給料日前に金欠になる人の特徴と改善策

給料日前に金欠
仕事の疑問

学生の時とは違い、社会人になると働いた対価として給与を支給して貰うことが出来ます。

 

しかし給料日前に金欠になる人と言うのは非常に多く、そのほとんどに当てはまるのがお金の管理がヘタで経済観念が欠落しているといった特徴があります。

給料日前に金欠になる人の特徴

 

常に金欠になる人の場合、持っているお金を全てつかってしまうという傾向が強く、無計画にお金を出費してしまうという人が多いのが特徴です。

 

その為こういった傾向が強い人の場合、幾ら給与が増えても増えた分だけ出費してしまうため結果的に給料日前には必ず金欠になると言えます。

 

まずこのような性格の人は自分の経済観念を見直すことと実際に貰っている給料の中でどれくらいが実際に使えるお金なのかを正確に把握することから始めなければいけません。

 

ほとんどの金欠になる人の場合、お金の管理をしていない人が多いので家計簿を付けるとか購入した商品のレシートを全て取っておくといった初歩から見直していく必要があります。

 

それを行うことで収支のバランスが崩れているかどうかがはっきりとわかるようになりますし、実際に収入よりも支出が多ければ何が原因かを理解することも出来るでしょう。

 

お金は無限ではありませんので、金欠になると言う状態にもっと危機感を感じる必要があるのではないでしょうか?

 

もし何かあった場合のことも考えた給与の使い方が求められます

 

スポンサーリンク



 

カードの利用が金欠を招く可能性もあります

 

給料前に金欠になる人の場合、クレジットカードで支払いを行っている人が非常に多いのが分かっています。

 

クレジットカードでの支払いは非常に便利で小銭などの用意をする必要もないわけですが、このクレジットカードの利用が慢性的な金欠を引き起こす原因となっている可能性があります。

 

何故ならクレジットカードの場合支払いが常にひと月遅れや二月遅れで行われるため、実際に使用した金額が引き落とされるのは早くて翌月、遅ければ翌々月になります。

 

そうすると給料が振り込まれてもクレジットカードの支払金額分はその時点ですでに無くなっているわけですから、実際に手元に残るお金は少なくなりそれが金欠に繋がることになります。

 

これは電子マネーにも同じことが言え、電子マネーを多用している人ほど無駄遣いが多くなるという結果が実際にあります。

 

電子マネーの場合も厳禁を使用していると言う感覚が薄れやすくなるため、いつの間にか通常よりも多くお金を使っていると言う状況になり易くなります。

 

しかも電子マネーの場合は一旦チャージしてしまうとそれを現金には戻せませんから、現金しか利用できないお店では全く意味を成しません。

 

電子マネーは残高があるのに現金は金欠といった非常に矛盾した状態を生み出すことにもなります。

 

その為クレジットカードも電子マネーも便利であることは間違いないのですが、自分の給与の金額をしっかりと把握して生活を圧迫しない程度の利用に留める自制心を持つことが重要になります。

 

スポンサーリンク



 

趣味やギャンブルにつぎこんでいませんか?

 

給料日前に金欠になる人の場合、趣味やギャンブル、仲間との飲み会と言った娯楽にお金を使いすぎる人が多いと言えます。

 

金欠にならない人の場合は自分自身でお金の収支がきちんと管理されていますし、使えるお金の額も把握しておりお小遣い制を導入している人が多いといえます。

 

お小遣い制にした場合にはそれ以上のお金が使えないわけですから、使い過ぎになると言うことも有りません。

 

仮に趣味やギャンブルに使ったとしても限度額が決まっているのでそれにつぎ込むと言うことも無くなります。

 

金欠になる人は使えるお金の上限を設けていないため際限なくあればあるだけ使ってしまう人が多いので、お小遣い制を導入してここまでなら自由に使って良いという制限をかけることが金欠を防止すためには効果的な方法と言えます。

 

結婚した場合にはお小遣い制を導入しやすいですが、一人暮らしの場合にはなかなかお小遣い制を導入し辛いという人も多いでしょう。

 

その場合にはあえて給料を親に預けてその中から家賃などの必要経費とお小遣いだけを貰うようにすると、残りは手を付けられない状態になるためお金の使い方も分かってきますし、いかに無駄遣いをしていたのかも理解で着るようになります。

 

金欠になる人はお金の使い方が分かっていない人がほとんどですので、正しい金銭感覚と経済観念を持てるように努力する必要もあるでしょう。

 

お金の大切さが分かればお小遣い制を止めても無駄遣いは無くなるでしょう。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ