「飲み会また強制参加だよ…」ダルイ飲み会を耐える必勝法

飲み会強制参加
仕事上での心の悩み

新年会、忘年会、慰労会など…事あるごとに、会社は飲み会を企画し、開催しますよね?

 

立場にもよるとは思いますが、基本的には必ずというより強制で参加しなければならなくなる状況が多いと思います。

 

そこで、まずどうやって飲み会を欠席するか、という問題になるのですが、まずスタート地点がそれぞれ違うので、万人に「これで回避できるよ」と言い切ることが出来ないのです。

 

例えば会社の中でも

 

  • 横や縦の繋がりが薄い
  • 普段から人付き合いが少ない方

 

であれば、飲み会に誘われても、適当な理由をつければあっさり欠席できる事もあります。

 

全員がこうであれば問題ないのですが、そうは問屋が卸しません。

 

「飲み会」を回避するための嘘。バレないようにするには?

ここで重要になってくるのは、欠席するための理由なのですが、嘘をつくにしても、あまり深刻すぎず、かといって軽い話でもない、絶妙な用事でなければなりません。

 

もし後々になって嘘がバレてしまうと、会社の中で信用が無くなってしまうことになりかねませんからね。

 

そもそも、そういう信頼感を高めるための飲み会でもありますから、それを避けるのにも多少のリスクは背負わなければならない事を、しっかり理解しなければなりません。

 

一番よく使われる嘘は「法事」だとか「年祭」などの、亡くなった人に関わる行事ごとです。

 

ですが年に多ければ2,3度ある飲み会では、どうにも説得力に欠けます。

 

ですから、ここはあえて欠席することを目標とせず、いかにして早く切り上げるか、という事に注目してみましょう。

 

適当な嘘をついて、もし欠席できるなら、それに越したことはありませんが…。

 

スポンサーリンク



 

飲み会の空気に触れすぎない!「お手洗い」で適度な休憩を

 

いざ飲み会に参加すると、色々と気を回さなければなりません。

 

これは経験した方ならよくよく共感できる気苦労だと思います。

 

幹事ほどではなくても、上司や先輩に酒や料理が回っているかだとか、誰彼と話をしているかだとか、特に若いうちは気楽に酒を飲めるものではありません。

 

どうしても、気を使い続ける必要が出てきますよね?

 

ですから、ここで大事になってくるのが、いかにその場から抜けだして、息継ぎが出来るかという事です。

 

気を回しっぱなしでは、呼吸が詰まってしまいます。

 

仕事終わりや休日で、なぜ苦しい目にあわなければならないか、と心がしんどくなってしまうのが、一番よくないです。

 

段々アルコールが回ってくると、上司も先輩も好き勝手やりだします。

 

それに巻き込まれてしまうと最悪ですが、何とか息を潜めて、誰かがターゲットにされている間に、とにかくその場から一旦逃げ出すということがリフレッシュに繋がります。

 

この小休止、なかなか侮れません。

 

嫌で嫌で仕方ない飲み会を切り抜けるためには、その場の空気を吸い続けないことが重要になってきます。

 

なぜ飲み会が嫌なのか、という事を考えてみてください。

 

きっとそこには、上司の鬱陶しい圧力だとか、そういった空気に関わりたくないということに思い当たるはずです。

 

それを、いかに上手にいなして、その場の空気に飲み込まれないように過ごすか、そこが重要になってきます。

 

そういった「逃げ」を繰り返すことで、精神衛生上にも良い効果が現れます。

 

スポンサーリンク



関連記事→職場で孤立してしまって悩んでいる人の為の解決策3つ

 

飲み会の抜け出し方…「宴もたけなわ」がポイントになる!

 

しかし、どうしても飲み会が嫌だという方もいらっしゃると思います。

 

その場に居続けなくても、また酒の席に戻らなければならない苦痛は、つらい人にとっては形容しがたいものです。

 

想像するだけで胃痛になる人もいるでしょう。

 

ですが、飲み会が始まってすぐ抜け出す、というわけにもいきません。社会人としての人付き合いはどうしても必要ですから、多少はガマンしないといけないと思われます。

 

そこを怠ると、後々が面倒になって、なんのための飲み会だったか分からなくなってしまいますから。

 

ここで大事になってくるのが、飲み会を抜け出すタイミングにあります。

 

私の経験則ですが、それは「宴もたけなわ」の直前、つまりアルコールが程よくまわり、席順がゴチャゴチャし始めた頃合いにあります。

 

そうなってくると、人々はあまり周りの人に気を使わなくなって、誰が抜けたかどうかなんて気にしなくなります。

 

そのタイミングを見計らい、幹事に話しかけて抜け出す旨を伝えましょう。

 

そこでの理由が重要なのですが、例えば「体調の不調」を訴える場合は、それまでは楽しそうに場に馴染むフリをしたほうが効果的です。

 

いかにも楽しそうに過ごした後で、顔をしかめながら

 

「急に具合が悪くなり…」

 

と相談してみれば、案外「飲みすきじゃないのか、馬鹿だなあ」と笑われながら帰してくるものです。

 

私はこの方法で何度か抜けだしたことがあります。

 

大事なことは、それを幹事にだけ伝えて、ひっそり抜け出すことです。

 

相手によりますが、あまり他の人に言いふらすと、無理やり引き止められる事になってしまいます。

 

「上司の許可は得たので…」と一言添えると、更に効果的です。

 

あまり無理はしすぎず、しかしお座なりにしすぎず、適度な人付き合いを心がけましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ