みんなが憧れるかっこいい上司のなりかた3選

ビジネススキル
仕事の疑問

社会人を長く続けていると自分よりも後に会社に入ってくる後輩社員も増えますし、自分自身が昇格して上司となる場合も十分考えられます。

 

その際に部下から憧れてもらえるようなかっこいい上司になりたいと誰もが考えると思いますが、実際にはなかなか理想的なかっこいい上司にはなるのが難しいと言えます。

 

そんな誰もがあこがれるかっこいい上司のなり方を今回3つ紹介します。

 

1.気配りと心遣いが出来るようになろう

 

まずかっこいい上司というのは部下に対する心遣いや気配りが出来る上司のことで、常に自分の部下の行動をきちんと把握していることが重要となります。

 

それが出来ていない場合部下の管理が出来ていない証拠ですし、管理が出来ていないと言うことは部下の行動を見ていないと言うことにも繋がります。

 

上司と言うものは部下を叱るのが仕事ではなく

 

部下が安心して仕事ができる環境を作り維持することが仕事と言っても過言ではありません

 

小さな気遣いや心配りがさり気なくできる人こそが、かっこいい上司として尊敬される上司だと言えます。

 

逆に心配りも気遣いも出来ない上司は尊敬もされませんしむしろ敬遠される存在になる恐れもあります。

 

自分がやってもらえたら嬉しいだろうなと思えることを部下に出来る上司になれるように自分自身の行動をきちんと把握して、威張り散らすとか叱り飛ばすだけの上司ではなく、時に厳しくしかしサポートはさり気なく行うことが出来るスマートな行動が出来るよう、自分で心がけることが重要になるのではないでしょうか?

 

他人に気遣いが出来ない人は自分の行動にも気づかない場合が多いのでその点には注意をしましょう。
スポンサーリンク



2.仕事に対しての責任を持てるようになろう

 

仕事を行う上で最も重要なのは、どのような仕事であっても安心して仕事にとり組むことが出来ると言うことでは無いでしょうか?

 

その為には上司の存在と言うものは必要不可欠ですし、部下が自分の仕事を安心して行えるのは上司が何かあった場合に責任を取ってくれるからだと感じさせることが重要になります。

 

基本的に上司と言うものは部下の仕事での失敗を叱責するのが仕事ではなく、逆に部下が行った仕事に対して責任を持つのが仕事と言えます。

 

本来上司と言うのは部下を管理しながら仕事を効率よく進めるのが仕事と言えますので、自分の部下が行った仕事は言うまでもなくその上司である自分が行った仕事でもあるわけです。

 

良くドラマなどで仕事でミスをした部下を叱責するだけの上司が登場しますが、誰が見てもその上司と言うのは嫌な上司にしか見えないはずです。

 

これは仕事に対する責任を自分自身で持っておらず、失敗は部下のせいで自分のせいではないという心情が見え隠れする為です。

 

かっこいい上司と言うのは失敗した部下を激しく叱責することはなく、もちろん失敗に対する適切なアドバイスはするが頭ごなしに叱り飛ばすことはしません。

 

人間ですから誰にでも失敗はあるわけですので、その失敗を二度繰り返さないように導き、失敗の責任は上司である自分にも責任があると部下に責任転換しない行動こそが、部下からの信頼を得られ憧れてもらえるような上司の行動だと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



 

3.身だしなみにも気を使える人間になろう

 

かっこいい上司は言動や行動、気配りや心遣いだけでなく、身だしなみにもきちんと気を使える人間のことを言います。

 

仮にいくら有能で仕事が出来る人であっても、見た目が小汚い場合には、やはり印象が悪くなります。

 

身だしなみに気を使えない人は仕事にもそれが出てしまうと感じさせてしまいます。

 

実際に仕事の出来る社会人と言うのはビジネスマナーをきちんとわきまえていますし、周りの人に不快な思いをさせることの無い、身だしなみにも気を配った人がほとんどだと言えます。

 

例えば大企業の社長や専務などが小汚い恰好をしてるのを見たことが無いように、出来る上司というものも身だしなみには人一倍気をくばる人が多いと言えます。

 

逆に自分の身だしなみにすら気を使えない人は周りの社員や部下に気を配ることなどまずできないと言っても良いでしょうし、そういった人は部下からの信頼も得にくいと言えます。

 

実際に身だしなみをきちんと整えると気持ちも引き締まり仕事の効率などもアップするという結果がありますので、かっこいい上司、仕事の出来る上司になりたい人は自分自身を見つめ直して身だしなみを整えることから始める必要があります。

 

ただし身だしなみだけ整えても仕事が付いてこないと全く意味がありません。

 

ですので身だしなみを整えつつ仕事も精力的にこなすようにすることが、かっこいい上司に近づくための方法だと言えるでしょう。

 

部下との円滑なコミュニケーションにも身だしなみを整えることは欠かせませんから、その点を頭に入れておくと良いのではないでしょうか?
スポンサーリンク



“みんなが憧れるかっこいい上司のなりかた3選” への4件のフィードバック

コメントをどうぞ

ページの先頭へ