会社で悪口を言われたとき、最も有効的でスマートな対処法

会社で悪口を言われたときの対処法
仕事上での心の悩み

会社という一つに組織で働いている以上、嫌でも多くの人とコミュニケーションを取らなければなりません。
そして多くの人の中には、あなたの悪口を陰で言っている人もいるでしょう。そんな時、悪口を言っている人に対してどんな対処をすればいいのか?

 

今回は、会社で悪口を言われていたときのもっともスマートで友好的な対処法について紹介します。

 

1.まずは会社に悪口はつきものということを理解しよう

 

まず大前提として、自分は悪口を言われるようなことはしていないかどうかを考えてください。

 

自分の行動や人との接し方に問題があるという自覚はありませんか?

 

もしもそんな自覚があれば、対処法と言うより自分に問題のある部分を改善することが先決です。

 

自分に問題があれば当然悪口を言う人も出てきます。それも複数人。

 

「 自分に悪い部分があるかも」を思い当たる節があるのなら、まずはそれを改善してみましょう。案外簡単に悪口がなくなるかもしれません。

 

 

そして今回の本題は、「自分には問題がないのに悪口を言われている」ことです。

 

この場合、複数人が悪口を言っているよりもある特定の人物が自分の悪口を言っている可能性が高いです。
問題が自分にはない分やっかいな事態でしょう。

 

「何を言われても気にしない」という毅然とした態度を取れればいいのですが、あることない事言いふらされるのは気分がいいことではありませんね。

 

 

そこで最も有効的な対処法は、「信頼ある上司に相談する」ということです。

 

しかしこれは「ただの仲が良い上司」という意味ではないので解説していきます。
スポンサーリンク



関連記事→みんなが憧れるかっこいい上司のなりかた3選

 

2.なぜ信頼のある上司に相談するのが良いのか?

そもそも自分が信頼する上司とは、自分を信頼してくれている上司とイコールで考えることが出来ます。

 

ただ仲が良い上司ではあなたのことを信頼しているとは限りません。何かのタイミングでこちらの信頼を裏切る可能性は十分にあります。

 

しかい、あなたを信頼している上司があなたを裏切ることはそうそうありません。そんなあなたの相談や信頼に応えたいと思うのが自然です。

 

 

信頼のある上司に相談すると、上司の人柄などにもよりますが、まず直接的に悪口を言っている人へ抗議するということはないでしょう。

 

恐らく外堀から徐々に埋めていきます。例えば休憩室で複数人の従業員と上司、そしてあなたの悪口を言っているAという人が談笑しているとします。
そしてそこでAがあなたの悪口を切りだすと、上司は「あいつはそんな奴じゃない。人のことをそんな風に言うのは良くないぞ」と一言。

 

周囲は上司が言っているということもあり、上司の言うことの方を信じAへの目が徐々に変わっていきます。

 

ここでAは「上司を味方につけて気に食わない」とエスカレートするかもしれません。
これに対しては放置しましょう。

 

すると周囲もさすがに悪口を言っているAがおかしいということに気付きます。次第にAの周囲には人が寄り付かなくなり、Aは孤立。

 

あなたの悪口を言うこともなくなっていきます。

 

 

このように、信頼のある上司に相談をすることで、自然と悪口を言われない環境へと持っていくことが出来るのです。

 

スポンサーリンク



※対処法としてやってはいけないこと

 

悪口を言ってくる人に対して決してやってはいけないのが、それに対抗して自分も悪口をいうということです。

 

自分が悪口を言っている人も見て思うことを考えてみてください。

 

「この人こんなに悪口言うんだから、もしかしたら自分の悪口も言っているかもしれない」と思いませんか?
そして「あまり関わらないようにしよう」と思いませんか?

 

もしも周囲の人が、自分が誰かの悪口を言っている姿を見たらきっと同じように思うでしょう。

 

何より自分の悪口を言っている人と同格になってしまいます。

 

だらからこそ、どんなに悪口を言われても言い返すということは絶対にしないでください。

 

しかりまったく何も言わないというのもストレスが溜まるので、そんなときは家族や恋人に愚痴を言いましょう。

 

それならば自分が相手と同格とみなされることもなく、多少ストレスを発散させることが出来ます。

 

いかがでしょうか?今回は会社で悪口を言われているときの有効的な対処法について紹介しました。

 

信頼のある上司に相談するという方法以外にも悪口に対する対処法はありますが、今回紹介した方法が最も効果的でスマートな方法でしょう。

 

悪口を言っている相手とあまりバチバチやりあっても、周囲からは白い目で見られどっちもどっちと思われるかもしれません。

 

そのため相手が悪口を言わなくなるまでは、ある程度余裕を持って対応する必要がありますね。

 

そして、自分に非がないのであれば悪口を言われても落ち込んだりしないようにしましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ