明日から実践できる仕事のモチベーションのあげ方3選

仕事のモチベーションの上げ方
仕事上での心の悩み

毎日、同じ仕事をなんとなく続けていれば、仕事のモチベーションが上がらないということもあるでしょう。

 

モチベーションが上がらなければ、仕事の成果も期待できません。

 

「このところ、仕事のモチベーションが上がらない」と悩む方のために、仕事のモチベーションのあげ方を3種類紹介します。

 

1.10分早く出勤して、仕事のためのウォーミングアップを

1つ目は「10分早く出勤して、仕事を開始するためのウォーミングアップをする」という方法です。

 

例えば、寝坊して慌てて家を出て、なんとかぎりぎりセーフ、危ういところで遅刻をまぬかれたという経験と持つ人は少なくないはず。

 

そんな状況で仕事を始めても、モチベーションが上がるはずがありません。

 

アスリートを考えてみてください。

 

どんなアスリートでも、全然ウォーミングアップをしないで、いきなり試合に臨むということはしないでしょう。

 

一流のアスリートほど、人一倍時間をかけ、じっくりウォーミングアップして体を温めてから、試合に出るものです。

 

仕事もまったく同じです。

 

ぎりぎりに出社してすぐに仕事を始めるのはNG。

 

早めに出勤して、仕事の準備をし、段取りを考えるといったウォーミングアップが必要なのです。

 

いつもより10分早く出勤して、仕事の準備をしてみましょう。

 

それだけで気分が良いものですし、上司や同僚から「張り切ってるね」などと言われれば、モチベーションはさらにアップするにちがいありません

 

また、天気がよけれはさらに早く家を出て、一駅分歩くというのもおすすめです。

 

歩くことによって体が温まり、血流が良くなりますから、頭の回転もよくなるのです。

 

心身ともに温まった状態で職場に着けば、その段階でいつもよりもかなりモチベーションがアップしているにちがいありません。
スポンサーリンク



関連記事→自分に向いている仕事がわからない人がするべき3つの事

 

2.「仕事貯金」の日記をつける

仕事のモチベーションのあげ方の2つ目は、「仕事貯金」です。

 

「貯金」というのはあくまでもたとえの表現で、給料に注目するという意味ではありません。
毎日仕事をしていれば何かしら

 

  • よかったこと
  • 身に着いたこと
  • できたこと
  • 覚えたこと

 

などがあるものです。

 

「今日は散々な一日だった」と思えるような日でも、プラスのことが皆無という日はまれなはずです。

 

そうした、仕事に関してプラスの出来事を「仕事貯金」していきましょう。

 

おすすめの方法はそれを日記につけること。

 

営業職の人などは営業日誌を会社に提出することが多いでしょう。

 

同じように、その日の仕事の成果を、あくまでも自分のために記録するのが「仕事貯金日記」です。

 

良いことだけを記録するのがポイント。

 

「今日は大きなミスをしてしまい、大変だった」

 

という日でも、例えば「先輩のAさんにリカバリーしてもらって、なんとか大事にならずにすんだ。おかげで、Aさんとの距離が一気に縮まった気がする。頼もしい先輩だ」と感じることがあるでしょう。
スポンサーリンク



関連記事→ストレスを少なくするための仕事のミスでの謝り方紹介

 

職場の先輩との関係が親密になったのですから、これは明らかにプラスの出来事です。

 

「職場の人間関係の向上」という、仕事貯金になるのです。

 

このように、一見、マイナスとしか思えない出来事も、その結果として何らかのプラスの成果が得られることが少なくありません。

 

それを毎日日記に記して、積み重ねていきましょう。

 

「よし、今日も仕事貯金を増やせるようにがんばろう」

 

という気持ちになれば、それがモチベーションアップにつながるのです。

 

仕事しながら「これは貯金日記に書けるな」と意識することも、モチベーションを上げてくれるにちがいありません。

 

3.プライベートの充実を図る

 

プライベートの充実を図り、より楽しいプライベートの実現を意識することも、仕事のモチベーションのあげ方の1つの方法です。

 

というと

 

「仕事とプライベートは別。プライベートが充実することが、どうして仕事のモチベーションアップにつながるの?」

 

という疑問を持つ人も少なくないでしょう。

 

こういう例を考えてみてください。

 

「彼は結婚して子供ができたら、前とは別人のように仕事熱心になった」

 

というような話を耳にすることがあるでしょう。

 

その評価を受けた人は、「結婚して子供ができたこと」が、仕事のモチベーションアップにつながったわけです。

 

「子供のために仕事をがんばろう」と思うのは、親になった人としては、当然の心理と言っていいでしょう。

 

このように、プライベートでの変化が、仕事のモチベーションに直接影響を与えることが、大いにあるのです。

 

良くないのは、プライベートの時間を無駄に過ごしてしまい、そこに生きがいや楽しみを見いだせないという生き方です。

 

仕事のモチベーションを高めるためにも、ぜひ、休日の過ごし方を変えて、プライベートの楽しみを見つけましょう。

 

関連記事→平日休みVS土日休み それぞれのすごし方のメリット

 

新しい趣味を始めてみるのもいいですし、恋人との時間を充実させるというやり方も効果的です。

 

プライベートタイムが、楽しく充実したものになれば

 

「それを楽しむためにも、仕事、がんばろう」

 

という気持ちに自然になれるはずです。

 

モチベーションが上がれば仕事も楽しくなります。

 

楽しくなれば成果も上がり、充実感が得られます。

 

仕事が充実すれば、プライベートの楽しみも、さらに大きくなるのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ