仕事の努力が報われなかったときの3つの改善策

努力が報われない
仕事上での心の悩み

仕事で努力しているのに報われない場合があります。

 

「こんなに頑張っているのに、なぜ自分より頑張っていないアイツの方がみんなに認められているんだ?」

 

と憤りを感じた事はないでしょうか?

 

よく巷で聞く「頑張れば必ず報われる」という事は誰でも分かっているし、知っています。

 

しかし、なかなか成果が上がらないときは、すべてから見放されたような気持ちになって絶望的になります。

 

今回はそんな努力が報われないと感じたときの対処法を3つ紹介したいと思います

 

1.本当の努力とはなにか?と考える

そもそも「認められる」というのは他人がいてからこそです。

 

自分がいくら頑張っていても第三者が認めていなければそれは、意味がありません。

 

例えば、いくらいい企画をもっていっても上司の気分でそれが「ボツ」だと言われたらそれはボツになり、認められていません。

 

ですので、認められたい相手がどういう人間を認めるかを考えなければいけません。

 

例えば、仕事だけ出来れば認められるというわけではないのです。

 

例えば、その上司はどんな部下が欲しいと思っているのか、どういう事をしたら喜ぶのか相手のニーズを知る必要があります。

 

簡単に言えば、何を求めているかはその人その人で違うのです。

 

例えば、ある同じ行動をしてある上司は認めてくれたのですが、上司が変わったら、嫌われてしまったというのはよくある話です。

 

どうしても努力といえば、仕事だけにフォーカスしてしまいがちですが、人間関係、考え方などいたるところまで考えて立ち振る舞う必要があります。

 

この事を十分に理解して行動を起こすことが努力になります。

 

スポンサーリンク



 

2.目標が間違ってはいないか自分の心に聞いてみる

 

では、なかなか認められない人が自分が何を努力しているのか考えてみる必要があります。

 

相手のニーズに合った努力は必ず報われるし、そうでなければいくら努力しても時間の無駄になってしまいます。

 

もちろん環境が変われば、今の努力で認められる事もあります。

 

大事なのは今あなたが置かれている環境で認められる事です。

 

まず、最初にするのは、この会社はどんな人材を求めているのかを見つける事です。

 

そして、見つけたら、自分で目標を立ててその目標を達成するための努力をひたすら行い続ける事が大切です。

 

そうすれば、必ず努力は認められます。

 

しかし反対に、自分が努力する目標が会社と違えば、努力は認められないとなるのです。

 

簡単に言えば、無駄な努力とは間違った目標を設定してしまう事です。

 

例えば、本当は自分の作ったものを世の中に出したいのに、会社で言われたものだけを作っているのでは目標を達成する事は出来ません。

 

もちろん、会社で言われた作品をただ上手に作りたいというのなら黙々と作っていればだんだん上手になりますし、認められていくでしょう。

 

しかし、外に出てたくさんの人たちに自分の作品を認められたければそういうわけにはいきません。

 

続けていけばだんだん苦痛になり、今の仕事が嫌いになってしまうかもしれません。

 

ですので、自分がどうしたいのか誰に認められたいのかを考える必要があります。

 

努力をする前にまずはそれを考えましょう。そうすれば、一歩ずつ報われていく事でしょう。
スポンサーリンク



関連記事→仕事が認められない新人の方におすすめの2つの改善策

3.努力は一生の財産になることを理解しよう

 

心理的に「努力は報われる」と思っている人は得です。

 

例え、それが相手の考えとちがったとしても「努力しても無駄」と思っている人は絶対に良い成果はでないです。

 

何故なら「努力しても無駄」という事が相手に伝わってしまうからです。

 

マイナスな気持ちを持っていると必ずそれが行動や発言に出てしまいます。

 

しかし、「努力は報われる」と思って行動している人はポジティブですし、行動も前向きです。

 

ですので、結果はおいておいて、信じる人の方が得だという事を覚えておきましょう。

 

心の持ちようというのは本当に大切です。また、努力した事は必ず今後の財産になります。

 

例え、その努力が空振りだったとしても頑張った思い出というのは必ず後の経験に活かされます。

 

「あの時あれだけ頑張れたからもっと頑張れる」

 

と思えます。

 

しかし、すぐにどうせ無理だからと考える人は、何をやってもつまずいたら投げ出します。

 

ですので、努力しても報われなかったとしても「信じる」という事はすごく大切です。

 

例えば、今の上司には認められなかったけど、新しい上司に変わったら認められる場合だってあります。

 

ですが、最初からあきらめている人はどんな人でも認められません。

 

努力をしたという事実は財産だと思って誇りに思いましょう。

 

努力していれば、たとえ今ではなくて1年後にチャンスがやってくるかもしれません。

 

それを頭に入れて努力を怠らないようにしましょう。

 

そして、今の努力は相手が求めている事なのかどうかを考えて目標を設定する事がポイントです。

 

関連記事→自分の仕事に対して目標を決めることがなぜ大事なのか?

スポンサーリンク



ページの先頭へ