楽しく働く

仕事の疑問

本当に働かない上司?働かないと決め付ける前に考えてほしいこと

投稿日:

働かない上司を見ていると、自分達がこんなに努力して頑張っているのにと、腹が立つ事もあります。

 

そんな働かない上司に対する対処法を考える前に、上司の働きとは何なのかをまず考え、その上で、あなたの上司に対する見方が誤っていないかを検証する事から始めましょう。

 

1.上司の働きとは何かをまず考えてみましょう

上司、特に課長クラスを考えると、その仕事は大きく分けて3つほどあります。

 

まず1つ目は組織の長として会社の方針や考え方を踏まえ、部下のベクトルをその方向に合わせ、組織として最大限の成果を発揮する様にマネジメントする事です。

 

その為には、関連組織と利害が異なる場合などには、その調整を部下任せにせずに自分が乗りだして調整すると言った、組織責任者としての仕事です。

 

2つ目は、自分の部下のマネジメントです。

 

部下が担当する仕事の進捗などを管理し、適時部下を指導する等、組織全体の仕事が計画通り達成できるようにマネジメントする事です。

 

この方法として最近ではコーチングが一般的となっていますが、管理職によっては従来タイプの管理して、指示するだけと言う課長などの管理職もいます。

 

3つ目は、部下育成です。

 

これは人材を大切にする会社では、管理職の最大の責務とされるほど重要な仕事です。

 

管理職は、部下の仕事の能力や働きをベースに昇給や賞与の査定をしますが、査定する中で自分の部下が伸びていないなら、部下の課題であると同時に、その管理職の育成能力に課題があるとも言えるのです。

 

スポンサーリンク



2.あなたは上司の何を見て働かない上司と判断しているのでしょうか?

 

働かない上司には腹も立てば、そんな上司とどのように付き合うべきかと、その対処法を考えてしまいますよね?

 

しかし、そもそもあなたが働かない上司と判断したのは、その上司のどんな点を見てそう考えたのでしょうか?

 

上司の仕事は前項で述べた様に大きくは3つほどに区分され、その仕事の何ができていないと考えて、働かない上司と思うのかを考える事が必要です。

 

1つ目の組織責任者としてのマネジメントにおいて、よくある上司への不満は、他部署との調整をしてくれないと言った事等が多いものです。

 

また2つ目の部下に対するマネジメントでは、要求だけして適切なアドバイスをくれなかったり、部下が忙しく仕事に追われているのに手伝おうとせずに、部下が残業しているのに定時でさっさと帰るような場合に不満が出易いものです。

 

また、3つ目の部下の人材育成に対しては、会話も少なく、外部のセミナーなどの受講機会も与えてもらえず、本当に自分達の育成を考えてくれるのかと心配になったりする事が多いものです。

 

こうした上司の働きのどこに不満があるのかを明確にし、自分の上司の良い点と悪い点を正しく理解しましょう。

 

その上で、働かない上司との付き合い方や対処法を考えると良いでしょう。

 

上司の仕事は部下からは見えにくい部分もあり、誤解に基づいて過度に上司は働かないとか、できない上司だとか偏見を持って接触しても、何もそこから生まれるものはなく、変に人間関係を悪化させるだけで得策ではありません。

 

スポンサーリンク



 

3.上司に何をして欲しいのかを考えた上で対処法を考えましょう

 

働かない上司には、不満が先に出がちですが、先に述べたような上司が働かないと感じるポイント別に、上司に何をしてもらいたいのか、どのようにして上司を動かすのか、対処法を考えましょう。

 

第1の不満の事例のように部門責任者として利害対立する関連部署と調整してもらえなければ、そのまま放置できない事もあります。そんな時には信頼できる先輩に肩代わりして調整してもらったり、動かない上司に進言してもらうようにすれば良いでしょう。

 

第2の不満事例のように、仕事を与えるだけで、困っていないかと目配せしたり、状況を確認してアドバイスをくれるようなコーチングができない昔ながらのタイプの上司の場合は、分からない事はどんどん自ら質問し、ぶつかって行く事が必要です。

 

上司はそんな事も分からないのかと叱責したとしても、ぶつかって来る部下に何もアドバイスしないと言う事はないはずです。

 

また部下たちが忙しく残業しているのに、さっさと定時で帰る上司の場合には、自分の仕事が終われば、付き合い残業などする必要もなく、自分もさっさと帰えれると考えれば、腹も立たないでしょう。

 

上司の中には、自分が常に遅くまで仕事をしていると、部下が帰りづらいと考えてあえてできるだけ早く退社するように気を使っている場合もあるのです。

 

最後の事例のように、部下を放置し、人材育成に関心が無いような上司は、いくら部下からアプローチしても変わる事など無く、そうした上司に当たった場合は、自分でしっかりとスキルアップやキャリアップの計画を立て、会社や上司を当てにせずに自己投資するぐらいの覚悟を持って、自分で成長する気がいを持つしか方法はないでしょう。

 

あなたから見た働かない上司は、必ずしも無能な上司とは限りません。その上司の表面だけでなく、上司として重要な仕事を行っているか否かを見極め、良い点は積極的に学ぶ事も必要でしょう。

 

しかし、不幸にして働かない上司が無能であるなら、現実的に困る事に対して先の様な対処法で乗りきり、上司が変わるのを待つ以外方法はないでしょう。

 

大きな会社であればあるほど、上司は永久的にあなたの上司である事はなく、自分が上司になった時にはあんな上司にはならないと言う反面教師として考えれば、腹立たしさも軽減され、自分のためにもなるでしょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.