夜眠るのが怖いくらい仕事に行きたくない不安を解消する方法

眠るのが怖い
仕事上での心の悩み

眠るのが怖いほどのストレスを抱えてしまい仕事に行きたくないと思う方はブラック企業と騒がれている今の世の中には多く存在していると考えられます。

 

なので今回はそんな悩みや不安を解消させる方法を紹介していきたいと思います。

 

眠れなくなるほどの恐怖感ってどんなモノ?

 

明日に対する恐怖というのは一般の人からすると感じずらいモノなのかもしれません。

 

しかしブラック企業や公務員など社員の立場が弱い仕事からするとその恐怖は抜け出せない恐怖そのものと言えます。

 

例えば通常立場の弱い人だと上の責任を全て押し付けられる事があり、場合によってはそれが毎日のように続きます。

 

その場合、無茶な要求の大半は実現できず、顧客からのクレームに対応しなければなりません。

 

反発心を抱こうにも自分を評価をしてくれるのが上司であれば、その人の意に応えなければ逆に立場を悪くする事になります。

 

また公務員の場合、上司というよりも国民の税金を使っているのだからという理由でクレームを毎日のようにしてくる客がいます。

 

その人の対応や滅私奉公の精神を貫かなければならず、感情を殺してでも仕事しなければなりません。

 

本来なら転職などして別の環境に飛び込めばと思いますが、今のご時世仕事を新しく見つけるのはリスクがあり、周りからの視点など様々な理由から抜け出せず、見えない檻が出来ているのです。

 

このように毎日のように苦しい思いをしつつも抜け出せない条件を揃うと就寝こそ唯一の休みになるのです。

 

ただそれは明日何事もなく無事に終わるという安心感があればの話です。

 

もし明日、今日できなかった仕事が残っていれば明日はどのように乗り越えようとかという考えが自然とめぐり、無茶な要求、終わらないクレームなどによりどう考えても解決しない内容であれば、悩みは常に深くなります。

 

このようにどうあがいても解決できない問題を毎日抱える事で眠れないほどの恐怖を抱き、それが習慣化して眠れなくなる状態になるのです。

 

スポンサーリンク



関連記事→「仕事を休めない」という人のためのお勧め健康管理術3選

 

不眠症の問題と眠る事を目指す理由

 

眠れなくなる事について考えると普通は職場での意識が集中できず、仕事の進み具合に影響を及ぼすと単純に考えるかもしれません。

 

それよりも問題なのは眠れなくなることを生かそうと考える思考です。

 

通常ベットの中で寝つけず、ただひたすら時間が過ぎていけば誰もが

 

起きていた方がいいのでは?

 

起きて仕事や逆に眠れなくなる時間を解消する為に何か役に立つことをするべきなのでは?

 

と考えてしまいます。

 

これが不眠症における問題点であり、逆に眠れなくなる事が更に眠らない意識を強くする悪循環を持っているのです。

 

通常仕事とは体力よりも精神面での問題が大きく作用します。

 

体力は一般アスリートのように全力で走ればそのうち力尽きてしまうのは他人の目から見れば明らかで科学的に証明することが出来ます。

 

しかし精神面は他人の目から見ても分からない部分が多く、この過労社会と言われる日本においては自分を偽って体限界にある事に気づかず亡くなってしまう事が大勢います。

 

関連記事→仕事に限界が来てしまった場合の3つのケース別対処法

 

この日本社会においては時間というのはお金と同等の価値があるとされています。

 

その為、一度眠りにつけなくなると、眠らない事への恐怖より、時間を無駄にしている事に恐怖を覚えてしまうのです。

 

そして眠れない状態に陥った原因は大抵仕事へのストレスなので悩む時間も多くなり、休めないどころか、更に精神的負荷をかける事態になりかねません。

 

その為、時間を無駄にすると感じつつも睡眠時間を確保する為に、何もしない時間というモノに意識する必要があるのです。
スポンサーリンク



関連記事→残業を200時間した人の壮絶な体験談紹介

 

眠る秘訣は眠る重要性を知る事から

 

眠ったところで解決しない問題もありますが、先ほどのように眠る事よりも起きることを意識していればおのずと限界は来ます。

 

限界が来る前に体を休めるためには眠る事を一種の課題として考え、即就寝ではなく、最高で8時間ほど眠れる時間を確保するにはどうしたら良いのかと時間的な問題として考えるのです。

 

例えば当初はいきなり眠る事を目指さず

 

プログラミングや業務効率化のアプリなどの鍛錬を磨き業務の効率性を上げ、余裕のある時間10分20分でも増していく事を目指すのです。

 

つまり起きるている事を悪と捉えるのではなく、起きている時間を少なくするためにはと起きる事への許容を身に着け、そして改善していく考えを取るのです。

 

他にも睡眠の妨げとなる長時間労働を如何に早く終わらすか、お客様のクレームを如何に早く許していただく、または強い口調を和らがせていくなどのアイデアを練っていけばおのずと精神的な負荷も減っていきます。

 

通常人というのは問題があれば一気に解決したいと思いますが、一朝一夕で解決できない問題がこの世の中には多く存在します。

 

つまり100点を目指すのではなく、60点を目指す姿勢で臨めば自ずと作業も楽に感じ、不安を感じず業務が行えるようになるのです。

 

眠れないほどの恐怖が定着する理由は先の解決できない問題を一気に解決しようとして結局失敗し、どうしようかという気持ちに駆られるからです。

 

そうではなく、60点の気持ちを持って作業すれば良いのです。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ