上司に嫌われてしまったと感じた時に行う3つの改善策

上司に嫌われてしまった
仕事上での心の悩み

普段一緒に仕事をしている上司が「いつもより態度が冷たい」や「自分だけに仕事を教えてくれない」といった状況になった時は非常に辛い思いをする事になります。

 

ですので今回はそんな上司に嫌われてしまったと感じた時に行う改善策を3つ紹介します。

 

1.まず原因は何か真剣に考えてみる

 

そのような状況になった時、まずは原因は一体何か真剣に考えてみる事が大切です。

 

何故なら上司との関係が悪ければ、自分自身の心身に負担になると同時に仕事にも支障が出て会社にも損失を与える可能性があります。

 

仕事をスムーズに楽しく行うためにも原因について考える事は重要なのです。

 

上司から嫌われる原因として

 

  • ミスが多く、反省もしない
  • 言葉遣い等、態度が悪い
  • 分からない事を質問せず、顧客に迷惑を掛ける

 

等があります。

 

そしてそれらを解決するためには

 

  • ミスのないようスキルアップに努める
  • 今まで行っていた上司に対する態度を改める
  • 分からない事は積極的に質問する

 

といった対策を取るべきです。

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

 

関連記事→「仕事がわからない」と聞けない悩みを解決する考え方

 

嫌われる事には必ず自分自身にも原因があります。決して上司の態度にばかり目を向けてはいけません。

 

まずは自分自身に改善点はないか考える事が必要です。

 

また、上司に「私何か失礼な事をしましたか?」と質問する事も有効です。

 

実は上司の誤解があったり、上司には嫌っているつもりはなかったケースもあります。

 

そこで一刻も早く誤解を解いて関係を良好にするために質問する事は大切なのです。

 

自分を嫌っているかもしれない上司に質問する事は負担ですが、関係改善のための有効手段としてお勧めします。

 

原因さえ分かればその改善に向けて動く事が出来ます。

 

最初は原因を見極める事から開始する事が大切です。

スポンサーリンク



 

2.原因によっては会社に改善を依頼する

 

上司から嫌われている原因として、上司自身に問題がある場合もあります。

 

部下に原因が無くても「自分よりスキルが高い」「顧客から好かれている」といった仕事とは全く関係ない個人的な感情で嫌っている事があります。

 

このような時はいくら部下が仕事のミスの改善や上司に対する配慮を行っても、全て悪い事に捉えられていきます。

 

会社全体の雰囲気も悪くなるため会社に改善を依頼する事が必要です。

 

具体的には

 

人事担当者や信頼が出来る上司に相談して改善を依頼する

 

会社の公益通報窓口に連絡して相談する

 

等があります。

 

個人的な感情が入ると当事者同士の話し合いでは上手くいかない事も多いです。

 

第3者に間に入ってもらう事で上司も自分の態度を冷静に振り返り、改善につながる可能性が高まります。

 

会社に依頼しても改善が見られない場合、労働基準監督署といった公共機関の利用も検討する事になります。

 

会社は労働者の安全と安心して働ける環境を提供する必要があります。会社がこれを怠った場合に必要な指導を行うのが労働基準監督署なのです。

 

上司から嫌われてしまったと感じた時、必ずしも全て自分に原因があるとはいえません。

 

会社と労働基準監督署といった機関を利用して、改善に努める事も有効です。

 

相談する事に「余計に嫌われるのではないか」といった不安を感じる人もいますが、会社としても指示に従わない上司に対しては異動や降格といった処分を行う可能性があります。

 

労働基準監督署は労働者の味方であり、改善が見られるまで必要な指導を行ってくれます。

 

相談者に不利益が無いよう配慮してくれますので、積極的な相談はお勧めです。

 

スポンサーリンク



関連記事→信頼できない上司と働くことへの疑問を解消する思考方法

 

3.普段から上司とのコミュニケーションは大切にする

 

上司から嫌われてしまったと感じるのは、普段からお互いのコミュニケーションが不足している場合があります。

 

仕事において重要なのはコミュニケーション能力です。

 

分からない事を質問する、仕事の状況を報告する等、上司とのコミュニケーションは決して欠かす事は出来ません。

 

普段自分から上司を避けるような行動をしていないか考える必要があります。

 

上司も1人の人間ですので自分を避ける人に対して

 

「どのような態度を取るべきか」

 

「どうしてこんなに避けるんだ」

 

と思い悩む事があります。

 

それが結果として部下を嫌う要因につながる恐れもあるのです

 

上司の中には「自分を頼りにしてほしい」と願っている場合もあります。

 

その時に部下が自分を避けるような態度を取ったら気分が良いものではありません。

 

上司のタイプを見極めてその人に合った態度を取るコミュニケーション能力は、上司だけではなく同僚や顧客といった様々な人に対して必要です。

 

普段から分からない事を質問したり、一緒に食事に行くといったコミュニケーションを深めてスムーズに仕事が出来る環境を自分自身で作り上げる事をお勧めします。

 

仕事は人と人との関係で成り立っています。

 

いくら機械が導入されても商品の作成、販売戦略の構築といった様々な場面で必ず人同士のコミュニケーションが必要なのです。

 

全てを上司に押し付けて部下自身が良好な人間関係の構築を放棄する事は出来ません。

 

普段のコミュニケーションはきちんと行われているか部下自身も考える必要があるのです。

 

関連記事→仕事におけるコミュ症を克服する3つの方法
スポンサーリンク



ページの先頭へ