誰も得はしない

就職の悩み

ブラック企業から逃げたい!ブラック企業の3つの確実な辞め方

投稿日:

仕事を辞めたいというその悩み、もしかしたらあなたの勤める会社がブラック会社だからではないですか?

 

今回は色々とある仕事を辞めたいと悩むことの中でも、ブラック企業の辞め方について3つのやめ方を紹介していきます。

 

辞め方1. とにかく連絡に応じない

 

まず第一のやめ方は、絶対に連絡に応じないということです。
ブラック企業は辞職を申請しても、一度で首を縦に振ってくれることは絶対にありません。

 

貴重な労働力をみすみす逃すわけにはいきませんから、向こうもあの手この手で引きとめようとします。(引きとめるというか囲う)

 

その最も多い手段としては、とにかく電話をかけまくることです。

 

携帯電話、自宅の固定電話、実家の電話などとにかく自分に関わる電話にうんざりするほどかけてきます。
最悪の場合、自宅に押し寄せてくることも。
そして一度それに応じてしまうと、猛烈な「辞めるな攻撃」が始まります。

 

これ、何が目的というと辞めてほしくない一心で行っているわけではありません。
向こうはあなたが疲弊するのを待っているのです。

 

「疲れた」「もう嫌だ」「やめてほしい」「いっそ向こうの要求に応じてしまおう」など、人は疲れていると正常な判断が出来なくなります。
よく冤罪で逮捕される人は、最初の内は容疑を否認するものの、刑事による度重なる事情聴取や半ば強引的に犯人扱いされる状況に、ついには冤罪にも関わらず罪を認めてしまうのです。

 

ブラック企業社員から猛烈な「辞めるな攻撃にあい」疲弊しきった状態はこの冤罪の心理と同じ状況です。
「自分に限ってそんなことはない」と思わないでください。

 

その考えが非常に危険であり、ブラック企業からの連絡には断固として応じないことが大切です。
スポンサーリンク



関連記事→会社が退職させてくれない場合に行うべき3つのこと

 

辞め方その2. あくまで正式に辞める

 

ブラック企業の辞め方その2は、どんなブラック企業でも無断欠勤をしたり(いわゆるバックれる)することで、会社を辞めることは避けましょう。
なぜなら、場合によっては次の転職先に響くということと、無断欠勤をしたということに対して後ろめたさを感じてしまうからです。

 

転職する際、転職先の人事担当が前職に連絡を取りあなたの勤怠について尋ねることは珍しくありません。
もしもあなたが無断欠勤にて仕事を辞めたことが分かれば、採用されることはまずないでしょう。

 

そのためどんなブラック企業であっても絶対に無断欠勤はしないでください。
そしてそんなブラック企業のせいで後ろめたさを感じるのも馬鹿馬鹿しい事です。

 

ブラック企業を辞める際は、必ず正式な手順で退職申請をしましょう。
まずは上司に相談してください。恐らく前途したようにすぐに首を縦に振ることはないでしょう。

 

しかしそれでも負けずに辞める意思を貫きとおしましょう。
そもそも、会社が一個人の辞職を縛り付けることは出来ません。
「社員が辞職2週間以上前から申請をしていれば、企業はいかなる理由であってもそれを抑制することは出来ない」

 

これは労働基準法にしっかりと明記されている法令です。

 

ですので、強気な態度でいてください。
たとえブラック企業の社長であったとしてもあなたの辞職を止められる者はいません。

 

 

そして、辞職を申請してから「辞めるな攻撃」に合うのであれば、前述したように決して応じてはいけません。

 

関連記事→仕事を無断欠勤してしまった時に行うべき行動とデメリット
スポンサーリンク



 

辞め方その3. 労働組合に相談する

 

あなたがどんなに辞職の強い意思を貫いても、辞職をさせないどころか嫌がらせをするブラック企業まで存在します。
そんなときは、迷くことなく労働組合に相談しましょう。

 

労働組合の介入によりブラック企業が不利な立場に立たされる場合もありますが、こちらも人生がかかっているのでそんなことには構っていれらません。

 

ここで重要になるのは、ブラック企業である証拠をしっかりと残しておくことです。
例えば、毎日の残業時間を記録してください。

 

もちろんブラック会社は定時でタイムカードを押させて残業させるので、ノートにでも記録しておきましょう。
加えて毎日深夜帯まで会社で残業をしているという証拠写真がされば尚良いです。
それと毎月の給与明細を定時すれば、サービス残業をさせられているという立派な証拠になります。

 

関連記事→サービス残業が当たり前の会社に勤めてしまった時の対処法3つ
また、日々罵声を浴びせてくるような上司や先輩がいるようなブラック企業であれば、ボスレコーダーを持ち歩き録音しましょう。
明らかなパワハラ・モラハラとして証拠を残すことが出来ます。

 

関連記事→上司のパワハラモラハラ攻略マニュアル2選

 

これを持って労働組合に駆け込めば十中八九退職出来る他、未払いとなっている残業代を取り戻せる可能性もあります。
どうしても辞められそうもないと感じたら、すぐに労働組合に駆け込みましょう。

 

 

以上、ブラック企業を辞めるための3つの方法を紹介しました。
「自分の甘えだ」とは考えず、ブラック企業に勤めているのであれば心身が擦り切れる前に辞めるための行動を起こしましょう。
スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-就職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.