我慢できない仕事中の居眠り 試してもらいたい3つの対策

居眠り対策
仕事の疑問

仕事をしているときに猛烈な睡魔に襲われることがありますか?

 

そのまま居眠りしてしまう方も少なからずいるのかもしれません。

 

これはどのような仕事であってもあり得るシチュエーションですし、もし仕事が車の運転手や外販で車を使用する場合、命の危険にも直結してしまう由々しき事態を引き起こす可能性があります。

 

1.仕事中に眠くなるのは生活習慣にも問題が?

 

仕事中に睡魔に襲われ居眠りをしてしまう人の場合、根本的な原因として生活習慣が乱れているという可能性があります。

 

体と言うのは非常に正直で、睡眠が足りていなければ必ず睡魔に襲われますし、睡魔に襲われるということは体が信号を発している証拠でもあります。

 

その為毎晩夜更かしをしている人や根本的に生活が乱れていて不規則な人の場合、仕事中に睡魔に襲われる可能性が極めて高くなります。

 

ですのでまずは自分の生活習慣がどのようになっているのかを正しく把握してそれを解決させなければ仕事中の居眠りを解決することは出来ないと言えるでしょう。

 

昼間に睡魔に襲われる人の場合、十分な睡眠がとれていないか睡眠がとれていても睡眠自体の質が良くない可能性もあります。

 

睡眠がとれていない人は

 

睡眠時間を十分とれるように生活を改めること

 

睡眠の質が良くない人の場合は

 

使用している布団や枕などを良いものに変えてみると言った工夫も必要になってきます。

 

これだけでも大幅に睡眠の質を向上させることが出来ますので、仕事中の睡魔を抑える効果がアップすることに繋がります。

 

その為まずは毎日の生活習慣と睡眠のサイクルを見直すことから始めましょう。
スポンサーリンク



関連記事→「仕事を休めない」という人のためのお勧め健康管理術3選

 

2.居眠りが我慢できない場合には少しだけ寝ましょう

 

仕事中の睡魔での居眠りは、その多くが昼以降におこる可能性が高いと言えます。

 

これはお昼ご飯を食べて満腹中枢が刺激されることにより消化を促進させるために睡眠を促す睡魔も並行して起きてしまうためです。

 

その為最も良い居眠り防止策としては昼休憩中に少しだけ眠るという方法が居眠りを防止するためには確実に効果が出る方法となります。

 

睡魔を我慢して仕事をしていてもまず効率はアップしませんし、睡魔と闘いながらの仕事はミスが増えてしまう恐れもあります。

 

その為10分~15分程度の睡眠を休憩中に取ることで、睡魔を抑えることが可能になります。

 

実は10分程度の睡眠は睡魔を防止するだけでなく、頭をリセットしてスッキリさせる効果もあります。

 

睡眠をとらずに仕事を行う場合と睡眠をとってから仕事を行う場合とでは仕事の効率自体も大幅に変わることになります。

 

その為毎日の生活習慣がどうしても改善できない場合には、休憩時間に10分程度の睡眠をとることで、仕事中の居眠りを防止することが可能になります。

 

一度10分程度の睡眠をとればその後はまず睡魔に襲われることはありませんから、仕事を効率よく行いたい人は出来るだけ休憩中に睡眠をとる習慣を癖づけるようにすると良いでしょう。

 

ただし10分~15分以上の睡眠をとってしまうと、むしろ頭がボーっとしてしまい仕事の効率が落ちてしまいますので、睡眠時間は15分以内に収めることが重要なポイントと言えます。
スポンサーリンク



関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

3.朝のシャワー習慣やお昼ご飯の食べ過ぎには注意をしましょう

 

仕事中にやたらと眠いと感じる場合や居眠りをしてしまう人の場合、朝のシャワー習慣や昼食の食べ過ぎなどが大きな原因となる場合があります。

 

まず毎朝必ずシャワーを浴びてから仕事に行く人の場合、そのシャワーを浴びる時間が睡魔を引き起こす原因となる場合があります。

 

短時間のシャワーの場合は気分もすっきりとさせてくれますので問題はありません。

 

ですが朝からゆっくりとシャワーやお風呂に浸かる人の場合は、体がリラックスしすぎてしまいそれが体の倦怠感を生み居眠りを引き起こす原因となります。

 

その為朝シャワーを浴びるのであれば短時間に留めることが重要になります。

 

昼食に関しても非常に重要で、昼食はサラリーマンの楽しみの一つではありますが満腹になるまで食べてしまうとほぼ確実に睡魔に襲われることになります。

 

しかし腹八分程度に抑えた場合には睡魔に襲われる確率が大幅に低下します。

 

なので昼食の取り方にも工夫をすることで居眠りを防止することが可能になります。

 

仕事中の睡魔や居眠りには必ずそれを引き起こす原因と言うものが有りますので、それが何なのかを自分自身でしっかりと把握すればそれに対する対策は講じることが可能になります。

 

仕事中の居眠りは周りに与える印象も良くありませんし、仕事に与える影響も計り知れないものがあります。

 

居眠りが原因で仕事で大きなミスをしてしまえば取り返しのつかないことになる恐れもありますから、居眠り対策を正しく行うようにしましょう。
スポンサーリンク



ページの先頭へ