仕事で努力が出来ないと悩む人のための3つの解決策

努力が出来ない
仕事上での心の悩み

仕事で、自分は努力が出来ない人間だと悩んでいる人は、とてもまじめな人です。

 

まじめでなく、仕事に対して誠実でない人は、自分に努力が足りないなんて考えることもしないからです。

 

今回はそんな悩みを解決に導く考え方や対策を3つ紹介したいと思います。

 

1.仕事で行うすべてのことが努力だと理解しよう

 

仕事は、仕事で行うすべてがやらなければならないことです。好きなことだけをしていればよいのならば、つらいこともないし、努力することも必要ないのです。

 

しかし、それは仕事ではなく趣味の世界なのです。

 

よく、青年実業家で若くして成功している人がいます。

 

他人は、好きなことを仕事にできてうらやましいといいます。

 

しかし、仕事で成功している人間は苦労し、努力を人一倍してきているひとばかりです。

 

自分の好きなことではないことを、仕事だと思ってがんばっていることだけでも、その人は努力できている人なのではないでしょうか。

 

努力できないと悩む人は、なにかに能力が足りないため、できるようになるまで勉強をしたり、修行をすることを努力すると考えがちです。

 

つまり、自分の努力を努力として認めるハードルがとても高い人なのです。人間は、会社で働いているだけでも、毎日ストレスの中で苦労しています。

 

その上さらに向上するための努力が出来る人は、精神的にとても強い人間です。

 

自分に厳しく、上を向いて努力できる人は、確かに能力が向上します。

 

すると結果も目にみえるようになるため、努力が成果として実を結びます。

 

しかし、努力は必ずしも成果として実を結ぶ必要はないのです。

 

毎日、会社に行き自分のできる仕事をこなしていることだけでも、十分努力できているのではないでしょうか?

スポンサーリンク



 

2.努力できない原因はなにかを探る

毎日、がんばって出社し与えられた仕事をしてるだけでも努力できているといえますが、出社するだけで一日をなんとなく過ごして帰る人もいます。

 

そういう人は、努力している人とはいえません。

 

与えられた仕事をこなせず、席に座って時間をこなしているだけなのです。

 

なんとか一人前の仕事をしようとも思えないようであれば、原因を探る必要があります。

 

人間が、仕事上で努力できないときには大きく2つの原因が考えられます。

 

まず、仕事に興味が持てないことです。

 

いくら仕事といわれても、まったく興味がないことに努力する気はおきません。

 

苦手な仕事でも、いつかできるようになってみたいと思う気持ちがあれば、自然と努力するようになります。

 

いつまでも、仕事のすべてに興味が持てず、努力が出来ないようであれば、それは転職を考えてもいいのかもしれません。

 

関連記事→必ず知っておきたい転職準備のノウハウ3つ

 

転職は、悪いことではありません。職場の人間関係がちょっと悪くなると、転職を考える人がいますが、それでは何度転職しても落ち着く会社はありません。

 

しかし、仕事の職務内容が全く自分の性格とあっていないようであれば、それは生涯続ける仕事ではないのです。

 

自分が苦手でも、ゆっくりと続けられる職と出会えることで、努力できない人から努力できる人に一気に変わることができるかもしれないのです。

 

次に考えられる原因は、精神的な問題です。

 

会社に勤めていると、無気力な人に出会うことがあります。

 

外からは、努力できない人間にみえますが、実はうつ病が隠れている可能性があります。

 

努力が出来ないだけでなく、不眠や食欲減退などの症状があれば、医療機関を受診してみることもおすすめです。
スポンサーリンク



関連記事→眠るのが怖いくらい仕事に行きたくない不安を解消する方法

 

3.努力が出来ないと悩む前に自己を肯定する

 

努力が出来ないと悩んでいる人は、自分にとても厳しい人なのです。

 

現代日本では、幼いころから学校に行けばいい毎日ではなく、さらに習い事に行くことが求められます。

 

習い事もせず、遊んでいる子供は毎日学校に行っていても、努力がたりないと思われる世の中です。

 

しかし、人間はロボットではないため暇な時間や無駄な時間が必要なのです。

 

仕事でも、常に売上向上をめざし頑張り続ければ、いつかはエンストをおこします。

 

努力が出来ないと悩む前に、自分の今までしてきたことを認めてみてください。

 

自分で自分をほめてあげることも必要なのです。

 

努力すべきときは、必ずやってきます。そのときに、本気で努力することができればいいのです。

 

努力は成果に必ずしもつながってはいませんが、努力とともに成果を出さなければならない仕事はあります。

 

その時を見極めて、努力することができればよいのではないでしょうか?

 

努力が出来ないこととやる気がないことは、とても似ています。

 

やる気があれば、努力もできます。やる気は、自分ひとりの力で湧き上がらせることが難しい時もあります。

 

関連記事→明日から実践できる仕事のモチベーションのあげ方3選

 

家族や上司との人間関係が強く影響します。

 

また、苦労を共にしてくれる同僚がいると努力が苦痛と感じずに頑張ることができます。

 

努力が出来ないと悩む前に、自分の周りの身近な味方や仲間を大切にし、自分をもっと肯定することで、前向きな気持ちになりさらに仕事の対して努力することができるようになるのです。
スポンサーリンク



ページの先頭へ