社員旅行に行きたくない

仕事の疑問

社員旅行に行きたくないと悩むあなたのためのおすすめ対応法3選

投稿日:

社員旅行に行きたくないと思い、どう対応したらいいだろうと悩んでいる人は少なくないはず。

 

そんな方のために、今回おすすめの対応法3つをお話しします。

 

1.「行った場合」と「行かなかった場合」の比較をしてみる

ぜひ、最初におこなってほしいのが、「社員旅行に行った場合」と「行かなかった場合」の比較検討です。

 

テーマは「どっちが自分にとって『得』か」

 

嫌でも我慢して旅行に行った方が得なのか、それとも嫌な旅行はパスしたほうが得なのか、さまざまな面から比較してみてください。

 

まず、「行かなかった時のこと」をリアルに想像してみましょう。

 

何らかの言い訳をして旅行をパスすれば、その旅行期間は、あなたにとって当然「休日」になります。

 

社員旅行が2泊3日の日程であれば、臨時の3連休になるわけですね。

 

一見、それは楽しことのように思われるかもしれません。しかし、実際に、その連休を本当に楽しめるかどうか、想像してみましょう。

 

さらに、社員旅行明けに出勤したときのこともイメージしてみるのです。

 

職場はどんな雰囲気なのか。その中で、自分はどんな感情を抱くのかを考えるわけですね。

 

次に考えるのが「旅行に参加した場合」のことです。

 

行きたくないという気持ちをが我慢して旅行に行った場合、最初から最後まで「嫌だ。帰りたい」という気持ちがずっと継続するとは限りません。

 

「料理だけを楽しみにしよう」

 

といった、旅行に参加するためのモチベーションづくりをすることも可能ですし、行ってみたら案外楽しかったということもありえるでしょう。

 

また、旅行に参加した場合は、帰ってきた後のことを想像する必要はありません。

 

ふつうに、出勤日がやってくるだけのことなのですから。

 

こうして、2つのケースを比較検討して、「自分にとって、精神的に得なのはどちらか」を判断してみてください。

 

これが、社員旅行に行きたくないと思ったときの、最初にすべき対応ということになります。
スポンサーリンク



関連記事→明日仕事に行きたくない・・退職する選択肢も持つべきでは?

 

2.幹事に「アシスタント役」を申し出る

 

その判断をして、「嫌でも、社員旅行に行った方がいいかも」と思った場合に、より精神的に楽に、旅行に参加する対応法を紹介しましょう。

 

それは「旅行中にやるべき仕事を作る」という方法です。

 

旅行を仕事と割り切ることができれば、「行きたくない」という嫌悪感は薄れるものです。

 

そのためにおすすめなのは、幹事役に人に「ぜひ、お手伝いさせてください」と、アシスタント役を申し出ることです。

 

社員旅行の幹事はいろいろな仕事がたくさんあって、大変な役目です。一人ではこなしきれないというケースもあるでしょう。

 

そんなときに、あなたが「お手伝いさせてください」と申し出れば、幹事役に喜ばれるに違いありません。

 

そして、実際にアシスタントになれば、何かとやるべき仕事が生まれてくるでしょう。

 

1つ1つの仕事をこなしていくことによって、「行きたくない」という気持ちを忘れることもできるでしょう。

 

少なくても、幹事役の人の近くにいて、その指示を仰ぐようなポジションを作ると、旅行中に感じがちな

 

「自分の居場所がわからない」

 

といった悩みが起こることもないのです。

 

この対応方法をさらにバージョンアップして、「幹事役に名乗りを上げる」という方法もあります。

 

幹事にとって、社員旅行は完全な「仕事」です。

 

やることが常にたくさんありますし、準備も忙しいのですから、「行きたくない」と感じているヒマはないでしょう。

 

逆説的な、かなり荒療治ともいえる対応方法ではありますが、1つの選択肢として、考えてみてはいかがでしょうか?

 

部署内の中の良い人と組んで、幹事に立候補するという方法もおすすめです。
スポンサーリンク



関連記事→職場で孤立してしまって悩んでいる人の為の解決策3つ

 

3.「旅行はパス」という選択をする場合の言い訳 おすすめは冠婚葬祭

 

比較検討した結果、「どうしても行きたくない。だから旅行はパスしよう」という判断を下すケースもあるでしょう。

 

その場合は、「行かない理由」を幹事や上司に説明する必要があります。

 

多くの人が考えるのは、「仮病」でしょう。

 

しかし、仮病の場合は、その当日や前夜などに、突然旅行に行けなくなったという連絡をすることにあります。

 

そんなタイミングで参加人数が変わってしまうのは、幹事にとっては大迷惑。

 

今後、その人との人間関係が悪くなってしまうというリスクが大きいです。

 

また、仮病で不参加にした場合は、旅行が終わった後の出勤日が精神的にかなりきつくなります。

 

「病み上がり」の演技をする必要もあるかもしれませんし、同僚の「目」を気にすることが、どうしても出てくるのです。

 

おすすめしたいのは、「早い段階で、不参加を幹事に伝える。その理由は冠婚葬祭」という対応法です。

 

旅行の日程が、土日を含むものであれば、家族親族の法要がいいでしょう。

 

「土曜日に祖母の七回忌法要があって、帰省する予定にしていますので」

 

というように説明するのです。

 

こうした法要は土日を利用して行うのが通例ですから、旅行の日程が平日のみの場合は、使いにくい言い訳です。

 

平日でも使える冠婚葬祭と言えば、やはり結婚ということになるでしょう。

 

ただ、兄弟姉妹など、家族の結婚ということになると、その後、話のつじつまを合わせるための努力が必要になってきます。

 

そういう面倒がないのは、「親友の結婚披露宴で、スピーチを頼まれている」という言い訳です。

 

これなら、自然ですし、その後のフォローの必要もありません。

 

いずれにしろ、社員旅行の日程が決まったら、できるだけ早く、幹事に不参加を伝えてください。それが、社会人としてのマナーなのです。

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しているので仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも
  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。 連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。求人一覧はこちらをクリック 管理人の私(saskiryo)もスカイプやラインなどで無料で仕事の悩みの相談に乗っているのでぜひお気軽にご利用ください!
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.