由といったものは基本的には「一身上の都合で退社」だけで十分なはずです。

 

自分が辞める時には本当の辞める気持ちをわかってほしい、こんなことで困っていた人間が会社にいたことをわかってほしいと正直に考えてしまう方もいらっしゃるようですが、いかに円満退職するかにポイントを絞り、考えましょう。

スポンサーリンク



 

関連記事→「仕事を辞めたいのに言えない」方のための対処法3選

 

嘘と言ってもバレるような嘘はつかないようにしましょう

 

円満退職には嘘も必要であることは前述のとおりですが、ここでポイントとなってくるのが、バレる可能性のあるような嘘はつかない方がいいということです。

 
あまりに嘘だとはっきりわかるような退職理由は論外ですが、それまでの自分自身の行動で、相手がどこか突飛だと感じてしまう退職理由も、あれやこれやと詮索され、危険です。

 
よくあるバレてしまう嘘として、親の介護や海外留学といった退職理由が挙げられます。

 

どちらも国内で働いているところを見つかったり、親が元気なところを会社関係者に見られてしまったりするケースもあるのです。

 

また、これまで英語に興味を持ってなさそうな人がいきなり海外留学などというのはバレる以前に無理がありますし、親の介護なども、中には「診断書を見せてください」と会社に突っ込まれてしまう場合もあるため、ここまで追い込まれると、何もかもが不利になってしまいます。

 
それから、最近の嘘の退職理由として目立つのが、心の病を装って辞めてしまうケースです。

 

うつ病やパニック障害など、最近では様々なストレスから、心に病を抱える社会人が増えてきました。

 

周囲に一人くらいいるのが普通という世の中であるため、こうした病であるといった嘘の理由で辞めようとする方もいるようです。

 

ですが会社の内外をはじめ、周囲のいろいろな方々に心配やご迷惑をかけることになり、良い退職理由とは言えません。

 

こうした際、会社側は善意で求職や部署移動などの代案を提案してくれることもあり、かえって面倒なことにもなりかねないからです。

スポンサーリンク



 

対社内、対応募企業への無難な退職理由とは?

 

無難な退職理由は対社内、対応募企業において、同じで良いでしょうか?それとも変えるべきでしょうか?

 
まず、対社内ですが、あれこれと考え過ぎてしまうのも時間の無駄遣いなので、「キャリアアップ」と答えるのが無難でしょう。

 

その際、そのキャリアアップは社内ではできない理由もきちんと述べたうえで、特定の業種でいくつかの企業を簡単に下調べし、以前からこのような仕事をしてみたかったと答えられれば、会社側も納得してくれるでしょう。

 
次に対応募企業への退職理由を述べる場合です。

 
対応募企業への無難な退職理由もいくつかありますが、ここでは2つご紹介します。

 

一つ目は「キャリアアップのため」

 

今よりもキャリアアップしたいというのは対応募企業においても一番無難な理由です。

 

マイナスイメージにはまずならないため、答えやすい理由ですが、面接官も数多くの受験者から聞く理由で飽きているところもあるので、こうした際はさらに具体的にどんなスキルを磨いて、どのようにキャリアアップしたいのかを答えられるようにしておきましょう。

 

2つ目の退職理由は「御社で働きたかったから」

 

あれやこれやと前職での不都合や感じたことを述べるのではなく、今後どうしたいのかといった想いを素直に伝えることこそ重要です。

 
前職で働きたくなくなった理由を懇々と述べるよりも、応募企業で働きたいから前職を辞めたと答えた方が前向きであり、何よりその企業への愛が感じられるので、理由としては無難なのです。

 

関連記事→新入社員で辞めたいと思っている人が楽になる4つの考え方

 

関連記事→退職して後悔した体験談 3つの後悔したこと

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.