仕事でもう無理と悩まないためにやっておくべき4つの対策

仕事でもう無理と思ったとき
仕事上での心の悩み

会社で働いていると、仕事だけでなく人間関係のストレスも大きいものです。

 

仕事の量がどんなに多くても、人間関係が良好で会社に楽しく通えていると「もう無理」と感じることはないものです。

 

ですがそうではない環境におかれるともう無理と思ってしまう方はいるかと思います。

 

今回はもう無理と感じたときに行うべきことを3つ紹介したいと思います

 

1.もう無理と限界になる前に自分のメンタルを調整する

 

よく、サラリーマンが帰りに居酒屋で上司の悪口を言っていることがあります。

 

若い女性からみたら、嫌な風景かもしれません。

 

しかし、あれはとても大切なことなのです。

 

朝からため込んだストレスを呑んでしゃべることですべて発散してから、家に帰るのです。

 

すると、朝はまた心に余裕が生まれているのです。

 

愚痴も言わずに働いているいい人は、限界まで自分の危険信号に気が付かないことがあります。

 

関連記事→仕事に限界が来てしまった場合の3つのケース別対処法

 

しかし、人間は人間と働いている以上ストレスなく働くことはできないのです。

 

ストレスはなくすのではなく、うまくつきあうことが大切なのです。

 

また、仕事量が多くて「もう無理」と感じる人もいます。

 

これは、ストレスだけでなく残業量とも比例します。

 

すると、働きすぎて体に負担がかかります。

 

一時的な過労ならば、取り戻すことができますが持続的な過労は取り返しがつかない事態を招きます。

 

仕事量が多くてもう無理と感じている場合は、自分一人で解決しようとするのではなく、助けを求めることが大切です。

 

助けを求めることは恥ずかしいことではありません。

 

「もう無理」と突然倒れてしまうほうが、会社も家族も困るのです。

 

もう無理かもしれないと思ったら、上司や先輩に助けを求めてみることで、自分では気が付かなかった解決策をアドバイスされることはよくあることです。
スポンサーリンク



関連記事→サービス残業が当たり前の会社に勤めてしまった時の対処法3つ

 

2.自分の能力を過剰評価されないようにしっかりと伝えておく

 

「もう無理」と感じてるということは自分の能力以上の負荷がかかている状態であることを意味します。

 

仕事の量に関しても、仕事のレベルについても会社が能力以上の成果を期待しているからこそ、プレッシャーが大きいのです。
会社や上司が、仕事を与えるとき「この人ならできる」と考えるからやらせてみるのです。

 

そう思うには、根拠があるはずです。

 

例えば、採用面接時の履歴書や職務経歴書です。

 

これらの書類には、採用されたいがために自分の能力以上の技能を書く人がいます。

 

しかし、過剰な評価はプレッシャーにかわるだけです。

 

日本人は世界的に見ても、自分の能力を過小評価する民族です。これは、あまりよくないことです。

 

しかし、過剰評価にも限度があるのです。職務経歴書にオーバー気味に能力を書く場合は、入社までか採用後には書いた分の能力を習得することが前提です。

 

人間は、できることしかできないのです。

 

よく、がんばればできるという人がいますが、頑張るということは言い換えると無理をするということにもなります。

 

会社での生活は、長く続くことです。

 

長く頑張り続けることは、とても苦しいことです。いずれは限界を迎え「もう無理」という状態になります。

 

自分の能力を正確に理解してもらい、置かれた立場でできることを精いっぱいやっていればその人はその場で十分に義務を果たせているのです。

 

生きていくのに、能力に見栄を張ることは、時には大切ですが長期間の見栄は無理がいくのです。

スポンサーリンク



 

3.何が一番大切かを考えて優先順位をつけてみる

 

もう無理というところまで頑張る人は、頑張り屋な人です。

 

頑張ることはいいことですが、限界を超える頑張りはとても危険です。

 

会社に通い続けていると、自分が精神的にも体力的にも限界を迎えていても気が付かないことがあります。

 

しかし、「もう無理だ」と感じたのならば、一度立ち止まって考えてみてもいい機会なのかもしれません。

 

人間の人生は80年以上続きます。

 

その中で、いくつも大切なものを得ることができます。

 

仕事も家族も大切なものです。

 

しかし、一番大切なものは自分の体です。

 

自分がしっかりしていなければ、すべてが崩れてしますのです。

 

もう無理となったときは、自分にとっての優先順位を考えて、一番大切なものを守ることができるように対処することが大切です。

 

仕事をしているときは、仕事を失ったらすべてをなくす感覚になります。

 

しかし、自分がなくなったときが本当にすべてをなくす時なのです。

 

一度、体も心も休ませて、自分を取り戻す機会を作ってみてください。

 

会社によっては、退職しなくても休職や有給休暇で対処できることもあります。筆者が働いていた時も、営業職が合わないのか日々悶々と過ごしている人がいました。

 

深夜までの接待で体も心も疲れている様子でした。

 

しかし、彼はある日外資系の企業に転職を決めました。

 

後日、前とは比べ物にならないほど活気ある彼と会う機会がありました。

 

人間には適材適所があります。「もう無理」と感じているのならば、そこはあなたには合っていないのかもしれません。

 

視野を大きくすることで、「もう無理」は新たなスタートとして考えることもできるのです。

 

関連記事→天職の見つけ方とその前に理解しておいて損はないこと

 

4.もう無理とならないような職場に転職してみるのも一つの手

もう無理だと思った背景には様々なワケがあると思います。

 

ならばその原因を作った仕事を続けるのではなく、全く新しい環境で自分の希望通りの職場に就くことも一つの手ではないでしょうか?

嫌なことは我慢していても状況が変わらない限りは必ず限界が来ます。

 

いま無理だと思いながらも我慢をし続けてしまうと心の病気に陥る可能性も高くなります。そうなってしまっては遅いのです。

有休をとってゆっくり休みながら新たな環境を探してみてはいかがでしょうか?

 

そんなもう無理と感じている人におすすめの求人サイトがありますので今回紹介させていただきたいと思います。

 

DODAという転職サイトなのですが、無料会員登録すれば無料で転職に関するカウンセリングや自分の条件に合った職種を探してくれます。

面接の指導や書類の書き方などもしっかり教えてくれます。

 

気になる職場環境や人間関係などもしっかりとリアルに教えてくれます。

 

このサイトを利用することによって

「こんなはずじゃなかった」

と転職をして後悔することは少ないといっても過言ではないでしょう。

 

簡単な話、もう無理と思うのであればもう無理と思わないところで働けばいいのです。

そんな職場を一緒に探して協力してくれる人がいるというのはとても心強いものです。

 

そんなDODAのサイトがコチラです



無料ですので金銭的な負担がかかることがなく、自分の理想の職場を探すことができますので、転職を視野にれることで少しは気が楽になるのではないでしょうか?

無理をせず、我慢をせず、ゆっくりでもいいので確実に一歩一歩自分の理想とする人生に進んでいきましょう。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– アシストワーカー2 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-4858484552121440″
data-ad-slot=”5464490817″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ページの先頭へ