40代リストラ

仕事上での心の悩み

40代でリストラされないための3つの対処法

投稿日:

昔のような年功序列、終身雇用という形態が崩れてきている現在、いつリストラされるのかわからなくて不安な方は多いでしょう。

 

今回はそんな悩みを40代に絞って対処法を3つご紹介したいと思います。

 

1.専門スキルを身につけ、磨いていきましょう

 

まず一つ目の40代でリストラされないための対策は、自分だけのスキルを身につけ、磨いていくということです。

 

40代はサラリーマン人生の中でも一番脂ののっている時期と言われています。

 

それは、これまで積み上げてきたスキルや、会社からの期待、そして求められる責任も大きくなるからです。

 

そんな40代に、自分だけの技術やスキルをしっかりと身につけておけば、リストラ対策になります。

 

しかし、ここで注意が必要です。

 

この「自分だけの技術やスキル」が自分だけに有益というのであれば、あまり意味はありません。

 

独立を考えてのことであれば、それも意味があるのかもしれません。

 

ですが勤め人において、会社にとって有益ではなく、自分だけに有益というのは、なんらリストラされないための対策にはならないのです。

 

ポイントは、自分だけのスキルが会社の業務の核になるということです。
つまり会社も

 

「この社員をリストラにしてしまったら、商品やサービスがつくれない」

 

「この社員を切ってしまったら、他の社員のマネジメントが成り立たない」

 

など、リストラすると困るのは会社側だといかに思わせるかが大事です。

 

そして、そのくらいじゃないと、40代のリストラ対処とは言えないのです

 

このようなしっかりとしたスキル、武器を持った社員になるためには、常日頃から持っているスキルを磨きあげ、そのスキルの最新情報を取り入れる努力が必要となります。

 

こうしたスキルを磨いていくと、なにより仕事ももっと楽しくなります。

 

スポンサーリンク



関連記事→要領が悪い人が要領よく仕事をこなす3つの仕事術

 

2.会社の重要人物になりましょう

 

次に二つ目の40代でリストラされないための対策は、会社の重要人物になるということです。

 

40代というと、多くの方々が中間管理職として、上司や部下といった人々の橋渡しとなり、頼りにされる存在となっています。

 

こうした際

 

「あなたがもしいなければ、職場のコミュニケーションはうまくいかない」

 

といった評価を各方面でされれば、会社もリストラにはしにくいと判断し、対処法にもなります。

 

40代でリストラされないために、重役になる必要はありませんが、会社の重要人物として、周囲から評価されるかどうかが重要となります。

 

自分の仕事を淡々とただこなすといったことではなく、日本の企業の多くはチームワークや組織プレーを重要視します。

 

つまり、ここにリストラ対処のヒントがあるのです。

 

会社のチームに各方面から有能な人材だけをとにかく集めた場合、仕事の効率ははたして上がるでしょうか?

 

仕事の効率化を図るためには、うまく組織を動かす潤滑油、つまりチームリーダーが必要となります。

 

こうしたチームリーダーは、成果の分かりやすいプレイヤーとは違って、総務や人事部などの評価を受けにくい面もありますが、いなければ逆に、企業側にとっては絶対困る人物となります。

 

40代ともなると、こうした潤滑油、チームリーダーとしての力も問われます。

 

リストラ対策として、40代だからこそ、チームリーダーとしての能力を十分に発揮し

 

「あなたがいないと、チームが機能しない」

 

と評価してもらい、しっかりとリストラ対策をしていきましょう。

 

スポンサーリンク



 

3.人脈を構築していきましょう

 

最後に三つ目の40代でリストラされないための対策は、人脈を構築していくということです。

 

社内の人と、しっかりとコミュニケーションを取り、親睦をはかることも重要ですが、社外の人脈こそがサラリーマン人生に安泰をもたらせてくれます。

 

この人脈を構築するというのは40代でリストラされないために非常に有効となる手段ですが、いきなり40代から人脈を作り始めても遅いといえます。

 

もし、40代でリストラされないよう対策をするのであれば、20代や30代から人付き合いを大切にしておかなければなりません。

 

仕事はたとえ、会社同士の取引であったとしても、実際に商談したり、打ち合わせしたりするのは人と人です。

 

どんな素晴らしい商品やサービスがあっても、最終的にはその商談をしに来た人物の人柄や性格などを見て決まることが大半です。

 

ということは、取引をする相手や顧客から信用され、愛されている人物、企業側もリストラしづらいと言えます。

 

わざわざこうした人物をリストラし、わずかな人件費を浮かせたところで、多額の取引がなくなってしまうのは企業側にとっても大きな損害だからです。

 

ですので、社外の人と会う場合は、仕事上、どちらが上であっても下であっても、自分自身の売り込みも忘れないことが重要となります。

 

また、40代というのは、これまでの様々な経験から、多くの人々の信用を得やすい年代だとも言えます。

 

リストラ対策として、会社外の人脈こそが自分を守ってくれるということをしっかり頭に入れて、人脈を構築していきましょう。

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.