仕事が辛い

仕事上での心の悩み

仕事が辛いと悩んでいる方必見!3つの楽になれる考え方

投稿日:

仕事が辛いと感じる人は、自分だけがこんなに複雑な仕事を抱えているのでは?嫌な思いをしているのでは?

 

 

という気持ちが強くあるものです。

しかし仕事は多かれ少なかれ、やってみれば「面倒くさい」と思うところが見つかるものです。

 

今回はそんな仕事が辛いと悩んでいる方が楽になれる考え方を3つ紹介します。

 

1.誰にも辛い時期はあるものだと思う

「事務の女性は言われたことをやっていれば良いので楽でいい」

 

「受付は締切がなくて気楽だ」

 

と思ってどんな仕事でもその仕事をすれば必ず「こんなはずじゃなかった」と感じます。

しかしそれを表情や口に出すか出さないかで、その人が成長できるかできないかが決まるのです。

仕事が辛いと思ったら楽になれる考え方は「誰にでも辛い時期はあったはず」と思うことです。

誰でも会社に入社した時にはゼロの状態から始めます。

仕事に関して分からないことがあったり、失敗することもあったでしょう。

昇進してより上の肩書を持つ人程苦労が多いと言って過言ではありません。

目の前の課長や部長よりも、社長の方がより多く辛い経験をしているに違いないのです。

しかしその辛さに負けてしまっていたら今のポジションはなかったでしょう。

仕事が辛い、でも続けていこうと思ってこそ前に進むことができたのです。

そしてその道を後ろから自分達が追って歩いているのだと思いましょう。

社長や役員の姿を見かけることがあったら「この人たちは今でこそ安泰だけれど、今までどんな苦労をしてきたのか」などと想像してみて下さい。

仕事は辛いけれど今特に会社の業績に関わる程の失態を犯した訳ではないという状態ならば、その方が幸せだと思いませんか?

スポンサーリンク



 

関連記事→仕事に限界が来てしまった場合の3つのケース別対処法

 

2.自分の理想のハードルを下げてみよう

 

仕事が辛いと思う人は真面目なタイプが多く、自分が理想とするサラリーマン像に近づけないことで悩みや不安を感じているものです。

確かにバリバリと仕事をこなし、誰からも信頼される人物になれればどんなに毎日が楽しいことでしょう。

しかし世の中の誰もがそんな優秀な人材になれる訳ではないのです。

 

関連記事→要領が悪い人が要領よく仕事をこなす3つの仕事術

 

他の人が褒められているのを耳にすると余計に劣等感を持ったりしますが、会社というのはいちいち他人のパフォーマンスを気にしていたらきりがありません。

他人と比較して「どうして自分は他の人の様にテキパキと仕事がこなせないんだろう」と焦る気持ちをまず捨てましょう。

仕事が辛いと思わず楽になれる考え方は「自分に対するハードルを下げる」ということです。

仕事で立派な成果を上げたいとか、人に評価される様な結果を出したいと思う気持ちをまず捨てて、毎日自分がやるべき業務をきちんとこなすことを考えましょう。

自分の仕事の成果や人からの評価を気にせずに、毎日仕事上のミスを少なくする様に心がけます。

営業職になるとノルマがあったり、個人的に目標を設定してそれを達成させないと昇給に影響するというシステムもありますが、それができないと思ったら早めに上司に相談すれば良いのです。

アイデアが浮かばないのに無理に考えるよりも、上司と相談して目標を変えることも考えて下さい。

宮沢賢治の詩ではありませんが、特に褒められなくても、信頼されなくても、会社に自分の居場所があり、誰からも邪魔にされていないと思うだけでかなり気持ちが楽になる筈です。

スポンサーリンク



 

3.仕事を辞めるのははっきり言って簡単だと思うこと

 

仕事が辛いと思う人の多くは「できれば会社に行きたくない」と考えてしまうものです。

 

関連記事→明日仕事に行きたくない・・退職する選択肢も持つべきでは?

楽になれる考え方として一番手っ取り早いのは「辞めるのはいつでもできる」ということです。

現在の労働基準法では最低2週間前に退職届を出せば認められます。

その2週間有給休暇が使えれば、明日から会社に来なくても済むのです。

しかし実際に会社を辞めてしまった時のことを考えてみましょう。

外は天気も良く、遊んでいるのは乳幼児とママさん、街には老人が散歩しているだけ、そして自分には今何もすることがない・・そんな毎日の方が余程辛いと感じる筈です。

こうしている間に会社の人達は文句を言いながらもオフィスで一生懸命働いている、そう思うと大きなコンプレックスを感じてしまいます。

今仕事が辛くても自分は社会人として立派に社会貢献しているというプライドを持って下さい。

辞めるのはいつでもできるけれど、失ったポジションは簡単に取り戻すことはできません。

もっと楽になれる考え方としては、人間選ばなければ夜勤でも住み込みでもして稼ぐことは可能です。

でもその仕事は本当に今の仕事よりも楽だという保証はありません。

どうせ会社を辞めるのならば、よりよい条件の会社に「是非来て下さい」と言われる様になってからにしたいですよね。

仕事が辛いと感じる今するべきこと、それはその辛い仕事を極めて自分の強みとして、将来的に転職をする際の自己PRに繋げられる様にすることではないでしょうか?

 

関連記事→絶対に知っておきたい転職の2つのメリットとデメリット

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.