休日明けの仕事がだるい

仕事上での心の悩み

「休み明けで仕事に行くのがダルい」と感じた時の3つの対処法

投稿日:

休み明けは誰しも「仕事へ行くのがダルい」、あるいは「仕事するのがダルい」と感じることがあるものです。

 

今回はそんなときの対処法を3つ紹介します。

 

1.5分早く出勤して、笑顔であいさつ

まずおすすめしたいのが、意識的にいつもよりも早めに出勤すること。休み明けでダルいからといって時間ぎりぎりに出勤するのはNG。

 

ますます気分がダルくなり、仕事のモチベーションは上がりません。

 

人間、早めに行動すると、自然に活気がわいてくるものです。

 

少なくても5分ぐらいは、いつもよりも早く職場に着くようにしましょう。

 

職場に着いたら、意識的に笑顔を作って、明るい声であいさつしましょう。

 

これだけで、気持ちがすっきりし、ダルさが軽減されます。

 

さらに、余裕のある時間を利用して、仕事の準備をすれば完璧です。

 

定刻にはスムーズに仕事を開始できますから、「いつもの仕事の流れ」を早くつかむことができるのです。

 

休み明けのダルさは、要するに心も体もまだ眠っている状態で、休日モードからチェンジできないから起こる心身の現象です。

 

そのダルさを解消するには、少しでも早く、仕事モードに変える必要があります。

 

早めの出勤と明るいあいさつは、自分の心と体に「仕事モード」をアピールするための、いわば自己暗示をかける手段なのです。

 

より早くモードチェンジをするには、家を出る前に、鏡の前で仕事用の笑顔を作ってみるという方法もあります。

 

鏡の中の自分に向かい、声を出して「おはようございます」とあいさつするしてみましょう。

 

家を出る前の段階で、仕事モードへのチェンジを、自分自身にアピールするわけですね。
スポンサーリンク



関連記事→朝布団から出れない人の為の改善策3つ

 

2.出勤途中に1日の仕事のシミュレーションをする

 

頭を早く仕事モードにチェンジするためには、仕事のシミュレーションも有効な方法です。

 

出勤途中に、その日1日の仕事の流れを、できるだけ細かく思いうかべてみましょう。

 

ポイントは「出勤後、最初にする仕事」に特に注目すること。

 

出勤して最初にこなす仕事は、それほど難しい作業でないことが多いでしょう。

 

それをリアルに頭に思い浮かべることによって、「問題なく、今日1日の仕事をスタートできるだろう」という気持ちになります。

 

そうした気持ちになることによって、頭が仕事モードにチェンジ、結果として、ダルさは解消されるに違いありません。

 

また、出勤して最初に、トラブル処理や謝罪の電話を入れるなど、ちょっと面倒な仕事をしなければならないケースもあるでしょう。

 

その場合も、そのやっかいな仕事のやり方や段取りを、できるだけ細かく考えましょう。

 

必要であれば、メモを取りながら考えるのも有効。そのように、仕事と真正面から向き合うことによって、頭と心は完全に休みモードから脱却することができます。

 

さらに、そのあとの仕事の流れや、順番についても考えていきましょう。

 

「午前中はこの仕事とこの仕事をやって、午後は企画書作成に取りかかる」

 

「最初にAさんに連絡事項の確認をし、Bさんに報告。その後、報告書を完成させて、上司の了承を取る」

 

というように、自分の仕事の細かいスケジューリングをするといいでしょう。

 

そして、その日の退勤までの仕事を一通りおさらいするのです。細かいシミュレートをすることによって、職場に着くまでに、完全に仕事モードにチェンジするに違いありません。

スポンサーリンク



 

3.仕事が終わった後の楽しみを考える

 

それでもダルさがなくならない、ということもあるでしょう。

 

あるいは、休み明けに実際に仕事を始めたけれど、仕事中も「ダルい」と感じ続けるケースもあるはずです。

 

そうした場合におすすめなのは、「仕事が終わったあとのことを考える」という対処法です。

 

どんなにダルイ仕事でも、必ず終業時間はきます。普段よりも、「休み明けでダルイ」と感じながら過ごした1日の方が、終業の瞬間の解放感は大きいものです。

 

ぜひその解放感を想像してください。そして、それを一つの目標にして、仕事を続けていきましょう。

 

さらに、終業後に何かの楽しみを用意するのもおすすめです。

 

例えば

 

「会社が終わったら、仲良しのAさんを誘って、新しくできたイタリアンバルの店に行ってみよう」

 

「帰りに前から見たかった映画のDVDを借りよう」

 

というように

 

「終業時間が待ち遠しいな、楽しみだな」

 

と感じられるような楽しみをセットしてみましょう。

 

そのバリエーションとして、「次の休日のプランニング」や、「次の長期休みの旅行プラン」なども、さらに気持ちを軽くしてくれます。

 

 

関連記事→「休日にやることがない」悩みを解決する3つの方法

 

休み明けで仕事がダルイト感じたら、こまめに小休憩を取って、その休憩時間にこうした楽しみのセッティングやプランニングをしてみてはどうでしょうか。

 

楽しい想像が、休み明けのダルさを軽減してくれるにちがいありません。

 

少しずつでも軽くなっていけば、いつの間にかダルさは消えてしまうもの。

 

「1日中、ダルくて仕方がなかった」

 

ということは、現実には、かなりのレアケースなのです。

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しているので仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも
  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。 連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。求人一覧はこちらをクリック 管理人の私(saskiryo)もスカイプやラインなどで無料で仕事の悩みの相談に乗っているのでぜひお気軽にご利用ください!
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.