時間が足りない

仕事上での心の悩み

仕事の時間が足りないと感じる場合の解決策3つ

投稿日:

忙しくて仕事の時間がいくらあっても足りないと感じている人は非常に多いと思いますが、それは本当に時間が足りないのでしょうか?

 

今回はそんな時間が足りないと感じている方の解決策を3つご紹介します

 

1.何故時間が足りないのかを正確に把握しましょう

 

多くの場合時間が足りないと感じているケースでは仕事の効率が悪くダラダラと仕事を続けているケースが非常に多いと言えます。

 

仕事と言うものは残業などを行い長くやればやるほど効率が悪くなる傾向にあります。

 

時間が足りないと感じている人の場合、決められた時間内での仕事の進め方に大きな問題点があると考えたほうが良いでしょう。

 

生産性の面を考えた場合でもダラダラと時間をかけて仕事を行うよりも、今日はここまでと割り切って仕事をするほうがメリハリが付くため仕事の効率がアップしやすいというデータもあります。

 

その為常に時間が足りないと嘆いている人はまず自分の仕事の進め方を一から見直して、効率の良い仕事が出来ているのかどうかを考えることから始める必要があります。

 

会社側としても残業が増えればそれだけ経費もかさむことになるわけですから、残業ばかりしている社員は仕事が出来ない社員と捉える可能性もあります。

 

仕事と言うものは与えられた時間内でいかに効率よくこなすことが出来るかが仕事が出来る人間とそうでない人間を分けることにもなります。

 

その為与えられた時間内で仕事を上手に終わらすことが出来る人間になることが、仕事が出来る人間になると言うことに繋がると言えるでしょう。

 

仕事は時間ではなく質ですので、その点をはき違えないようにしましょう。

 

スポンサーリンク



関連記事→仕事が早い人遅い人の違いと遅い人のための2つの改善策

 

2.仕事の計画をきちんと立てることが重要

 

仕事の時間が足りないと感じている人は、毎日の仕事の計画性が非常に悪いと言う特徴があります。

 

これはどのような仕事でも同様で、きちんと計画を立てられない人の場合は仕事の効率も悪く、与えられた時間内に仕事を終わらせことが困難で有ることが分かっています。

 

要するに同じ仕事を与えた場合、仕事の計画性が優れていいる人は時間が足りないと嘆くことも無くきちんと仕事を終わらせることが出来ます。

 

ですが計画性が無く仕事を行う人の場合、仕事のメリハリが付け辛いうえに終了するタイミングも分かり辛いため、惰性でダラダラと仕事を続けてしまう傾向が強いと言えます。

 

これは計画性が無いため仕事の行い方に大きな無駄が生じており、本来であれば集中してやれば数時間で終わる仕事が計画性が無いため何時間も時間を要することになっていると言えます。

 

その為仕事時間が足りないと感じている人は、まず自分の仕事のやり方自体を見直して、毎日の仕事の計画をきちんと立てることが重要になります。

 

計画を立てない場合には思いつきで別のことをやってみたりする場合が多く、それが仕事が進まない原因になっているとも言えます。

 

正しく計画を立ててその流れで仕事を行うようにすれば、無駄な動きなどを極力抑えることが可能になりますので、仕事の効率も確実にアップすることになり、仕事の時間が足りないと感じることすら無くなると言えるでしょう。

 

要は計画をきちんと立てて時間を上手く使うことが重要なわけです。
スポンサーリンク



関連記事→「仕事についていけない」と感じた時にしてほしい3つのこと

 

3.忙しいと言葉に出すことは仕事が出来ないことの表れだと知ろう

 

仕事の時間が足りない、忙しいと常に口に出している人の場合

 

一見頑張って仕事をしているように見えはしますが、実際には仕事が上手にこなせない仕事の出来ない人の表れだと言えます。

 

要するに忙しい、時間が足りないと愚痴を言っている人は仕事が出来ないと自分自身で周りに言っているのと同じことだと言えます。

 

そういった人はプライベートの時間も上手に作れないため、仕事とプライベートのメリハリが付きづらく毎日を惰性で仕事をしながら過ごしてる可能性が高いと言えます。

 

仕事をきちんと出来る人の場合、仕事とプライベートの区別がはっきりとしており、プライベートの時間を大切にしている人が非常に多いといえます。

 

逆にプライベートを大事にしない人は仕事に縛られた生活のためストレスもたまりやすく、それが仕事に大きな影響を与えて効率が悪く生産性も著しく低下する原因になっている場合が多いと言えます。

 

仕事と言うものはプライベートを充実させるという目的のための手段であり、仕事自体が目的になってはいけません。

 

仕事はあくまでも仕として割り切ることが重要で

 

毎日の仕事もここまでときちんと割り切って止めることが出来る人こそが、時間を上手に使える優れた社会人だと言えます。

 

その為仕事を割り切ることが出来る精神力と決断力を持つことと、プライベートを充実させてストレスを発散させることが、仕事を時間内に終わらせることに繋がります。

 

時間が足りないという不満を解消することにもなるでしょう。

 

関連記事→「仕事を休めない」という人のためのお勧め健康管理術3選

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.