無難な会社のお土産

仕事の疑問

喜ばれる会社のお土産と知っておきたい渡すときのマナー

投稿日:

実家に帰省したり旅行に行ったりしたときに悩ましいのが会社の上司や同僚へのお土産選びではないでしょうか?

会社を休んで旅行や帰省をした場合は、特にお土産は必須ですが、お土産の選び方や渡し方によっては、あなたの評価が下がることもあります。

 

そこで、お土産のマナーについて考えてみましょう。

 

会社へのお土産は「形に残らないもの」を

 

会社の上司や同僚に用意するお土産は、全員に同じものを渡すわけですから、できるだけ万人受けのいい無難なものが理想的です。

 

具体的には、「形に残らないもの」つまり「食べ物」にすることがおすすめです。

 

理由は簡単で、例えばハンカチやペンなどいくらあっても構わないようなものであったとしても、形に残るものは渡した相手に「使わなきゃ申し訳ないな」と気を遣わせてしまうからです。

 

さらに、全員同じお土産を渡す場合、その人の趣味にあったものを用意できるとは限らないので、形に残るものはかえって迷惑になってしまいます。

 

かなり仲のいい人でない限りは、形に残るお土産は避けたほうが無難です。

 

その点食べ物であれば、仕事の合間の気分転換として気軽に食べることもできますし、万が一苦手な食べ物だった場合に周りの人にあげるなどしてもあまり嫌味がないですよね。

 

また、食品のお土産は、ご当地の特産品はもちろん、観光名所やご当地の有名人がプリントしてあるもの、また市販のお菓子などの地域限定商品などもありますから、人の興味をそそるようなものを用意すれば、お土産を渡しながら話を膨らませることもできますね。

 

金額的にも負担が少なく、相手にお返しなどの気を遣わせないのも食べ物のお土産のいいところです。

 

渡す人数にもよりますが、だいたい1000円くらいで、全員分を購入できるくらいで考えるとよいのではないでしょうか?

スポンサーリンク



 

手軽さ、賞味期限、好き嫌い…ect 選びのチェックポイント

 

しかし、食品であれば何でもOKというわけではありません。渡す相手のことを考えて、いくつかのポイントがあります。

 

まず大切なのは、個包装であることです。配ったお土産をその場で食べる人もいれば、少し時間が経ってから、または家に持って帰ってから食べるという人もいます。

 

個包装でないお菓子ですと、その場で食べるしか選択肢がありませんし、お土産を配るときに不在だった人のデスクに置いておくなどもできませんので、お土産は個包装のものを選びましょう。

 

また、オフィスでお土産を食べる人のために、手軽に食べられることも大切です。

 

お箸やスプーンなどを使わないと食べられないものは避けたほうが無難でしょう。

 

ケーキなどで切り分けが必要なものも、会社へのお土産には向きません。できる限り手を汚さずにほおばれるようなものが理想的です。

 

そして、賞味期限のチェックも欠かさずにしてください。お土産でよく売っているおまんじゅうなどは意外と賞味期限が数日と短いので、買うときには注意が必要です。

 

数日以内に賞味期限がくるお土産を渡すときには、その旨を一言伝えてから渡すようにすると親切でしょう。

 

大勢にひとつのお土産を買う場合は、全員が好きなものを、ということは難しいかもしれませんし、そもそも会社の同僚くらいの仲ですと、食べ物の好みや苦手なものをすべて把握していることは珍しいでしょう。

 

しかし、最低でも上司の苦手なものはお土産として買っていかないようにする心遣いが大切です。

スポンサーリンク



 

お土産の渡し方 少しの工夫で好感度アップ!

 

お土産の渡し方も、あなたの好感度を左右する大事なポイントです。お土産を気持ちよく受け取ってもらうためのいくつかのポイントがあります。

 

まず、渡すタイミングです。おすすめは、例えばお昼休みや朝の勤務開始までの時間など、勤務時間帯以外で余裕のあるときです。

 

仕事内容によっては、おやつとして3時ころに渡して回るのもいいかもしれませんね。

 

お互いに余裕のある時間にお土産を渡して回ることで、上司や同僚とコミュニケーションをとる時間も増やすことができます。

 

逆に定時間際などは、みんな仕事を終わらせようと集中して作業している時間帯なので、おすすめできません。

 

そしてお土産を渡す順番も大切です。上席から順にデスクを回って、挨拶しながら渡していきます。

 

意外とこういう細かいところが周囲に見られていて、順番を間違えると非常識のレッテルを貼られてしまうこともあるので、たかがお土産と気を抜かないようにしましょう。

 

また、当日欠勤や外出中の同僚などにも忘れずに後日お土産を渡すようにしましょう。

 

デスクの上に置いておく場合もあるかと思いますが、そのときは必ず自分の名前と簡単な挨拶を加えたメモや付箋をお土産と一緒に残しておくことが大切です。

 

誰からのお土産かわからないと、渡された相手はお礼も言えませんし、食べていいかもわからないので困ってしまいます。

 

いかがでしたでしょうか?お土産の選び方や渡し方は、一歩間違えるとあなたの好感度を下げてしまいますが、ポイントを押さえれば自分をアピールするチャンスになる可能性もあります。

 

ぜひポイントを押さえたお土産で、上司や同僚とコミュニケーションを図ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.