言われたことしか出来ない悩みの3つのタイプ別解決法

コミュニケーションがうまい
仕事上での心の悩み

社会人となり仕事を行なう上で、与えられた仕事しかこなさないと言うのは他の社員や上司からしてみれば言われたことしか出来ない社員だと言われてしまうのも仕方が無いことかもしれません。

 

今回はそんな言われたことしか出来ないと悩んでいる方に試してもらいたいタイプ別の3つの解決法を紹介します

 

まずは言われたことしか出来ないのは何故か?を自分で考えて見ましょう

 

言われたことしか出来ないという社員にも種類があり

 

  • 仕事にやる気が無くて言われたことしかやらない社員
  • やる気はあるけれど言われたこと以外何をして言いか分からない社員
  • 言われたこと意外をやりたいけれど怒られるのが怖い

 

という社員がいます。この場合どの社員のケースでもそれぞれに問題があると言えますし、逆に言えば問題があるということはそれを改善する解決策もあるということになります。

 

その為自分自身で言われたことしか出来ないと感じているのであれば、自分がどのケースに当てはまる社員なのかを把握することからはじめ、その当てはまるケースに対応した対応策を講じると祝えたこと以外の仕事も徐々に出来るようになるのではないでしょうか?

 

1.やる気が無くて言われたことしかやらない社員の場合

 

これは仕事に対する目標もモチベーションも欠落していると言えます。

 

その為ただ惰性で言われたことだけをこなすと言う状態になっていますから、まずは自分自身で仕事のやりがいを見つけること、目標を立ててそれに向かって仕事を行なうことが必要となります。

 

目標があればいわれたこと以外の仕事にも意欲がわいてきますから、自分自身の考え方を少し変えてみるということがポイントとなるでしょう。
スポンサーリンク



関連記事→明日から実践できる仕事のモチベーションのあげ方3選

 

2.自分では何をしていいか分からない場合の対処法

 

言われたことしか出来ない社員の中には、仕事に対するモチベーションもやる気もあるけれど、実際には与えられた仕事以外に何をしていいか分からないと悩んでいる社員も多いと言えます。

 

これは特に新入社員に多く見られる傾向で、新入社員だからやる気はあるけれど仕事をまだ把握できていないため言われたこと以外の仕事は何をすればいいか本当に分かっていないというケースとなります。

 

この場合、言われたことしか出来ないと上司などに言われないためには、言われた仕事が終わったら率先して次は何をすればいいか聞いてみるということが重要になります。

 

言われたことしか出来ないと言われてしまう場合、いわれた仕事が終了しても何もせず動かない場合が多いです。

 

そうならないように率先して自分から上司などに話しかけ動くことが重要になります。

 

率先して動けばそれだけ新しい仕事も与えられますし、与えられた仕事が増えればそれだけ経験値も増え自分で何をすればいいかも見えてくることになります。

 

もっともダメなのは受身で仕事を待つという状態ですから、受身では無く攻めの体勢で仕事に臨むようにすれば、上司や周りの見る目も変わってくることになります。

 

その結果おのずと仕事のノウハウも分かるようになり一人前の会社員として自立することが出来るのではないでしょうか?

 

率先して動くことは見た目にも活発に見えてやる気があるように見えるので、自分自身で動くように心がけましょう。

 

関連記事→「仕事がわからない」と聞けない悩みを解決する考え方

 

スポンサーリンク



3.怒られるのが怖い場合の対処法

 

言われたことしか出来ない社員の場合、実際には色々と仕事をしたいけれど上司や周りの社員に怒られるのが嫌だと感じている人も非常に多いといえます。

 

怒られるのが怖いからそれなら言われたことだけこなしておけばいいという考えになってしまっているわけです。

 

もちろん勝手に動いて仕事を失敗するというのは大きな問題があると言えますが、上司などに話をして仕事を自分から率先して行ない失敗して起こられた場合には、それは価値ある失敗であると言えますし、その失敗によって起こられたことが次の仕事に繋がることになります。

 

誰だって初めから完璧に仕事をこなすことが出来る人はいませんし、怒られるのが怖いから言われたことしかやらないという考え方は、自分自身で自分の可能性を潰していることにもなってしまいます。

 

怒られてもいいから言われたこと以外の仕事にもチャレンジしてみることが重要で、その際に自分だけでなく周りの社員や上司としっかりと連携を取っていれば、失敗した場合でも必ずフォローしてもらえますし、怒られたとしてもそれ派叱責ではなく愛の鞭となります。

 

怒られるのが怖いと萎縮していては何時までたっても自分で仕事が出来るようにはなりません。

 

失敗を恐れることなくチャレンジすることが重要になるでしょう。

 

そうすれば言われたことしか出来ないとは言われなくなりますし、チャレンジに対する評価もアップしていくことになるのではないでしょうか?

 

失敗を恐れない心構えが重要です

 

関連記事→仕事での失敗が怖い?そんなあなたに送る3つのアドバイス

スポンサーリンク



ページの先頭へ