面接の緊張

仕事上での心の悩み

あがり症の方のための面接で緊張しない方法3選

投稿日:

就活の面接では、程度の差はあっても誰しも緊張します。

 

特にあがり症の人にとっては、面接での緊張が就活最大の悩みと言っていいかもしれません。

 

そんなあなたのために、面接で3つの緊張しない方法 についてお話ししましょう。

 

1.徹底的な準備と模擬面接

最初の対処法は、徹底的な準備です。

 

どんなに緊張したとしても、面接で自分の名前を言えなくなってしまうということはありえません。

 

名前と出身校、出身地、あるいは家族構成などについては、どんなにあがり症の人でも、すらすらと答えられるはずです。

 

それはなぜか?

 

そうした基本的プロフィールについては、情報が頭の中にしっかりと刻まれていて、その記憶のアウトプットに混乱を生じることがありえないからです。

 

ということは、面接で聞かれるであろうすべての質問を想定し、すべての質問にすらすら答えられるだけの完璧な準備をしておけば、本番でも問題なく質疑応答をこなせることになります。

 

また、準備の徹底によって、「自分はこれだけの準備をした。どんな質問をされても、問題なく答えられる」という自信が生まれます。

 

その自信が、緊張緩和にかなり有効に働くのです。

 

できるだけ多方面から情報を収集し、想定される質問をすべてピックアップしてみましょう。そして、その答えを用意します。

 

最初は自分一人で、質疑応答のシミュレーションをしたのち、できるだけたくさんの模擬面接を経験するといいでしょう。

 

とにかく積極的に、模擬面接の機会を利用すると同時に、信頼できる先輩などに面接官役を務めてもらって、練習するのです。

 

準備の量と緊張感のレベルは反比例します。万全と思える準備をすること、これが面接で緊張しない方法 の一番目です。

スポンサーリンク



 

2.「面接での緊張はプラスに評価される」という意識を持つ

 

あがり症の人は、「なんとかして緊張を抑えよう、面接官に緊張していることをさとられないようにしよう」と考えます。

 

これが間違いのもと。そういう意識を持てば持つほど、よけいに緊張感が高まってしまうのが、人間心理というものなのです。

 

そもそも、緊張していることを面接官に悟られないようにする必要があるのでしょうか。

 

答えは、「NO」です。

 

就活の面接は人生の重大事。「この会社にどうしても入りたい」と思えば、大事な面接で緊張しないわけがありません。

 
多くの面接官は、「緊張している人は、それだけ真剣な応募者」と判断します。

 

逆に、まったく緊張感を欠いたフランクな言動をする応募者の方が、低く評価されるのです。

 

つまり、あなたにとって緊張感はむしろプラスの評価をされる「強み」と考えていいでしょう。

 

ですから、緊張を隠したり、さとられないようにする必要は全くありません。

 

むしろ

 

「私がこんなに緊張しているのは、御社に対する思い入れの強さによるものです。御社に入りたいと真剣に思うからこそ、私は今緊張しているのです」

 

という意識を持つべきなのです。

 

そして、その生真面目さ、誠実さをアピールしましょう。

 

あなたの緊張感は、必ず「人を見るプロ」である面接官から良い評価をしてもらえるはずです。

 

一番いけないのは、緊張感と戦ってしまうこと。面接の目的は、あなたの人間性や魅力を面接官に伝えることです。

 

緊張感と戦ってしまうと、その本来の目的が達せられにくくなります。

 

「緊張は自分にとってのアピールポイント」という意識を持てば、緊張感と戦う必要はなくなり、気持ちがかなり楽になるはず。

 

これが面接で緊張しない2つめの方法です。

スポンサーリンク



 

3.控室でも指圧できる、緊張緩和に有効な4つのツボ

 

面接で緊張しない方法 として、最後に「ツボ押し」を紹介しましょう。

 

指圧で緊張緩和するという方法です。
緊張緩和に効くツボは次の4つです。

ツボ1.「合谷」

 

手の甲にあるツボで、人差し指と親指が分かれるところに位置します。ここを、反対の手の親指で押します。コツは、人差し指の骨の下に、反対の手の親指を潜りこませるようにすること。あまり強く押す必要はありません。

ツボ2.「労宮」

 

手のひらのちょうど真ん中にあるツボです。ここを反対側の親指を使って、3秒から5秒間押してから、ゆっくり力を抜いていきます。これを、4、5回繰り返せばOKです。

 

 ツボ3.「神門」

 

手首の内側、手のひらと腕の境の、小指側に位置しています。ここも反対の手の親指で押します。ゆっくり、ぐりぐりと回すように刺激するのがコツです。

ツボ4.「内関」

 

手首の内側、手のひらと腕の境界から5cmほどひじの方へ下がった中央に位置しています。「手のひらと手首の境から、指3本分下がったところ」と覚えておくと、わかりやすいかもしれません。
いかがでしょうか?4つとも、手とその近くにあるツボですから、いつでもどこでも押しやすいはずです。

 

家を出る前、電車での移動中、さらには面接会場の控室などでも、人目につかずにこっそり押せるのではないでしょうか?

 

ふだんから、折に触れて指圧する習慣と作っておけば、いよいよ本番という時にも、自然に指圧できるでしょう。

 

ツボは言葉で覚えるのではなく、習慣にすることによって、指に覚えさせるのが一番です。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.