口の悪い上司

仕事上での心の悩み

口の悪い上司とうまく付き合う3つの対処法

投稿日:

口の悪い上司ってどこにでもいるものですよね?

 

現在の新入社員や若手社員は、上司とは育ってきた年代や教育に対する考え方が全く違う時代を生きてきています。

 

口の悪い上司は、50代以上の年齢層に多いのです。40代の上司は、自分に子供がいるため現代の「怒らない教育」に慣れている世代です。

 

しかし、50代以上の上司は先生はこわいもので、親は子供を怒るものだと考えがちです。

 

会社でも、20代の若い人たちは社会人というよりも子供の仲間にみえるのです。

1.口が悪いだけですべてを嫌いにならないようにする

 

そのため、普段の会話でもあまり気を遣わずに言葉を発していることがあります。

 

若い人は、学校でも家でも怒られた経験が少ないため、会社で初めて上司に怒られた経験をする人もいます。

 

すると、上司は注意した感覚であっても、受け手側は相当のショックを受けているのです。

 

仕事上で注意を受けることは、日常茶飯事なことです。

 

注意するときや怒られるときは、言葉遣いや態度はどうしても荒く、乱暴になります。

 

しかし、口が悪く怒られたりしたからといって、上司そのものを嫌いになってしまうのは早すぎます。

 

50代以上の上司は、口は悪い人が多いのですが人情がある人も多いのです。

 

年齢に開きがあるため、扱いに困っているのは上司も同じです。

 

筆者の元上司も口が悪い人でしたが、一緒に飲みに行ったときに言っていた言葉があります。

 

「口悪く怒れば、自分が嫌われることはわかっているけど、上の人はそういう立場だからしょうがない」

 

と言っていました。

 

口悪い上司は上司なりに悩んでいます。口を憎んで、人は嫌わずで付き合っていくことが大切です。

 

スポンサーリンク



 

2.必要以上にまじめに受け止めないように、自分に抵抗力をつける

 

会社にいると、様々な人間と出会います。

 

自分が怒られて席に戻ると、自分の部下を呼び出して同じように起こり散らす人もいます。

 

人間は、受けたストレスをどこかで発散しながら日々生活をしています。

 

本当なら、受けたストレスは自分の中で消化してくれればいいのですが、なかなかそれは難しいことです。

 

自分よりも下の立場の人にあたる人が多いのが現実です。

 

そのときに大切なことは、ストレス発散の的にされても、必要以上にきちんと受け止めず、傷つかないようにすることです。

 

口の悪い上司は、とくに自分のストレスを下の者に発散してきます。

 

会社に入ると、学校では言ってはいけない言葉として習ってきた言葉も、失礼な言葉も言われることが多々あります。

 

そのときに、本気で受け止めて自分を傷つけてはいけないのです。

 

口の悪い上司から、小言をいわれることも仕事のうちと考えて、さも聞いているような素ふりをしているくらいでちょうどいいのです。

 

口の悪い上司は、小言が長いことも特徴です。

 

そして、最初に話していた論点が、だんだんと変わって話の中心がずれてくることもあります。

 

それでも、必ず終わりがあります。自分のいけなかったところは反省し、それ以上は聞き流す図太さも社会では必要なのです。

 

学校では、口の悪い人はなおすように指導されました。しかし社会では、受け手側が強くなることが求められるのです。

 

口の悪い上司と上手に付き合うためには、言われることを必要以上に受け止めずに聞き流す抵抗力をつけることが大切です。

 

スポンサーリンク



関連記事→職場での言葉の暴力に疲れたあなたに送るコトバ

 

3.自分も相手にしないようにし、相手にもされないようにする

 

仕事上で怒られるときは、大体オフィスで怒られます。

 

オフィスには、自分以外の社員も多くいるため、口悪く怒られいるところをみんなに見られている状況になります。

 

怒られているだけでも嫌な気持ちなのに、みんなの面前でさらし者のように口悪く言われていると、プライドも傷つき悲しい気持ちになります。

 

しかし、オフィスで誰かが怒られているとき、確かにみんなはそれとなく話を聞いているものですが、自分が思っているよりも意外と軽く見ているものです。

 

怒られている本人は、特別な状況かもしれないけれど、他の人から見たらよくあることなのです。

 

また、口が悪い言葉は誰が聞いても嫌な気持ちになります。

 

言われているのは自分だけですが、それを耳に入れることで人は怒られている人よりも口の悪い上司に対する嫌悪感を感じているものです。

 

つまり、口が悪い上司というのはみんなから口が悪い人と思われてしまっている人なのです。
口の悪い上司に長時間怒られていると、頭にくることがあります。

 

血の気の多い人ならば、言い返してしまうかもしれません。しかし、言い返したら負けです。

 

言い返すということは、相手と対等になっているということです。

 

口の悪い人というのは、反響があればもっと口悪い言葉を探して言い返してきます。

 

反対に、一生懸命口悪くののしっても、反応がないとつまらなくなってきます。

 

口の悪い人に勝つためには、相手にしないことが一番なのです。

 

相手もつまらないと感じたら、徐々に相手にしなくなります。

 

口の悪い上司とうまく長く付き合っていくためには、逆に相手にせず、相手にされない距離感を持つことも大切なのです。

 

関連記事→上司のパワハラモラハラ攻略マニュアル2選

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.