就職が怖い

就職の悩み

就職するのが怖い?悩んでいる学生に伝えたい3つのこと

投稿日:

最近「就職するのが怖い」と言う学生さんが増えてきているといいます。

 

これは頑張って就活をしている学生さんの中にも見られる感想で、そんな不安を抱えたまま、とにかく働き口を探そうと必死になっている姿を見ると、こちらも辛くなってきます。

 

ですので今回はそんな就職に対する怖さを軽減できるような方法を3つ紹介します

 

1.なぜ就職が怖いのか、を掘り下げて考えてみよう

就職が怖いという気持ちを、しっかり掘り下げて考えている人はそんなに居ません。

 

ですから、その悩みの理由をろくろく考えないまま就活して、果ては就職してしまうので、働き出す直前になると鬱になる場合もありますから、注意が必要です。

 

就職が怖い理由をわからないままにしておくこと、これが一番よくありません。

 

よくある理由として、「新しい環境でやっていく不安」から就職を怖がることが多くあります。

 

学生という身分から、社会人という責任ある立場へ変わっていくことが、想像の外にあるから、未知の領域に対して恐怖を感じてしまうのです。

 

他にも「失敗が怖い」という意見もあります。

 

右も左もわからないまま、まだやってもいない仕事の失敗を想像して、尻込みしてしまうパターンです。

 

就職への恐怖感は人それぞれぞれにあると思います。

 

とにかく、ただ漠然と

 

「就職するのが怖い」

 

と思い込んでしまうのが一番良くないので、その恐怖感をもう少し掘り下げてみましょう。

 

具体的に何が怖いのか?何に恐れているのか?ということを自分に問いかけて、恐怖に対してはっきりとした自覚を持つことが、恐怖感を取り除くのにまず必要なことです。

スポンサーリンク



関連記事→転職するのが怖い…転職に前向きになれる3つの改善策

 

2.誰もが、初めては不安なもの。段々と慣れていこう

 

ここでは、よくある理由の一つ「新しい環境への恐怖」という事について考えてみましょう。

 

進学などにも当てはまることですが、周りの人付き合いや、自分の立場がガラッと変わって、それらに対応できるかどうか?

 

と言うことを、その立場になってみる前から不安がることが多くあります。

 

この悩みは誰にでも起こることです。

 

この記事を読んでいるあなたにも、似たような経験があった筈です。

 

では、その頃から今まで、どれだけの変化が繰り返されたでしょうか?

 

その度に不安になっている筈ですが、結局はなんとかやって行けているのではないでしょうか?

 

根性論ではないですが、何事もその立場になってみないことには、分からないことだってあります。

 

「何が起きるかわからない」ということを恐れていると、何にも手を付けられなくなっていきます。

 

逆に考えると「何が起きるかわからない」からこそ人生は楽しいものです。

 

それでも、どうしても「仕事」というものに恐怖を感じている人も居ます。

 

そういう人には、私はよく「簡単なバイトをしてみなさい」という事を勧めています。

 

1、2日程度の短期のバイトでもいいし、とにかく働くということに「慣れる」という事を、事前にやっておくことが、かなり効果的です。

 

バイトだから失敗していいか、という気楽な気持ちで構いません。

 

その気楽な気持ちは、就職時にも持っていて大丈夫なものです。

 

これが有るのと無いのとでは、就職に対するストレスが大きく違ってきます。

 

事前に、社会に慣れてしまうのが、近道の一つになるでしょう。
スポンサーリンク



関連記事→ブラックバイトの実態と身を守る方法

 

3.初めから完璧を求めない、何事も気楽にやろう

 

就職するということは社会人になるということで、多少の責任は持たなければなりません。

 

新人だからといって、何をやらかしても許してもらえる、というわけではないのです。

 

こう書くと逆に、就職に対して恐怖感を抱くことになるかもしれません。

 

しかしこれを皆さんに弁えて貰った上で、私はこう伝えたいと思います。

 

それは、「完璧にやろうとするな」という事です。

 

失敗をしないように、と常に緊張をしすぎることが、働くことに対する恐怖へと変わっていきます。

 

就職前の学生さんの中にも、働く自分の理想像のようなものを持っている方もいらっしゃるでしょう。

 

その理想のハードルを、思い切り下げてみてください。

 

新人で、初めから完璧な人なんてそうそういません。就職するのが怖い人は、就職を恐れることと、失敗してしまうことを重ねて考えてしまいがちです。

 

それはまるで、離陸もしていない飛行機の中で、着地のことを心配しているようなもので、不要な気配りなのです。

 

「ちょっとくらい失敗してもいいや」という気持ちこそが、就職に対する恐怖に打ち勝つために必要になってきます。

 

こういうプラス思考を、少しでも持つことができれば、自然と恐れも少なくなってきます。

 

就職するにあたって、何が一番大事なのか。それは「気楽にやる」という事です。

 

あなたが怖がっていることを、会社の先輩や上司がよくよく理解しています。彼らもまた、昔はあなたと同じ立場だったはずなのです。

 

その先輩方の力を借りながら、落ち着いて働けばいいか、という考え方を持ちましょう。

 

入社直前は不安になりますが、誰だって気持ちは同じです。「自分一人だけじゃない」という心を持って、安心して社会に羽ばたいて貰いたいものです。

 

関連記事→仕事での完璧主義は損?損をしないための治し方

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しているので仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも
  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。 連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。求人一覧はこちらをクリック 管理人の私(saskiryo)もスカイプやラインなどで無料で仕事の悩みの相談に乗っているのでぜひお気軽にご利用ください!
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-就職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.