飲み会ぼっち

仕事の疑問

仕事の飲み会でぼっちにならないようにする3つの確実な対処法

投稿日:

会社の飲み会であまりはしゃぐのが得でない人はぼっちになりやすい傾向があります。

 

例えば、お酒が飲める人はいいかもしれませんが、お酒が飲めない人は、ノリについていけずに困ってしまいます。

 

お酒さえ飲めれば、酔っ払った勢いで話しが出来たりする場合もあるのですが、お酒が弱い人は難しいです。

 

さらに、周りは酔っ払った人たちばかりなのでそのテンションについて行くのは至難の業です。

 

そこで、どうしたら飲み会でぼっちにならないのか?その対処法3つを紹介します。

 

1.まずはぼっちにならない環境作りからはじめよう

まず、ぼっちにならないように作戦を練らなくてはいけません。

 

飲み会の場に言ってしまうと場の空気に圧倒されてしまうのであらかじめシュミレーションしておくと良いです。

 

例えば、座る位置は隅っこにならないように場所を確保する事です。

 

隅っこになってしまうと、よほどノリに自信がない限りぼっちになってしまいがちなので、まずは場所を確認しておきましょう。

 

具体的に、真ん中、司会や幹事の近く、盛り上げ役の近くなどわりと盛り上がりやすい人たちのところに座るようにしましょう。

 

また、適度に声をかけることで存在感をアピールしましょう。

 

難しい話は必要ないので、グラスがあいていたら

 

「何か飲みますか?」

 

「お皿とりましょうか?」

 

など適度に声をかけることで相手にも気にしてもらえるようになります。

 

これくらいなら話すのが得意でない人には出来そうではないでしょうか?ちょっとした事でいいので、ぼっちにならない環境を作る事も大切です
スポンサーリンク



関連記事→会社の飲み会の服装で気をつけるべき3つのポイント

 

2.声をかけてもらいやすくするにはこうしよう

 

また、環境づくりも大切ですが、いざ飲み会に参加したらリアクションを取る事が大切です。

 

飲み会の席なのでたいていは面白いネタや話がたくさん出ます。そしたら、ちょっと大げさなくらい笑ったりしてリアクションをしましょう。

 

あなたがみんなの話に耳を傾けたり、リアクションを起こしている姿を見れば、声をかけてくれる可能性も高いですし、周りも声をかけやすくなります。

 

ここで、ぶすっとした顔をしてしまったら、声をかけづらくなります。

 

ですので、オーバーめにリアクションをとると良いです。

 

笑ったり、手をたたいたり、話を耳に傾けたりするのなら恥ずかしがりやでも簡単に出来ると思います。

 

自分から話題を振る必要はまったくないので、相手の話に対して答えることが大切です。

 

あなたがちゃんと話しに対してリアクションをしていれば話に混じりたいんだなと周りから気づいてもらえるので自分から何もしなくても相手から離しかけてくれる可能性があります。一度気をつけてみてください。

 

また、どうしてもすみっこになってしまったら、小皿の席を狙うと良いです。

 

理由は小皿の席なら近くにしょうゆなどがあるので、「ちょっと取って」と相手から言ってもらえる可能性が高いので話に入りやすくなる可能性があります。

 

このように、自分から話題を振らなくても相手から声をかけやすい環境にいたり、雰囲気を作る事でだいぶ変わってきます。

 

人見知りの人でも出来やすいことなので是非参考にしてください。
スポンサーリンク



関連記事→仕事におけるコミュ症を克服する3つの方法

 

3.なかなか声を掛けられない場合はこうしよう

 

これらの事をしてもなかなか声をかけてもらえなかったりなじめなかったら、思い切って席を移動するのも手です。

 

この席なら話せそうだなという雰囲気のところに入りましょう。もしかしたらいる場所が悪い可能性があります。

 

それに、場所を変わることで周りから注目されやすいので声をかけてもらえるかもしれません。

 

また、周りを見渡して自分と同じようにノリについていけない人を見つけて話すのも良いです。

 

飲み会に出席している人が全員華やかな場が得意とは限りません。自分と同じような人がいるかもしれないので見つければ、仲良くなれる可能性があります。

 

そして、二人で盛り上がっていれば自然と周りから目立ち声をかけてもらえるかもしれないので、席や環境を変える事が大切です。

 

また、なかなか声をかけられずにぼっちの場合でもあきらめないでニコニコしてその場にいましょう。

 

このようにぼっちにならないようにあなた自身が対策を取るのもすごく大切です。

 

みんなが飲み会の場が得意とは限らないので自分なりに対策を取る事が大切です。

 

特にお酒が飲めない人は飲めないぶん、周りを見る事が出来ると思います。

 

ですので、冷静な頭で周りに気を使っていろいろな事に気づくことが大切です。

 

飲み会とは戦争の場所です。一秒一秒が戦いだと思って最後まで気を抜かないように気をつけましょう。

 

ですが、たくさん飲み会に行けばその場の空気にもなれてくるので徐々に慣らしていってノリについていけるようにしましょう。

 

関連記事→「飲み会また強制参加だよ…」ダルイ飲み会を耐える必勝法

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.